フジテレビ

【フジテレビ】 視聴率苦戦月9、「海月姫」で逆襲!

1 名前:影のたけし軍団ρ ★>:2018/01/15(月) 09:03:20.72 ID:CAP_USER9.net

苦戦フジ月9「海月姫」で逆襲!


女優の芳根京子(20)が主演を務めるフジテレビ“月9”「海月姫(くらげひめ)」(月曜後9・00)は15日、15分拡大でスタートする。
昨年4月に30周年を迎えた看板ドラマ枠も、最近2年は期間(全話)平均視聴率1桁(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の作品が相次ぎ、苦戦。
巻き返しを図る今作。同局編成企画の渡辺恒也氏に企画意図を聞いた。

1987年4月クールの「アナウンサーぷっつん物語」からドラマ枠となった月9。
91年1月期「東京ラブストーリー」、91年7月期「101回目のプロポーズ」、93年4月期「ひとつ屋根の下」、96年4月期「ロングバケーション」、
00年10月期「やまとなでしこ」、01年1月期「HERO」、07年10月期「ガリレオ」など、社会現象になる作品を数多く生み出してきた。

しかし、16年から視聴率は苦戦。17年7月期「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」は
期間平均14・8%と7作ぶりに2桁をマークしたが、17年10月期「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」最終回は月9史上最低の4・6%に沈んだ。

渡辺氏も「局としても日々議論していますが、月9は今、難しいバランスにあると思います。
視聴者の皆さんが月9に抱くイメージや期待感は10年前と同じではないですが、かといって完全になくなったとも言えない。
従来の月9らしさにとらわれすぎるのもよくないと思いますが、局を最も象徴するドラマ枠であることに変わりはありません」と月9の舵取りの難しさを率直に打ち明ける。

日々公表される視聴率は「世帯視聴率」。若年層を狙った番組より、人口分布の割合が大きいF2(女性35〜49歳)、
F3(女性50歳以上)をターゲットにした番組の方が一般的には世帯視聴率に結び付きやすい。

渡辺氏は「ただ、企画の入り口として月9が目指さないといけないのは、まずはティーン(男女15〜19歳)、
F1(女性20〜34歳)、F2といった若い人たちが中心に楽しめるもの。そこから広がり、上の世代にもリーチしていく。

極端な話、年配層が見やすいものを最初から狙って企画を発想したら、月9という枠の個性がなくなってしまう。
制作者は月9のイメージにあぐらをかいちゃいけないのですが、まずは若い人たちが楽しめるものを考え、
なおかつ、そこに上の世代の方々も楽しめる要素を入れていく。そのやり方は以前から変わっていないと僕自身は思っています」とブレない。

年配層の取り込み。「海月姫」に照らすと、オタク女子などの個性的なキャラクターが織り成す、一見奇抜な世界に映るが
「物語を通して“自分らしさを見つけていく”のとはまた少し違って、誰でも“自分のままでいいんだ”ということを、登場人物それぞれが模索するのが、この作品の最終的なテーマだと思います。
原作は10年前から続いてきた作品ですが、描かれるテーマはむしろ2018年の空気というか、今を生きる人々の意識や価値観にマッチしていると思いました。

その模索する過程の中に出会いや別れがあり、主人公に関して言えば初めての恋や人間としての成長がある。
そういった普遍的なテーマを、連続ドラマならではの縦軸としてきちんと描いていきたいと思っています」

メーン演出は「リーガルハイ」シリーズや「デート〜恋とはどんなものかしら〜」、ヒットの記憶が新しい映画「ミックス。」など、
数々のコメディータッチの名作を手掛けた石川淳一氏。芳根の体当たり演技や瀬戸の女装など、若いキャストも熱演で応えている。

月9のラブコメといえば、06年10月期「のだめカンタービレ」など、ヒットの土壌はある。
渡辺氏は「そこにハマれば、受け入れていただける」と勝算を見いだした。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/15/kiji/20180114s00041000286000c.html

【ドラマ】フジ月9主演の芳根京子、看板背負い「正直つらい」…「海月姫」制作発表に出席
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515666965/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515974600

【フジテレビ】 上層部 “降板”即断 秋元優里アナ 「2度目W不倫」の代償

1 名前:影のたけし軍団ρ ★>:2018/01/12(金) 08:56:32.53 ID:CAP_USER9.net

「百歩譲って1度ならまだしも今回で2度目。文春に記事が載ることが分かり、ウチの上層部は即、判断したようです」(フジテレビ関係者)

フジテレビの看板キャスター、秋元優里(34)の不倫密会を発売中の「週刊文春」が報じた一件。
お台場にある同局には“激震”が走ったという。

秋元アナは現在、「BSフジLIVEプライムニュース」(平日20時~)の月~木曜のキャスターを担当しており、
これまでも「報道2001」や「ニュースJAPAN」と数々の報道番組を歴任してきた報道の「顔」である。

だが、今回「荒野のW不倫」という見出しとともに明かされた行動は破廉恥すぎるというしかない。
相手の40代半ばの既婚男性とともにワンボックスカーを走らせ、ある晩は横浜市郊外の竹林で、
またある晩は所有者のいる畑の小屋に無断で侵入し、いずれも車内で“逢瀬”を重ねていたというのだ。

箱根の温泉施設での2時間休憩も報じられている。

その相手も“最悪”だった。妻子持ちで「プライムニュース」のプロデューサー。
秋元が夫で会社の後輩でもある生田竜聖アナ(29)と別居、そして離婚協議にいたるきっかけとなった
16年秋の不倫疑惑の時の男と同一人物だという。

秋元は相手の男性との交際を否定しているが、状況を鑑みれば黒に限りなく近いグレー。
だからこそ、フジ上層部も「秋元のプライムニュースキャスター降板の決定を早々に下した」(前出のフジ関係者)というのもうなずけるのだ。

その降板決定を裏付けるかのように、9日放送の「プライムニュース」には、秋元ではなく松村未央アナ(31)が出演。

同日は自民党の岸田文雄政調会長や立憲民主党の長妻昭代表代行ら国会議員や有識者をスタジオに招き、
南北会談や2018年の政策について議論を重ねただけに、不倫疑惑が取り沙汰されるキャスターに仕切らせるわけにはいかなかったのだろう。
番組では秋元アナの不在について一切触れることはなく、約2時間の放送を終えたのだった。

改めてフジテレビに、秋元アナの番組欠席の理由、今回の報道との関係、そして今後の出演予定について問い合わせると、
「単なる相談相手と聞いておりますが、誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って、当面の間、番組出演を見合わせます」(同社企業広報室)。

見合わせではなく降板ではないかと尋ねると「そういったことはないとしか答えようがない」との回答だった。

「ワイドナショー」や「皇室ご一家」のナレーションなど担当する全番組の出演を見合わせるという秋元アナ。
テレビ画面に復帰する日はもう来ないかもしれない。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/221028/1



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515714992

【フジテレビ】<秋元優里アナに待つ茨の道>このままTVからフェードアウトか?

1 名前:Egg ★>:2018/01/10(水) 22:52:54.62 ID:CAP_USER9.net

フジテレビの秋元優里アナウンサー(34)が発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で、40代の同局のプロデューサーとのW不倫疑惑を報じられた。
秋元アナは2016年に夫で同局の生田竜聖アナ(29)との別居と離婚危機が報じられ、その原因として不倫疑惑が伝えられた。直後のテレビ番組で疑惑を否定していたが、今回同誌に押さえられてしまったのだ。

フジは報道を受け、秋元アナの担当番組出演を当面の間見合わせると発表。しかし、“処分”は「当面の間」では済まなさそうだという。
「昔はアナウンス部に配属されれば、本人がよほど希望でもしない限り他部署への異動はありませんでした。

ところが最近は上層部が『女子アナとしては“戦力外”』と烙印を押した途端、すぐに他部署へ異動させてしまいます。異動が嫌で退社した女子アナもいるほどです」(フジテレビ関係者)
昨年はさまぁ~ず・大竹一樹(50)の妻・中村仁美アナ(38)が営業局営業企画部への異動の内示を受けたが、退社。今年の元日付で大手芸能プロと契約し、フリーとして活動している。

「秋元アナが今後“テレビ復帰”するのは、なかなか難しそうです。異動を嫌がってフリーになっても、イメージが悪いのでなかなかオファーはなさそう。
離婚協議での親権問題もあるので、退社するわけにもいかないでしょうが……」(芸能記者)

秋元アナが支払う代償は、かなり高そうだ。

1/10(水) 18:32配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010010-jisin-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515592374

【フジテレビ】<保毛尾田保毛男>一部スポンサー降板へ フジ特番でLGBT嘲笑、社長が謝罪

1 名前:スタス ★@\(^o^)/>:2017/09/30(土) 00:38:27.29 ID:CAP_USER9.net

http://mainichi.jp/articles/20170930/k00/00m/040/101000c
毎日新聞 2017年9月29日 19時52分(最終更新 9月29日 20時45分)

 フジテレビの宮内正喜社長は29日の定例記者会見で、28日に放送したバラエティー特別番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念スペシャル」で、性的少数者(LGBTなど)を嘲笑する表現があったとして謝罪した。当事者や支援者ら104の団体・個人が「性的少数者への差別や偏見を助長する」と抗議していた。

30年前に誕生したキャラクター 番組に賛否の声、寄せられる
 人気お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明さんが青ヒゲとピンクの頬が特徴的なキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」に扮(ふん)し、「ホモでしょ?」などと、共演者にからかわれる内容。約30年前に番組内で誕生したキャラクターで、特番での復活が予告されると、ネット上で「聞いただけで胸が苦しくなり、自分でもびっくりした。トラウマってこういうことを言うのかな」などの声が上がっていた。

 宮内社長は「30年間で彼らコンビが作り出してきたキャラクターとして展開した」と断ったうえで、「不快な面をお持ちになった部分があれば、大変遺憾だと思うので、謝罪をしなければいけない」と述べた。番組終了後、同局には「懐かしかった」「この時代にどうなんだ」など約100件の賛否が寄せられたという。
「今もこんなことをやっているの」と驚きの声 広がるLGBTへの配慮 
 海外ではLGBTに対して配慮を欠く企業の製品の不買運動も珍しくない。日本の教育現場や企業などでもLGBTへの理解を深める取り組みが広がる。抗議文はフジと協賛企業に宛てられており、同番組の一部スポンサーは契約更新をしない方針を明らかにした。
 ゲイであることを公言するNPO法人グッド・エイジング・エールズの松中権代表(41)は番組を見て「今もこんなことをやっているのか」と驚いたという。「キャラクターが登場した当時、優しくておとなしい男の子を『ホモ』とからかう遊びが流行した。多感な時期で、私も家庭や学校で話題が出る度に居心地が悪かった。自分の性や性的指向に悩む子供らが特番を見てどう感じたのか心配だ」と指摘した。【中村かさね、犬飼直幸】

前スレ
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506690274/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506699507

【フジテレビ】保毛尾田保毛男を放送するフジテレビの無神経、広がる視聴者の嫌悪感

1 名前:(^ェ^) ★@\(^o^)/>:2017/09/29(金) 15:02:00.74 ID:CAP_USER9.net

https://news.yahoo.co.jp/byline/akimotoshoji/20170929-00076334/

「楽しくなければテレビじゃない」とはかつてのフジテレビの名キャッチコピー。

じゃ、笑いを引き起こすためにわざわざ人を傷つける必要があるかと言えば、それはNOでしょう。

昨日(平成29年9月28日)放映した番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」の番組内コーナーにおいて、とんねるずの石橋貴明氏が「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラクターで登場。懐かしい、といえば確かにそうなんですが…。

他の出演者とともに、「ホモ」という単語を数度に渡り発言し、番組全体として男性同性愛者を笑い、というか嘲笑の対象としていたわけですよ。

30年前はいざしらず、少なくとも現在では「ホモ」という単語は男性同性愛者に対する蔑称だという認識はわりと一般的になっていて、その存在自体を嘲笑の対象として表現することは問題あり!と言わざるをえないなぁ、と。

30周年を機に、過去の名物コーナーのキャラクターを登場させよう…という趣旨は理解できます。僕自身も懐かしさを感じましたし、深い意図なく企画されたものだとも思います。

ただ、劇的にここ数年で日本における性的少数者(LGBT)に関する見識や考え方は転換してきました。LGBTなど「性的指向・性自認」を個性ととらえ、権利を確保し、尊重するというのが大きな流れです。

すでに渋谷区など複数の自治体で「同性パートナーシップ」にかんして制度化されたり、岐阜県関市でも、尾関市長のリーダーシップのもと「LGBTフレンドリー宣言」がなされています。

当事者が(2015年 電通総研の調べでは7.6%がLGBTと推計されています)この番組を目にすれば、どうかんじるでしょうか。

当事者の中には、こんな書き込みをフェイスブックにしているヒトも。

未だにこんなことやってる!自分はこれで相当小学校時代イジメられました。こういう事はもう私の世代でたくさん。終わりにしよう。

振り返ってみると、30年近く前、小学生だった自分も「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラに」影響を受け、女性ぽい仕草や言葉遣いをする男友達を「ホモ」と揶揄したこともあったかもしれません。(もちろん、いま思えば深い反省とともにです。)

同じように考えれば、番組を目にする子どもたちへのネガティブな影響が懸念されます。子どもたちが番組の内容を学校で真似をすることで、いじめや無視等につながるやもしれないのです。

またツイッター上でも、嫌悪感を示す書き込みが散見されます。

すでに、CM提供スポンサーの中には降板を決めた会社もあるとか。

楽しくなければテレビじゃない、といっても

楽しむ人がいるならば、ひとを傷つけて良いわけじゃない。

わざわざ、いま、あえてこの内容を流す必要はなかった。

制作スタッフに、ちょっと視聴者やLGBTの当事者、社会的トレンドに思いが寄せられれば。

そして、最終的に放送にGOをした、意思決定者に強い違和感を感じました。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506664920

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ