ドラマ

【ドラマ】岡田准一主演で名作『白い巨塔』ドラマ化 2019年5夜連続放送

1 名前:湛然 ★>:2018/10/18(木) 05:03:19.12 ID:CAP_USER9.net

10/18(木) 5:00 オリコン
岡田准一主演で名作『白い巨塔』ドラマ化 2019年5夜連続放送

 俳優の岡田准一(37)主演で、数々のベストセラー小説を世に残した作家・山崎豊子(1924-2013年)の代表作『白い巨塔』(新潮文庫)が、新たにドラマ化されることがわかった。山崎豊子作品初出演となる岡田は「やるからには財前五郎を味わい尽くす」と意気込む。同ドラマは、平成から新たな元号に変わる2019年に、テレビ朝日開局60周年記念作品として5夜連続で放送予定。

 同小説は、雑誌に連載された後、1965年に単行本化。その続編が69年に刊行されてから来年で50年を迎える。66年の映画化以来、幾度となく映像化もされてきた不朽の名作。大学病院という組織の中で繰り広げられるし烈な権力争いと腐敗、「命の尊厳とは何か?」を問いかけ、時を経た今も、その普遍的なテーマは多くの人をひきつける。今日、多く制作されている医療ドラマの原点とも言える金字塔的な作品だ。

 今回のドラマ化に当たっては、原作で描かれた昭和30年代(1955~64年)の設定を今に置き換え、目覚ましい進歩、変化を遂げる現代の医療・医学界を舞台に、人間ドラマを描いていく。「今回“医師役”にも初めて挑戦しています。医学の進歩にともなって、今の時代だからこそできる『白い巨塔』になると思います」と岡田。

 主人公・財前五郎については「現代にはなかなかいないキャラクター。何かに慮っていないと生きづらい世の中にあって、財前は絶対の自信と揺るがない信念を持ち続け、野心を抱きながらギラギラとエネルギッシュに生きています。医師として、この“白い巨塔”を登っていこうとあがき、もがく男なのだと思います」。現代劇、時代劇、アクション、コメディー、ハードボイルド…とジャンルを問わず多彩にキャラクターを演じ分ける岡田が、今作では自身初となる医師役で、野心家の天才外科医を魅力たっぷりに演じてくれるに違いない。

 財前を取り巻く、ライバルの里見医師、上司の東教授、大学病院の医師たち、財前の愛人のケイ子、義父の又一や財前の妻の杏子、そして裁判に登場する弁護士や被害者家族など、そのほかの出演者は今後の発表となるが、「かつてない豪華な俳優陣が集結したオールスターキャスト」(船津浩一プロデューサー)になっているいう。

 「撮影は始まったばかりですが、現場はとても楽しいです。難しいシーンばかりでどのシーンも気が抜けないのですが、ほかの出演者の方々もどんな芝居をするのか模索されたり、楽しみながら撮影に臨んでいらっしゃるのを感じています」。

 監督は、『警官の血』『松本清張~坂道の家』(ともにテレビ朝日)など、数々の名作ドラマを手掛け、近年は映画界(『後妻業の女』『のみとり侍』など)でも活躍し、紫綬褒章、旭日小綬章を受賞した鶴橋康夫氏。脚本は、映画『フラガール』『パッチギ!』、連続テレビ小説『マッサン』(NHK)、武井咲が主演した2017年版『黒革の手帖』(テレビ朝日)などを手がけた羽原大介氏ほかが執筆する。

 「『白い巨塔』という作品を制作することも、僕が財前五郎という人物を演じることも、“今やること”に何らかの意味や意義があると思います。それを探し、見つけながら、監督はじめ、みんなでエネルギーをぶつけて『白い巨塔』と戦っています」と、頼もしく語っている。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


初の医師役に挑戦する岡田准一、山崎豊子さんの代表作『白い巨塔』を新たにドラマ化。
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181018-00000338-oric-000-1-view.jpg


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000338-oric-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539806599

【ドラマ】<下町ロケット>「前作と内容同じ」「いい加減飽きた」と酷評続出…新作制作に疑問も

1 名前:Egg ★>:2018/10/17(水) 00:36:07.58 ID:CAP_USER9.net

阿部寛が主演を務める今クールの連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第1話が14日に放送され、平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となった。

 池井戸潤原作の人気小説が原作になっており、2015年にドラマ化されると、最終回では平均視聴率22.3%を記録する人気ドラマに成長。今回の続編も楽しみにしていた人が多かったようだ。

 父親の残した町工場「佃製作所」を受け継ぎ、社長となった佃航平(阿部)は、帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」や、新型人工弁開発の「ガウディ計画」を成功させたというのが、前シリーズまでの話。

 しかし今シリーズでは、帝国重工の社長交代によってスターダスト計画が打ち切りになる可能性が浮上し、佃製作所は早くも岐路に立たされてしまった。そのうえ、帝国重工宇宙航空開発部部長・財前道生(吉川晃司)も去ることになってしまった。

 そんななかで佃は、殿村直弘(立川談春)の父が倒れたため、急遽、山崎光彦(安田顕)と一緒に農家である殿村の実家を訪れる。そのときに目にしたトラクターに興味を持った佃は、突然トラクターに乗り込むと、作業ムラができていることに気がつく。そして、これをキッカケに農耕機用のトランスミッションの開発に挑戦することになったのだった。

 そこで新規事業の道を切り開くために、ギアゴーストを訪れる。そして、ギアゴーストとパートナーを組むことになり、新たな一歩を踏み出すというところまでが放送された。

 これぞ「日曜劇場」「池井戸劇場」という展開で、視聴率的にはまずまずの好スタートとなったが、一方では昨年10月期に放送されていた『陸王』(同)と似過ぎているとの声が続出。

『陸王』が放送されたときも『下町ロケット』のキャストとかぶっていると話題になっていたが、今回もギアゴーストの建屋が『陸王』の「こはぜ屋」と同じなのではないかと指摘する声も。

 そのため、SNS上では「下町ロケットと陸王の記憶がごちゃ混ぜになってて、人間関係やストーリー、俳優が分からなくなってる」「登場人物とかいろいろ、陸王と混ざって思い出せない」「下町ロケットと陸王が、ごっちゃになってる」という声が多数噴出。「もはや前シリーズの内容が思い出せない」といった声も多く出ているようだ。

 このほかにも、「ご都合主義満載のワンパターン」「視聴者もいい加減飽きてる」「前作と内容が同じ」「感動のゴリ押し」「いい加減、半沢直樹の成功体験をしつこく繰り返すのは止めるべき」とマンネリ化にウンザリする声や、わざわざ新シリーズを制作する必要性があったのかを疑問視する声も聞かれる。

 とはいえ、もともと『日曜劇場』で放送される池井戸原作ドラマにはファンが多くついており、今後も安定した視聴率がとれる見込みはあるだろう。さらに今作は、ひとクセもふたクセもある新キャラクターたちも登場しており、前シリーズ以上に一波乱ありそうな展開にも期待が集まる。

 果たしてこれからどうなっていくのか。第2話を楽しみに待ちたい

Business Journal2018年10月16日17時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_484291/?ptadid=



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539704167

【ドラマ】『怪奇大作戦』がBlu-rayの高画質で蘇る Blu-ray BOX発売決定

1 名前:湛然 ★>:2018/10/16(火) 22:00:57.41 ID:CAP_USER9.net

2018/10/16 12:15
『怪奇大作戦』がBlu-rayの高画質で蘇る Blu-ray BOX発売決定

1968年~1969年に放送された特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』のBlu-ray BOXが発売決定。今回のBlu-ray化ではオリジナル16mmネガフィルムを新たにHDに変換。フィルムの粒状性も残した美しいHD映像によって、放送当時の思い出が鮮やかに蘇ります。2019年3月6日(水)発売。

以下プレスリリースより

株式会社円谷プロダクション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:塚越隆行)は、1968年~1969年に放送された特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』のBlu-ray BOXを2019年3月6日(水)に発売致します。本日2018年10月16日(火)より、全国のDVD取扱店にて予約受付が開始となります。

『怪奇大作戦』は、『ウルトラセブン』の後番組として1968年9月15日から1969年3月9日まで、TBS系で毎週日曜日19:00~19:30に放送された特撮テレビドラマです。円谷英二の監修のもと、「科学を悪用して犯罪を犯す者」と「正義と科学を守る者」との対決をベースに、数々の猟奇的で怪奇な出来事や事件を描き、社会に疑問を投げかけるような重いテーマで人気を博しました。平均視聴率は22.0%を誇り、いまだ根強いファンを持つ作品です。

この度のBlu-ray化では、オリジナル16mmネガフィルムを、新たにHDに変換しました。フィルムの粒状性も残した美しいHD映像によって、放送当時の思い出が鮮やかに蘇ります。

【あらすじ】

不可解事件を装った謎の科学犯罪に立ち向かう科学捜査研究所・SRI。燐粉で人間を溶解させる不気味な蛾。ナイフを振りかざし人を襲うフランス人形。硫黄と人間が融合した燐光人間……。猟奇的で不気味な事件と、その背後に潜む人間の闇が科学捜査で暴かれる。

●スタッフ
監修:円谷英二 プロデューサー:守田康司、野口光一、淡 豊昭、熊谷 健、橋本洋二
脚本:上原正三、金城哲夫、佐々木 守、若槻文三、市川森一、福田 純、高橋辰雄、藤川桂介、田辺虎男、石堂淑朗
監督:飯島敏宏、円谷 一、実相寺昭雄、鈴木俊継、小林恒夫、長野 卓、安藤達己、仲木繁夫、福田 純
特殊技術:的場 徹、大木 淳、高野宏一、佐川和夫

●キャスト
勝呂 誉、岸田 森、原 保美、松山省二、小橋玲子、小林昭二 ほか
■『怪奇大作戦 Blu-ray BOX』
発売日:2019年3月6日(水)
予約受付開始日:2018年10月16日(火)
※一部店舗では予約受付開始日が異なる場合がございます。
価格:30,000円(税別)
品番:BSZS10084
発売元:円谷プロダクション
販売元:東映・東映ビデオ

●内容
【収録話数】第1 話~第26話(第24話は欠番、全25話収録)/ カラー
【収録分数】705分(本編Disc:625分+特典Disc:80分)(予定)
【本編Disc】 4:3<1080p High Definition>/リニアPCM(ステレオ・モノラル)/AVC/BD50G×4枚
【特典Disc】 16:9<1080i High Definition>・一部4:3<1080p High Definition>/リニアPCM(ステレオ・一部モノラル)/AVC/BD25G×1枚

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

●『怪奇大作戦』BD-BOX特設サイト:
https://www.toei-video.co.jp/special/kaiki-bd/


http://amass.jp/112010/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539694857

【ドラマ】「下町ロケット」安定の面白さに「期待を裏切らない」絶賛の声相次ぐ イモトの泣きの演技も話題に

1 名前:ストラト ★>:2018/10/14(日) 23:48:07.83 ID:CAP_USER9.net

阿部寛(54)主演のTBS系日曜劇場「下町ロケット」(日曜午後9時。初回は25分拡大)が第1話が14日、放送された。
15年10月放送の前シリーズから3年をへても、主人公佃公平役の阿部や立花洋介役の竹内涼真(25)ら、佃製作所の面々が、困難を前に熱く燃え上がるパワーあふれる展開に、インターネット上では「安定の面白さ」「期待を裏切らない」の声が相次いだ。

第1話は、佃製作所が純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」にバルブシステムの部品を供給する大企業・帝国重工の業績が悪化し、ロケット事業からの撤退の可能性が浮上。
さらに追い打ちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーのヤマタニ製作所から、トラクター向け小型エンジンの取引縮小を言い渡される。
その中、佃はロケットのバルブシステムの技術を生かしたトランスミッションへの挑戦を決意。
トラクターのトランスミッションを手がけるベンチャー企業ギアゴーストのバルブのコンペで大手の大森バルブと対決する。
ツイッター上では「やはり阿部さんが熱い」「前回、若手俳優でしかなかった竹内さんが成長した」「今の企業が見失った心が見える」「熱い長ぜりふのやりとりが最高」「毎週日曜日の夜は、やはりこれ」など、3年ぶりの続編を評価する声が多数、寄せられた。

さらに、今回から出演したイモトアヤコ(32)の演技力、終盤で見せた泣きの演技に「こんなにうまいと思わなかった」「ガチ演技がヤバい」「見て泣いてしまった」など絶賛の声がツイッター上を飛び交った。
イモトは劇中で、帝国重工で天才技術者と呼ばれながら退職し、ギアゴーストを立ち上げた副社長の島津裕を演じる。
島津は、バルブのスペック勝負にこだわる大森バルブが491個の部品でサンプルを作ったのに対し、佃製作所がスペックより荒れた農地を耕すトラクターに必要な強度を重視し、約4分の1の153個の部品でトラクターに合う頑丈なサンプルを作り上げたことを見抜いた。
そして佃が実際にトラクターを乗って壊れないトランスミッションの重要性に気付き、立花がその思いを組んで作ったと聞き「私たちのため、ユーザーのために作られたものです。何より、この強度がすごい。(中略)私には、こんな設計、思い付かなかった」などと言い、涙した。

ツイッター上では「イモトさんの演技が最高」「イモトいい味を出している」「安室(奈美恵)ちゃんで泣き、『下町ロケット』で泣いたイモトの演技に泣かされた」との声が相次いだ。
また放送前の午後2時からTBSで放送された特集番組で、その涙が台本にはない、イモトのアドリブだったと紹介されたことを受け「涙のアドリブ…すごい」などの声もあった。

前シリーズの第1話は15年10月18日に放送され、平均視聴率は16・1%を記録。
同12月20日放送の最終回の平均視聴率は、同年の民放連続ドラマで最高の22・3%、全10話の平均視聴率は18・6%を記録し、同年を代表するドラマとなった。
続編は前シリーズを超えるか…第1話の視聴率に注目だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00362074-nksports-ent

阿部寛主演 TBS系日曜劇場「下町ロケット」
http://pbs.twimg.com/media/DpTSjDcUYAA-Jjp.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539528487

【ドラマ】「とにかく気持ち悪い」有村架純主演『中学聖日記』に大批判の嵐!

1 名前:鉄チーズ烏 ★>:2018/10/11(木) 07:22:57.53 ID:CAP_USER9.net

10月からの新ドラマ『中学聖日記』(TBS系)が9日にスタートした。人気女優・有村架純が主演、また昨クールで評判だった『義母と娘のブルース』と同放送枠とあって視聴者からの注目度は高かったが、その描写に「気持ち悪い」との批判が相次いでいる。

同作は、有村演じる新人の中学校教師・末永聖と、19歳の新人俳優・岡田健史が演じる中学3年生の黒岩晶が禁断の恋に落ちる物語。

黒岩は着任直後の末長に悪態をつき、母親にも反抗を続ける思春期真っ盛りの少年。一方で、クラスメイトが末永にイタズラをしようとすると、止めようと割り入る場面も。黒岩自身、自分の感情がよくわからず、悩んでいるようなシーンが多々見受けられた。

そんな中、黒岩は末永の婚約者・川合勝太郎(町田啓太)の存在を知ってしまい、ネット掲示板に末永の噂を書き込む。するとネット掲示板を見たクラスメイトたちは、教室の黒板全面に末永の噂を書き込んでイタズラ。黒板を見て末永はショックを受けるが、すぐに気持ちを切り替え、毅然として授業を進行させた。

前向きに自身ら生徒と向き合う末永を見た黒岩はドラマ終盤、末永に「好きになっちゃいました。もうどうしていいか分かりません」と告白。次回以降、黒岩は末永にさらに迫るようだ。

■とにかく「気持ち悪い」と大バッシング

視聴者からの反響は大きく、この日のツイッターは大いににぎわった。有村や岡田の演技を称える声があった一方、中学生3年生役を19歳の岡田が演じることについて、

《幼さが残る子が不安定だとすんなり受け入れられるが、彼だとストーカーみたいに見える》
《大人な感じが生々しい。普通に大人同士の恋愛じゃん》
《男の子役の人が高校生に見えるから気持ち悪く映るのかも》
《中学生らしさがないから、普通に気持ち悪いんだよなぁ。可愛らしさのかけらもない》

といった批判の声が続出。また、ストーリーそのものについても

《誰も幸せにならない気持ち悪い設定》
《気持ち悪い。こんな設定がテレビドラマで許されていいの?》
《中学生と教師じゃいくら有村架純でも気持ち悪いわ》
《これを純愛とするのは無理がある。吐き気がする》

といった声は上がり、ネット上では「気持ち悪い」の単語が頻出する展開となった。有村にとっては「新境地」のドラマだったが、視聴者からの評判は芳しくないようだ。視聴率も初回から6.0%で既に大コケ。ここから挽回できる術はあるのだろうか。


2018.10.10 11:10 芸能
https://myjitsu.jp/archives/64216
https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2017/04/arimura_kasumi-20170412165009.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539210177

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ