ゲーム

【ゲーム】“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2018/01/19(金) 19:49:47.04 ID:CAP_USER9.net

“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る
1/19(金) 19:47配信 ITmedia NEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000094-zdn_n-sci

左から「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親・坂口博信さんと歴代タイトルのイラストやキービジュアルなどを手掛けた天野喜孝さん
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180119-00000094-zdn_n-000-view.jpg


スクウェア・エニックスが、「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」(1月22日~2月28日)を六本木ヒルズ森タワーの「森アーツセンターギャラリー」で開催する。1月19日に開催されたプレス向け内覧会では、FFシリーズの生みの親・坂口博信さんや、歴代タイトルのイラストやキービジュアルなどを手掛けた天野喜孝さんが駆け付け、これまでの作品を振り返った。

FFシリーズは1987年に第1作を発売。全世界で累計1億3500万本以上の出荷・ダウンロード販売を達成し、17年には「最もタイトル数の多いロールプレイングゲームシリーズ」(87作)としてギネス世界記録に認定されている。

坂口さんは、FFシリーズが長年愛されている理由について「最先端の技術やハードウェアに常にチャレンジしてきた。技術的に深い所を追求していったことで今がある」と説明し、「1作目を作ったときは、雑誌社に持ち込んでプレゼンしたが『ドラゴンクエスト』の対抗馬になるので扱えないと言われた。FFVIIのときは、初めての3DグラフィックのRPGで、答えがない中で開発していた」と苦労を語った。

思い出深い出来事を聞かれた際は、「FFVIIでエアリスが死んだことに対する反響が大きくて驚いた。開発当時は『ここでいなくてなってしまってもいいだろう』くらいに思っていたので、ここまでとは思っていなかった」と振り返り、「FFシリーズは40年、50年と言わず、100年先まで愛されて欲しい」と笑顔を見せる。

●「別れ」をテーマに、“目と耳”で歴代タイトルを振り返る

展覧会は、「別れの物語」に注目し、歴代タイトルを回顧していく体験型展示。受け付けでスマートフォンと専用音声ガイド機(ヘッドフォン)が配られ、展示物に近づくと専用アプリからゲームBGM(約50曲)やキャラクターボイスなどを自動再生する「音声AR(拡張現実)システム」を採用。例えば、FFVの展示に近づくと「ビッグブリッヂの死闘」が流れるといった具合だ。

展示スペースは全9エリア。入り口すぐの参加型アトラクションシアターでは、高さ3.9×幅12メートルの巨大壁面にバハムートの映像が登場。1回につき最大50人が参加でき、スマホアプリ上のボタンをタップし、全員で協力してバハムートを討滅する。巨大画面でバハムートが飛び回る様はなかなか迫力があった。

その後は、FFII以降のゲーム画面やイラスト、当時のデッサンなどの資料や展示が並ぶ。エアリスと主人公クラウドが初めて出会った「スラムの教会」を再現した、FFVIIの特別展示「エアリスの遺した言葉」や、ゲーム本編で一瞬映し出されたシーンを再現したFFXVの特別展示「幻の結婚式」なども見どころ。通路の途中には、FFVIIのクラウドが使っていた武器・バスターソードや、FFXIIに登場するジャッジ・ガブラスなども再現されていた。特にFFXVは、キャラクターイラスト、ワールドマップ、召喚獣やモンスターのフィギュアなど幅広い展示物を楽しめる。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516358987

【ゲーム】任天堂、特許権侵害でコロプラを提訴「白猫プロジェクト」配信停止と44億円の損害賠償を請求

1 名前:ストラト ★>:2018/01/10(水) 16:58:48.93 ID:CAP_USER9.net

コロプラは1月10日、同社のスマートフォン用ゲーム「白猫プロジェクト」を巡り、任天堂より44億円の損害賠償とアプリの配信差し止めなどを求める訴訟を提起されたと発表しました。

発表によれば、2016年9月に任天堂から特許権侵害についての指摘があり、その後1年以上にわたり話し合いを続けてきたとのこと。
コロプラ側としては「任天堂の特許権は侵害していない」と主張していましたが、結果として主張は受け入れられず、今回の訴訟提起に至ったとしています。
今後については、「任天堂の特許権を侵害する事実は一切ない」との考えは変わっておらず、見解の正当性を引き続き主張していくとのこと。

具体的にどの特許を侵害していたのか、発表文では詳細な説明はありませんが、任天堂に問い合わせたところ「タッチパネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許技術など、5件の特許侵害があった」とのこと。
また、コロプラ側にも詳細について問い合わせましたが、裁判への影響もあるため、現在サイトでお出ししている情報が全てとなります」(広報部)とのことでした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000074-it_nlab-sci

当社に対する訴訟の提起に関するお知らせ(コロプラ)
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/10/l_nt_180110koropura01.jpg

白猫プロジェクト
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/10/l_nt_180110koropura02.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515571128

【ゲーム】シリーズ最新作「スーパーロボット大戦X」は,PS4とPS Vitaで2018年3月29日に発売。予約受付も本日スタート

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2017/12/12(火) 15:06:07.53 ID:CAP_USER9.net

シリーズ最新作「スーパーロボット大戦X」は,PS4とPS Vitaに向けて2018年3月29日に発売。予約受付も本日スタート
2017年12月12日12:51 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/404/G040448/20171212008/

http://www.4gamer.net/games/404/G040448/20171212008/SS/001.jpg


2017年12月11日,バンダイナムコエンターテインメントは,シリーズ最新作「スーパーロボット大戦X」を,PlayStation
4とPlayStation Vitaに向けて2018年3月29日に発売すると発表した。価格はPS4版が8600円,PS
Vita版が7600円となる(いずれも+税)。

また,前作と同じくアニメソングやBGMを35曲収録した期間限定生産版「プレミアムアニメソング&サウンドエディション」も,同時にリリースされる。こちらは,PS4版が1万2600円,PS
Vita版が1万1600円(いずれも+税)という価格設定だ。

スーパーロボット大戦Xでは,ゲームシステムやグラフィックスのさらなるクオリティアップを行い,遊びやすさをより追求した作品になるという。加えて,シリーズをプレイしたことがない人でも楽しめるよう,世界観が一新されており,ストーリーは本作のみで完結するとのこと。

なお,シリーズ初となる参戦作品は「ガンダム Gのレコンギスタ」「魔神英雄伝ワタル」「バディ・コンプレックス」「バディ・コンプレックス 完結編
-あの空に還る未来で-」「ふしぎの海のナディア」の5タイトルとなる。

予約受付も本日スタートしており,「スぺシャルシナリオ第0話『誓いの旅立ち』」「プレゼントシナリオ『スペシャルスターター・パック』」「スーパーロボット大戦X『オリジナルテーマ』」「サイバスターとマサキがゲーム序盤から使用できる」の4つが早期購入特典として用意される。

またダウンロード版を早期購入すると,スペシャル強化パーツ「Xブースター」がもらえるプレゼントシナリオ「ダウンロード購入プレゼントX」がプレイできるとのこと。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513058767

【ゲーム】ニンテンドースイッチ、iPhone Xしのぎ「今年最高のガジェット」に―米TIME選出

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2017/11/24(金) 02:52:54.08 ID:CAP_USER9.net

ニンテンドースイッチ、iPhone Xしのぎ「今年最高のガジェット」に―米TIME選出
インターネットコム編集部 2017/11/22 12:25
https://internetcom.jp/203786/nintendo-switch-as-number-one

ニンテンドースイッチ
https://image.internetcom.jp/upload/20171122/images/switch.jpg


米国の週刊誌「TIME(タイム)」が選ぶ「今年最高のガジェット(The Top 10 Gadgets of 2017)」で「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が首位となり、「iPhone X(アイフォーンテン)」は2位となった。

TIMEといえば「今年の人(Person of the Year)」を選ぶことで知られるが、最近はガジェットを取り上げる記事も出す。並んでいる製品はいずれも、日本のガジェット好きが見ても妥当と言えるものが多い。

とはいえ、日本で高い存在感を誇るニンテンドースイッチが米国でもiPhone Xをしのぐ注目度を持つとはやや驚きではある。

TIMEがニンテンドースイッチの特徴のうち特に重んじている点は、家庭にいても外に出ても最適な環境でゲームを遊べるという斬新さ。こうした設計が日本と生活習慣も文化も異なる海外で支持を獲得しているのは興味深い。

任天堂が10月末に発表した決算では、日本はもちろん米国および欧州でニンテンドースイッチの販売が堅調で、かつてのヒット製品である据え置きゲーム機「Wii(ウィー)」発売時にせまる高水準で推移していることが明らかになった。

ニンテンドースイッチは発売後約1年間で1,600万台以上の累計セルイン(出荷数)を計画しているが、国内に加え海外での好評からすると、もうさして大胆な数字とも言えない。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511459574

【ゲーム】『ドラゴンクエスト』初代から『III』までPS4/3DSで配信決定!

1 名前:西野亮廣 ★@\(^o^)/>:2017/08/06(日) 17:16:57.14 ID:CAP_USER9.net

誕生30周年を記念して行われた真夏の祭典「ドラゴンクエスト夏祭り2017」にて、
『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』の
各タイトルを、PS4および3DS向けにダウンロード配信するとの発表が行われました。

国民的RPGシリーズの礎を築いた、“ロト三部作”として知られている初代から『III』までの
3タイトルのダウンロード版が、PS4と3DSでそれぞれ配信決定。初代と『II』の配信日は
8月10日で、『III』は8月末の配信を予定しています。価格はそれぞれで異なるので、
ご注意ください。

【PS4/3DS 各ダウンロード版の配信日および価格】
■『ドラゴンクエスト』
・配信日:8月10日
・価格:600円(税抜)

■『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』
・配信日:8月10日
・価格:850円(税抜)

■『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』
・配信時期:8月末
・価格:1,500円(税抜)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000004-isd-game



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502007417

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ