アニメ/漫画

【アニメ/漫画】「約束のネバーランド」テレビアニメ化!2019年1月よりノイタミナほかで放送 週刊少年ジャンプの脱獄ファンタジー

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2018/05/28(月) 00:06:27.37 ID:CAP_USER9.net

「約束のネバーランド」テレビアニメ化!2019年1月よりノイタミナほかで放送
2018年5月28日 0:00 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/283877

週刊少年ジャンプ26号
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0527/jump_1826_fixw_640_hq.jpg


6月4日より書店に掲出される「約束のネバーランド」のポスター。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0527/yakuneba01_fixw_640_hq.jpg


「約束のネバーランド」9巻 (c)白井カイウ・出水ぽすか/集英社
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0527/yakuneba9_fixw_640_hq.jpg


「約束のネバーランド」TVアニメ化決定PV
https://youtu.be/IrWonqfVxk8

白井カイウ原作、出水ぽすか作画による「約束のネバーランド」のテレビアニメ化が決定した。

「約束のネバーランド」は外の世界から断絶された孤児院で暮らすエマ、ノーマン、レイの少年少女3人を中心に描く脱獄ファンタジー。
週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されており、「このマンガがすごい!2018」オトコ編1位、第63回小学館漫画賞の少年向け部門、マンガ新聞大賞2017の大賞、「漫道コバヤシ漫画大賞2017」のグランプリなど数々のマンガ賞を獲得してきた。
また本日5月28日に発売された週刊少年ジャンプ26号では、同作が表紙と巻頭カラーを飾っており、小冊子「約束のネバーランド INVITATION BOOK」も付属している。

アニメは2019年1月より、フジテレビ「ノイタミナ」枠ほかにて放送。エマ、ノーマン、レイのナレーションを使用したPVも公開された。
なお単行本最新9巻が発売される6月4日より、アニメのキャラクター線画を使用したポスターが全国の書店に順次掲出される。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527433587

【アニメ/漫画】ちびまる子ちゃん、放送事故?分身の術?おばあちゃんが2人同時“出演”

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2018/04/15(日) 23:31:17.42 ID:CAP_USER9.net

ちびまる子ちゃん、放送事故?分身の術?おばあちゃんが2人同時“出演”
2018年4月15日23時10分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180415-OHT1T50230.html

ちびまる子ちゃん
http://www.hochi.co.jp/photo/20180415/20180415-OHT1I50199-L.jpg


人気のフジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)の15日放送で、おばあちゃんが2人同時に“出演”するハプニングが起こった。

番組後半の「中野さん、さくら家に泊まる」の巻で、さくら家一同と中野さんがちゃぶ台を囲んでだんらんしているときに事件?が起こった。

テレビで石原裕次郎のドラマを見たい父・ヒロシと、音楽番組がみたいまる子やお姉ちゃんがお互いに譲らずチャンネル争いが勃発。意見を求められた中野さんが角が立たないように「囲碁の番組がやっている」と話すと、おばあちゃんが「どれどれ」と立ち上がりチャンネルを変えに行くシーンだった。そのシーンでおばあちゃんはテレビの横でチャンネルを変えるが、立ち上がったはずのおばあちゃんは動かずに友蔵の横に座ったまま。チャンネルを変える横顔と、座ったままの後ろ姿と同時に2人のおばあちゃんがテレビ画面に映り込んだ。

ツイッターなどSNSでは騒然。「お婆ちゃん分身してた」「致命的な作画ミス!!!!おばあちゃんが大変な事になってる」「おばあちゃん双子」「お婆ちゃんが二人に幽体離脱する現象が発生」などのつぶやきが次々と投稿された。午後6時20分過ぎに一瞬だけの“ダブルおばあちゃん”だったが、人気アニメだけに注目度も高い結果となったようだ。

https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?ei=UTF-8&p=https%3A%2F%2Ftwitter%2Ecom%2Fkagarishusei_4%2Fstatus%2F985448385598504960%2Fphoto%2F1&fr=rts_bz_ipn_share_tw&rkf=1&po=1



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523802677

【アニメ/漫画】手塚治虫「どろろ」再TVアニメ化、「この世界の片隅に」のMAPPAと手塚プロダクションが共同制作

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2018/03/19(月) 21:40:30.52 ID:CAP_USER9.net

手塚治虫「どろろ」再TVアニメ化、MAPPAと手塚プロダクションが共同制作
2018年3月19日 21:00 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/274239

「どろろ」キービジュアル
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0319/dororo_01_fixw_640_hq.jpg


https://youtu.be/_wPl0zCDpSc

手塚治虫「どろろ」の、2度目のテレビアニメ化が決定した。

本作は、鬼神によって生まれつき身体の48カ所を奪われた少年・百鬼丸が、どろろという少年と共に、妖怪を退治して身体の部位を取り返していくという物語。
原作マンガは週刊少年サンデー(小学館)や冒険王(秋田書店)で連載された。
1969年に1度アニメ化されており、その後も小説やゲーム、実写映画、舞台など多方面に展開されている。

アニメは「ユーリ!!! on ICE」や「この世界の片隅に」などで知られるMAPPAと、手塚プロダクションが共同で制作する。
テレビアニメ化の発表に合わせて公式サイト、ティザービジュアル、プロモーションビデオも公開。
放送局は随時発表される予定だが、Amazonプライム・ビデオで独占配信されることが明かされている。

なお3月24日、25日に東京ビッグサイトで開催されるAnimeJapan 2018のツインエンジンブースでは、本作に関する展示が行われる。

■「どろろ」

◆スタッフ
原作:手塚治虫「どろろ」
制作:MAPPA/手塚プロダクション
製作:ツインエンジン



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521463230

【アニメ/漫画】藤田和日郎「からくりサーカス」TVアニメ化決定 ソース:週刊少年サンデー2018年16号表紙

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2018/03/14(水) 00:28:19.20 ID:CAP_USER9.net

ソース:WEBサンデー
http://websunday.net/konsyu/

http://websunday.net/top/180314/cover.png



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520954899

【アニメ/漫画】『けものフレンズ』2期、たつき監督の降板覆らず ヤオヨロズ・福原氏が最終報告

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2017/12/27(水) 18:54:31.40 ID:CAP_USER9.net

『けもフレ』2期、たつき監督の降板覆らず ヤオヨロズ・福原氏が最終報告
2017-12-27 18:13 17 ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2103178/full/

『けものフレンズ』のキービジュアル (C) けものフレンズプロジェクトA
https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20171227/2103178_201712270883172001514367894c.jpg


アニメ『けものフレンズ』を手掛けたヤオヨロズの福原慶匡プロデューサーが27日、自身のツイッターを更新。今年9月に騒動となった同アニメのたつき監督降板騒動の協議の進ちょくについて「最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした」と発表した。

福原氏は連投でツイートし、協議の結果について「今回はお騒がせをしまして誠に申し訳ございませんでした、皆様を不安にさせてしまった事をお詫び致します。最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした」と報告。また、「井上専務と共に皆様のご期待に応える為、精一杯取り組んで参りましたが、力及ばず大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

時系列で騒動の展開を振り返り「3月には2期の依頼があり実制作を続けておりましたが、8月頭にコアメンバーで行われた会議にてヤオヨロズに対して今後続投は無いと明言され、降板を宣言されたと認識しています。私としては突然の通達で、何に対して不満を持たれていたのか要領を得ず困惑していたと言うのが正直な所です」。

当初、監督側が「事前の情報共有をしない作品利用があった」と制作委員会側から指摘されていた点についても、「(アニメの)12.1話は委員会へ報告の上制作しておりますし、各企業とのコラボ動画に関しても委員会からの正式な依頼の元で作りました。コミケにおける同人誌についても吉崎先生からの許可があり、その際のご提案により特別許諾と明記して頒布しました」と、たつき監督の“同人活動”にも問題はなかったと見解を示した。

また「特にコラボ動画は厳しい条件もありましたがファンサービスの為にと制作スタッフが尽力致しました。疑義の対象になった事、一部はけものフレンズ公式でも触れていただけなかった事をとても寂しく思います」と本音もにじませている。

最後には、「今回井上専務には大変真摯に対応頂き、迅速な調査と調整にとても感謝しています。最後にファンの皆様、制作中のご声援ありがとうございました。この様な残念な報告となり申し訳ありません。短い間でしたがご一緒できたことを誇りに思います」と感謝した。

たつき監督が9月25日、「けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです」とツイートしたことから始まった今回の騒動。これに製作委員会側は、ヤオヨロズ側に「事前の情報共有をしない作品利用があった」「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を申し入れた」などと監督降板に至った経緯をサイト上で説明。その後、KADOKAWA井上伸一郎専務らの力添えもあり、10月3日にはKADOKAWA、ヤオヨロズ、製作委員会を含め、今後の製作体制について協議に入ることが発表されていた。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514368471

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ