ドラマ

【ドラマ】「すずさんめっちゃ良かった」…「この世界の片隅に」最終回に感動の声続々

1 名前:ひかり ★>:2018/09/16(日) 23:16:05.01 ID:CAP_USER9.net

松本穂香、松坂桃李らの出演で人気コミックをドラマ化したTBS日曜劇場「この世界の片隅に」が9月16日(日)の放送をもって最終回を迎え、
感動の声がネット上にあふれている。

本作はこうの史代による累計130万部突破の原作コミックにオリジナルの現代パートなどの要素を加え連続ドラマ化。太平洋戦争の最中、
広島の江波から呉に嫁いだ松本さん演じるヒロイン・北條すず(松本さん)とその周囲の人々のかけがえのない日常を丹念に描いてきた。


すずの夫・周作を松坂さんが演じ、周作の姉・径子に尾野真千子、周作の父・円太郎に田口トモロヲ、周作の母・サンに伊藤蘭、北條家の隣人・
刈谷幸子に伊藤沙莉、すずの祖母・森田イトに宮本信子、すずの妹・すみに久保田紗友、すずの幼なじみ・水原哲に村上虹郎、現代パートには
榮倉奈々と古舘佑太郎といったキャスト。

広島の江波に住む幼少期のすずはおつかいにいった先で人さらいに遭い、そこで周作と出会う。周作は大人になってからもそれを覚えており
すずを嫁に迎え、すずは北條家の一員として呉で暮らすことに。当初はすずを快く思っていなかった径子や幸子とも親しくなり、迷った先の遊郭で
出会った遊女・白木リン(二階堂ふみ)とも心を通わせるすずだが、空襲が激しさを増すなかで呉も焼け、遊郭も失われ、径子の娘・晴美を亡くし、
すず自身も右手も失う。そして広島には原爆が投下される…というのがこれまでのあらすじ。

以下略
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000005-cine-movi



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537107365

【ドラマ】吉岡里帆の『ケンカツ』(フジテレビ系)、なぜ4%台まで落ち込んでしまうのか

1 名前:豆がーる ★>:2018/08/25(土) 16:59:09.65 ID:CAP_USER9.net

ヒットの要素が揃っていても数字に結びつかないこともあるからドラマ作りは難しい。ドラマウォッチを続け

 ヒットの要素が揃っていても数字に結びつかないこともあるからドラマ作りは難しい。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
『健康で文化的な最低限度の生活』(火曜日午後10時 フジテレビ系)が話題を集めています。というのも、第5話の視聴率が4.8%、第6話が4.9%(関東地区)と、デッドラインの「5%」を割りこみ続けている、という不名誉な理由で。もし「5%」が業界における一つの指標だとするならば、打ち切り危機も単なる煽りニュースとは言えないのかもしれません。

 物語は──東区役所の生活保護担当部署に配属された新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡里帆)が主人公。借金苦や自殺未遂、DV……さまざまな事情を抱え相談に来る人、保護を受ける人、保護を拒絶する人。一筋縄ではいかない社会的貧困問題に直面し、奮闘するケースーワーカーのえみる、そして職場の同僚たち。脇には井浦新、田中圭、徳永えりら、今注目の役者がズラリ。

 同名の原作漫画もしっかりとしたコンセプトを持った作品です。作者・柏木ハルコ氏は「人権をどうとらえるかというのが、この漫画の最終的なテーマ」「生活保護制度に対して否定的な考えを持っている方にこそ、この漫画を読んでほしい」とインタビューで語っています。

 原作も役者もメンツが揃っていて、いったいなぜ「4%台」まで落ち込んでしまうのか? その理由を、ちょっと角度を変えて「健康で文化的な吉岡里帆と田中圭は輝けるのか?」という視点から考えてみると……。

 吉岡さんといえば、なんと言っても2017年の話題作『カルテット』(TBS系)で、人の心を弄ぶ謎めいた女性・来杉有朱役で大注目を浴びました。「大好き大好き大好き大好き、殺したい!」「小学校のときはいつも学級崩壊させてた」などと意味不明なセリフをカワイらしく語る有朱。黒い瞳は金属的な冷たさを帯び、笑顔でも目は笑っていない。そんな独特のキャラが吉岡さんにピタリとはまり、注目されたのでした。

 いや、吉岡さんは『カルテット』の前年、すでにクドカンのドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で不気味キャラによるブレイクの兆しを見せていた。教育実習生・佐倉悦子の役を演じましたが、これが担当教諭・山路一豊役の松坂桃李を食ってしまうほど。ツンデレ系で突然告白したり、泣き出したり、学級内でのいじめ発生を主張したりして、とことん山路を振り回す。純でウブな山路がアタフタする姿が鮮明に記憶に残っています。こちらもまさしく吉岡さんのはまり役、見事でした。

 つまり、「来杉有朱」も「佐倉悦子」も一見すると普通の女の子だけれど、謎めいた破壊者の影がちらついて、「常識」という枠組を壊していくいわばトリックスター。それが物語を回していくカンフル剤となっていた。

 吉岡里帆さん自身もそう。ビジュアルはかわいくて正統派、しかし実はトリックスター的魅力を潜ませている。そもそも役者を目指すきっかけが、大学時代にアングラの王様である唐十郎の『吸血姫』を演じ、芝居にハマったというのだからアバンギャルド性が潜んでいる。では、今回のような市役所の職員役は……どうもハマりにくい。車のCMで オカッパ頭の「おとなまる子」はなかなかな味わい深いのですが……。

全文
https://www.news-postseven.com/archives/20180825_745294.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535183949

【ドラマ】 石原さとみ、思わぬ苦戦!? 主演ドラマ『高嶺の花』低空飛行で早くも“戦犯”探しか…

1 名前:ほニーテール ★>:2018/08/21(火) 00:20:54.44 ID:CAP_USER9.net

女優、石原さとみ(31)が主演を務める日本テレビ系「高嶺の花」が思わぬ苦戦を強いられている。そうした中、同局内を中心に早くも戦犯捜しが始まっているという。

 先月11日にスタートした同ドラマは、石原演じる圧倒的な華道の才能と抜群のルックスを持つ華道の名門令嬢の月島ももが、ロックバンド「銀杏BOYZ」のメンバーで俳優の峯田和伸(40)演じる自転車店の店主と“超格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品だ。

 人気女優の石原を主演に配し、「高校教師」や「家なき子」など数多くの人気ドラマを手掛けてきたヒットメーカーの野島伸司氏が脚本を手掛けていることもあり、前評判はかなり高かった。

 ところが、初回こそ平均視聴率11・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とふた桁台を記録したものの、その後はひと桁台を連発。15日は7・8%にまで落ち込み、苦戦を強いられている。

 「石原さんといえば、最近はそのキュートさで男性だけでなく、女性にもファンが多く、年配層からもウケが良い。その好感度の高さは多数のCMに出演していることに表れています。当然、今回の主演ドラマには局内からも期待の声が上がっていたのですが…」と同局の情報番組スタッフ。

 そのことは石原の所属事務所も同じだったようだ。

 「これまで数多くのドラマに主演し、それなりの結果を出してきた石原さんですが、その一方で高視聴率を記録した代表作とも呼べる作品があるかというと微妙なところですからね。30代に突入し、女優としてさらなる飛躍を願う意味でも、今回のドラマの“数字”には期待していたでしょう」(他の芸能事務所のマネジャー)

 一部では、今回のドラマの視聴率苦戦の一因として、石原のIT社長との交際をあげる声も聞こえてくる。

 「確かに、あの熱愛は石原さんにとって逆風になっている可能性は高いですね。かねて交際が取り沙汰されていた山下智久さんに見切りをつけて、あっさり金持ちのIT社長に乗り換えたとも受け取られかねない。実際、熱愛発覚後には『結局は金かよ』といった書き込みもネット上では散見されましたし」(同マネジャー)

 もっとも世間の声とは隔世の感もある業界。早くも内輪の戦犯捜しが始まっているとか。

 「石原さんの所属事務所は、放送前のPRが足りなかったのではないかと日テレ、とくに番宣などを手掛ける宣伝部に怒りの矛先を向けているそうです。もっとも、日頃から付き合いのある制作局には面と向かって文句は言えないでしょうが、ドラマがコケて所属タレントが仕事への情熱をなくし、ますます恋愛に走るのは困るでしょうし」と先の情報番組スタッフ。さらにこう続ける。

 「かたやウチの宣伝部は、ドラマの企画を進めた制作局に不信感を抱いているようです。ウチは4年連続で視聴率“三冠王”とはいえ、ドラマは苦戦傾向にある。1月期に放送した広瀬すず主演の『anone』も前評判とは一転、大苦戦しましたしね」

 今後の巻き返しはなるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000014-ykf-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534778454

【ドラマ】松本穂香が語る、竹槍訓練をしながら思ったこと「いやこれ、相手が銃持ってたら意味ないよね」

1 名前:muffin ★>:2018/08/12(日) 13:01:22.73 ID:CAP_USER9.net

http://bunshun.jp/articles/-/8523
2018年08月12日

戦後73年。戦争体験者から“あの時代”を表現する新世代まで、それぞれの「歴史との向き合い方」とはどんなものでしょうか。ドラマ 『この世界の片隅に』 で主演を務める松本穂香さんが考える「戦争のことを、今演じる意味」とは。
(中略)
■戦争は、後から考えると「なんだったんだろう」がたくさんある
――呉はかつて軍港で、世界最大の戦艦「大和」が建造された場所でもあります。呉にある「大和ミュージアム」には行かれたんですか?

松本 行きました。戦艦「大和」って敵国にバレるといけないから隠しながら秘密で作っていたんですよね。そしてあれだけの技術とお金をつぎ込んだのに、結局沈んでしまった。後から考えると、の世界なんでしょうけど「なんだったんだろう」と思ってしまうことが、戦争によって起こされたものにはたくさんあるんだと思いました。

――ドラマの中でも、すずが周作と山の上から大和を眺めるシーンがありますね。

松本 あの場面、周作さんは興奮するんだけど、すずさんってちょっとポカーンとしてますよね。周作さんは海軍で軍法会議の記録係、録事さんを仕事にしていますし、田口トモロヲさん演じる周作さんのお父さんは海軍の技術者。だから家族の中でも男性二人は軍艦についてもああだこうだ、話ができるんですけど、女性はよく分からないから「そうなんだー」くらいなんですよね。

――どこかリアリティがないというか。

松本 関わっていないと、遠いんだと思います。戦時中を生きた人にも、戦争を遠く感じていた人がいたというか、実感が持てない人が確かにいたというか……。それは、竹槍訓練のシーンを撮影したときにも思ったことですね。

■「いやこれ、相手が銃持ってたら意味ないよね」
――竹槍のシーンでですか。

松本 撮影しながら周りの子たちと「いやこれ、相手が銃持ってたら意味ないよね」「実際、敵来たら逃げるよね、まず」って話しました。でも、もしかしたら当時の人も「これ、意味あるのかな?」って、そういう気持ちを持っていたんじゃないかなって。想像でしかないですが……。

――遠い昔の感覚と、もしかしたら重なっていたのかもしれないと。

松本 今でこそ「あの戦争は何だったのか」って言いますけど、当時も「何なんだろう」という疑問はそれぞれの中にあったような気がしました。戦況が悪化するにつれ、それを表立って口にすることはできなくなるにしても。

■笑っていた世界が、次の日に消えてしまう
――広島の原爆ドームや平和祈念館には行かれましたか?

松本 はい。被爆された方など、いろいろな方にお話を伺いました。ドームを目の前にすると「怖い」としか感じられなかったです。大きな建物が一瞬でこんな姿に変えられてしまうのかって。一体なんなんだろうって。

――一瞬で世界が変えられてしまう。

松本 昨日みんなと笑っていた世界が、次の日に消えてしまうのが戦争なんだって思いました。

――物語では、そうした状況下で「もしかしたら死ぬかもしれない」という思いを抱く人も登場します。たとえば海軍として出兵するにあたって、すずを訪ねてくる幼なじみの水原さん。

松本 切ないシーンでした。監督からは「水原はもう二度と会えないと思って来てる。すずの温かさとか、人の生をもっと求めるように表現してほしい。すずもそれを受けてほしい」という演出がありました。たしかにこういう「もしかしたら明日死ぬかもしれない」という状況が、戦争という時代なのかもしれません。でも、それって今も変わらないという気もするんです。
(続きはソースをご覧下さい)

http://bunshun.jp/mwimgs/9/6/-/img_96044129d670726a4a3ad4447af31811346740.jpg

http://bunshun.jp/mwimgs/a/b/-/img_ab0432c1db79151d8c4cd098b6dd9cd3393633.jpg

http://bunshun.jp/mwimgs/5/2/-/img_5239e40b40717a2a4e07c3784499243a563350.jpg

http://bunshun.jp/mwimgs/d/4/-/img_d4c28844b29d60873669d9b6a0ca4a5c360733.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534046482

【ドラマ】 夏菜、朝ドラヒロインの重圧告白 視聴率20%切ると「誰も褒めてくれない」

1 名前:ほニーテール ★>:2018/08/04(土) 19:25:08.32 ID:CAP_USER9.net

女優の夏菜(29)が3日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。昨年後期のNHK連続テレビ小説「わろてんか」に主演した女優の葵わかな(20)と共演し、ヒロインを務めたNHK朝ドラ「純と愛」(12年後期)出演時を振り返った。

葵は「わろてんか」の収録を振り返り、「チーム全体が仲良かった。学校とかでも率先して委員長とかやるタイプなので、任されている感じがすごくうれしくて、結構楽しかった」と笑顔。これを聞いた進行役の坂上忍(51)は「ある女優さんの話によると、(朝ドラの現場は)ひどいところだと、何の面白みもなかったという情報が…」と夏菜をちらっと見た。

 夏菜といえば、これまで同番組を含めたバラエティー番組や自身のブログなどで、主演した「純と愛」出演時の愚痴や苦悩などを暴露してきた。楽しそうに収録を振り返る葵に、夏菜は「そんなに楽しかった?」と納得がいかない様子。「視聴率が20%取れなかったりすると、大人は誰も褒めてくれない。それで嫌になっちゃった」と軒並み高視聴率をマークする朝ドラに主演するプレッシャーを明かした。

 一方の葵は「19歳で(主演に)なったので、プレッシャーって何?という感覚だった」とあっけらかん。夏菜は「偉いね…」と絶句していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000113-spnannex-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533378308

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ