囲碁

【囲碁】<プロ棋士はもはや囲碁AIに勝てない>進化型アルファ碁「Master」の衝撃!トッププロ相手に60戦60勝

1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2017/01/06(金) 23:17:21.20 ID:CAP_USER9.net

「囲碁AI(人工知能)はプロ棋士の能力を遥かに超えてしまった。さらに進化が進み追いつくことはできないだろう」。囲碁AIにくわしいプロ棋士の大橋拓文六段はJ-CASTニュースのインタビューにそう語った。

 「Master」と名乗る「人物」が中国の囲碁対戦サイト「野狐囲碁」で確認されたのは2016年12月29日。あまりの強さから大人気マンガ「ヒカルの碁」の登場人物・サイ(藤原佐為)ではないのか、などと取り沙汰されたが、グーグルは日本時間の17年1月5日、自社が開発した囲碁AIだと公表した。既に世界のトッププロ相手に60連勝していて、かなう棋士はもういないのだという。

■16年末にネットに忽然と現れる

 チェス、将棋などトッププロを撃破するAIが登場しても、囲碁だけは打ち手が複雑なため人間を超えられないだろう、というのが長い間の定説だった。それを覆したのが16年3月中旬に行われたグーグル傘下の会社が開発した人工知能「アルファ碁(AlphaGo)」と、韓国の世界のトッププロ、イ・セドル九段との対戦で、1勝4敗で敗れるという波乱が起きた。

 しかし、これ以降、なぜか「アルファ碁」は影を潜める。グーグルが囲碁AIに関する論文を公表していたことから、それを参考に「アルファ碁」に追いつこうと、新たな囲碁AI開発ラッシュが始まった。囲碁対戦サイトでは現在、中国の「刑天」など複数の囲碁AIが対戦をしていて、勝率は9割というものも出ている。

 そして、16年末に忽然と現れたのが「Master」を名乗る「人物」だった。主に中国の囲碁サイト「野狐」に出没し、誰も敵わず勝率は100%だった。その噂を聞き、世界のトッププロが次々に挑戦することになるわけだが、そもそもプロ棋士がこうした場で非公式対戦をしているのはなぜなのだろうか。

トッププロ相手に60戦60勝

 大橋六段によれば、プロ棋士ならば多くが対戦サイトにアカウントを持っていて、実名で登録している人もいる。また、実名でなくともトッププロであることを示すマークを付けていたりする。それは強いプロほど強い相手と対戦したいという欲求があるからで、柔道で言えば「乱取り」感覚の対戦となる。

 トッププロとの対戦で「Master」は勝ち続け、17年1月1日の段階で30連勝、5日までに60連勝と勝率は100%となった。では「Master」とは誰なのか。ネット上ではあまりの強さに「ヒカルの碁」のサイだと持てはやされたが、囲碁の強い人でも最高勝率はだいたい6割で、それを上回る場合はAIを疑うのだという。

  「Masterが10勝した時点では、誰かが破るだろう、という雰囲気でしたが、30勝を超えると、こりゃあだめだなといった諦めムードが出て、50勝でもうお手上げ、という感じでしたね」

と、対戦を見ていた大橋六段は打ち明ける。負け知らずのためAIだということは最初から気付いていた、ともいう。

 そして、グーグルは17年1月5日、「Master」は「アルファ碁」の進化型であることを公表した。今までそれをなぜ隠していたのか。16年3月に行われた「アルファ碁」とイ・セドル九段との対戦で、グーグルは1敗もしない完全勝利を確信していたのではないか、と大橋六段は予想している。

1敗のショックから「アルファ碁」を公の場から外し更なる開発を進めたのではないか、というのだ。「Master」は勝率100%で、トッププロから60連勝したことで、胸を張ったのだろうという。その「Master」との対戦はどのようなものなのだろうか。

つづく

J-CASTニュース 1/6(金) 17:20配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000004-jct-ent&p=1


2 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2017/01/06(金) 23:17:32.34 ID:CAP_USER9.net

人間では理解できない領域の打ち手が30手まで続く

 プロ同士の戦いならば、対戦相手の性格、癖、プレイスタイルなどを把握していて、挑発や奇襲といった駆け引きが存在する。そして実力とは別にその日の体調、威圧感やオーラのようなものも影響してくるが、そうしたものは「Master」にはない。一直線に勝利に突き進んで来る。囲碁はおよそ200手で決まるものだが、大橋六段は、

  「人間では理解できない領域の打ち手が30手まで続く。不思議といい場所に碁石があるね、というイメージだ」

と説明し、30手までに「これはおかしい」と不安になり、50手で「ヤバイ」、100手で「大差で負ける」。最後は「お稽古してもらっている」気分になった、という。

 それでもいつかはテレビゲームのように攻略法が見つかるのではないのか、と聞くと、

  「無理なのではないでしょうか」

と大橋六段は語った。例えば現在5歳の囲碁の天才に囲碁AIの棋譜を記憶させ続ければ10歳の頃には攻略は可能になるかもしれないが、それは5年前の囲碁AIの性能に対する攻略であり、囲碁AIはさらに遥か先に進化しているからだという。

  「絶対に勝てないからといってAI鬱、AIシンドロームなどと落ち込む必要はなく、囲碁界はこれからいかにAIを活用して全体を盛り上げていく道を探り、明るい関わり方をしていかなければならないと感じています」

 そう大橋六段は話している。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483712241

【囲碁】謎の囲碁棋士「Master」の正体は、新バージョンの囲碁ソフト「AlphaGo」だった!Googleが発表

1 名前:セイバー・ブライド ★@\(^o^)/>:2017/01/05(木) 08:08:57.53 ID:CAP_USER9.net

Google DeepMindの共同創立者であるデミス・ハサビス氏が1月5日(日本時間)、Twitterを更新。
年末年始に世界のトップ棋士を続々撃破していた謎の囲碁アカウント「Master」は、囲碁ソフト「AlphaGo」の新バージョンだと明らかにした。

写真:声明
http://i.imgur.com/tpKJw60.jpg


声明によると、同社ではAlphaGoの改善作業に取り組んでおり、ここ数日はネット上で非公式のテストを行っていたという。
「東洋囲碁と野狐囲碁で『Magister』『Master』と対戦した方、そして観戦して楽しんでもらった皆さんに感謝します」。
テストが完了したことで、今後は囲碁の団体・専門家と協力して、2017年内に本格的な(持ち時間の多い)“公式戦”を実施するとしている。

囲碁アカウント「Master」の戦績は、「野狐囲碁」で30勝0敗、東洋囲碁を含めると60勝0敗。
テストの最終局の相手となった古力九段(中国のトップ棋士)は「人間とAIは共同で、間もなく囲碁の深い謎を解き明かす」とコメントしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000013-it_nlab-sci

関連スレ
【囲碁】<ネットに謎の囲碁棋士>「Master」が出現!世界トップ棋士を続々撃破
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483427880/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483571337

【囲碁】ネット上に正体不明の謎の超絶棋士が出現 囲碁AI「Zen」を圧倒 囲碁界は騒然 何者なのか?

1 名前:シャチ ★@\(^o^)/>:2016/12/24(土) 12:11:36.53 ID:CAP_USER9.net

ネット上の囲碁サイトに正体不明の謎の超絶棋士が突然現れ、趙治勲名誉名人と互角の戦いを演じた
囲碁AI(人工知能)「Zen」を圧倒したことが、囲碁界で話題もちきりだ。その名は「God Moves(ゴッドムーブズ、神の手)」。
ほとんど時間を使わぬ高速の打ち回しから、超人的な新手の囲碁AIとみられている。

 Godは11月29日、世界中の囲碁愛好家が利用する囲碁サイト「KGS」に登場し、
同月に趙名誉名人との三番勝負で1勝2敗と肉薄した「Deep Zen Go(ディープゼンゴ)」
と同じソフトを搭載する「Zen19L」に連勝。12月1日にも再戦し完勝した。

 プロ棋士が驚いたのは碁の内容だ。碁石で境界線を引いて領土の広さを競う囲碁の布石は、
少ない石数で効率的に領土を広げられる隅から打ち始めるのが常識だ。Godは1局目は普通の布石を選んだが、
2局目の初手は盤の中心・天元に打ち、3局目は天元をはさんだ着点に1、2手目を費やした。

 破天荒な布石でトッププロ級の棋力を持つZenを破ったことに、囲碁AIに詳しい大橋拓文六段は「革命的」と言う。
「まだ人間の届かない囲碁の真理がGodの着手にひそんでいるかもしれない」

朝日新聞デジタル 12/24(土) 11:45配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000034-asahi-soci



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482549096

【囲碁】美しすぎるハーフの棋士・黒嘉嘉が芸能界デビュー(写真あり)

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/>:2016/12/22(木) 00:43:45.04 ID:CAP_USER9.net

◆美しすぎるハーフの囲碁棋士・黒嘉嘉が芸能界デビュー

オーストラリア人の父と中国台湾地区出身の母を持つ囲碁棋士(六段)
黒嘉嘉(ヘイ・ジャアジャア)さんがこのほど、芸能界デビューを宣言した。人民網が報じた。

■写真
http://i.imgur.com/mnQYxdE.jpg

http://i.imgur.com/3zRiDZC.jpg

http://i.imgur.com/exWa1SS.jpg


1994年生まれの黒嘉嘉さんの苗字「黒」は、母親(黒南萍)から取ったもの。
黒嘉嘉さんは2010年に、中華台北代表として、広州で開催されたアジア競技大会に出場し、
女子団体戦で銅メダルを獲得したほか、世界囲碁イメージ大使に選出された12年にも、
同大会の女子団体戦で同じく銅メダルを獲得した。

彫が深く、モデル顔負けのルックスを持つ黒嘉嘉は、子供のころから芸能界で活躍していた。
8歳の時に、歌手で俳優の呉宗憲(ジャッキー・ウー)のバラエティー番組に出演したほか、
歌手・柯以柔(クリス・コー)や陳小春(チャン・シウチョン)のPVにも出演した。

そして、大人になると、ハーフらしく凛とした雰囲気で、細い身体つき、さらに、
長い黒髪をなびかせ、漫画に登場する「女神」のような美しい女性へと成長した。

(▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

人民網日本語版 2016年12月20日08:20
http://j.people.com.cn/n3/2016/1220/c206603-9156758.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482335025

【囲碁】ホリエモンとひろゆき「お金の力で勝っただけ」…人工知能との囲碁対決、勝因はグーグルのお家芸?

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/>:2016/04/10(日) 08:32:02.80 ID:CAP_USER*.net

◆ホリエモンとひろゆきが「お金の力で勝っただけ」…人工知能との囲碁対決、勝因はグーグルのお家芸?

人工知能が人間と囲碁対決をして圧勝したことが話題を呼んだ。
グーグル傘下の「ディープマインド」社が開発した「アルファ碁」と「世界最強の棋士」といわれている韓国のイ・セドル九段が戦って、人工知能が4勝1敗したのだ。
人工知能はいつか人間を追い越す、とは以前から言われていたものの、その瞬間がこんなに早く訪れるとは…。世界中の人にとって、そんな衝撃が与えた一戦だった。

しかし意外にも、「そんなにスゴいことじゃないよね」と冷静な反応を示した人物がいる。
『週刊プレイボーイ』本誌で対談コラム「帰ってきた!なんかヘンだよね」を連載中の“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏だ。

ひろゆき氏は言う。

「今回勝った決め手って、どちらかというとグーグルの資金力だと思うんですよね。
一説によると、アルファ碁のサーバー費用は60億円かかるらしいですよ。で、CPUが120個とかあるらしいので、パソコン1200台分ってことになる。
将来的に人工知能が人間に勝つという予測は、『コンピューターの計算能力が上がる』か『画期的なアルゴリズムが開発される』からだと思われていたんですけど、
今回のアルファ碁を見て『豊富な資金力で計算能力を上げまくる』ってのが選択肢として抜けていたなと。
例えば、『この暗号を1台のパソコンで解くには1万年かかります』って言われたら、結構かかるなぁって思うのが普通なんですけど、
今回のアルファ碁の場合だと『だったら1万台のパソコンを用意して1年で解いちゃおうよ』って感じなんですよね」

それを踏まえた上で、「アルファ碁は画期的なアルゴリズムで挑んだわけではなく、お金の力で勝利したと思う」と指摘しているわけだ。
この意見に、堀江氏もうなずく。

「それってグーグルのお家芸でもあるよね。グーグルのメインサービスである検索エンジンでも似たようなことをしているから。
昔、『アルタビスタ』っていう検索エンジン会社があって、そこは大型コンピューターを使っていた。一方のグーグルは何千台というパソコンサーバーを並べて対抗した。
“コロンブスの卵”というか、コンピューターの数で勝負した形なんだけど、このやり方をしたから今のグーグルがあるともいえる。
だから、検索エンジンと同じことを囲碁ソフトでもやったってことだよね」

確かに、圧倒的な計算力で他者が追随できないモノを提供するーーそれがグーグルの得意技だ。
アルファ碁もアルゴリズムとしては、2006年から使われている「モンテカルロ木探索」のほぼ発展版であり、特に目新しさはないという。
しかし、対局を見ていた多くの囲碁ファン、さらにプロ棋士たちからは、「アルファ碁がどうしてその手を打ったのかわからない」、「人間の理解を超えてる」といった驚愕の声も多く聞かれたが…。

「冷静に考えればわかるんですけどね。
例えば、ヘリコプターを造る時に『プロペラの枚数』や『エンジンのサイズ』『エンジンの個数』『燃料の種類』『価格』とか、いろんな要素を決める必要がありますけど、グーグルは各条件に適当な数字を入れて計算して『一番いい結果だったやつを選ぶ』という、ある意味、シンプルなアルゴリズムを使っている。
なので、『どうしてその手を打ったのか』っていう疑問の答えは、『統計的にそっちのほうが勝率が高いから打ちました』ってだけなんです」(ひろゆき氏)

それに対し、堀江氏が「そうなんだよ。でもイノベーションって本質的にはそういうもんじゃん」と切り返すと、
「ええ。人間ってどこかに理解できないポイントがあると、『何かすごいことがあった』みたいな理解をしますけど、実際には地道な作業の延長線のことが多いんですよね。
今回だって、もし『量子コンピューター1台で勝った』なら、本当にすごいことですけど、実際は『膨大な数の地道な作業をやっている』だけですから」と、ひろゆき氏も同意。

そこにこそ、イノベーションに対する大きな誤解があると堀江氏は言う。

「多くの人はイノベーションを『存在しないものをつくったとき』って認識してると思うけど、それはイノベーションじゃなくて『インベンション(発明)』だから。発明と革新は別物だから」

だから、この分類ではアルファ碁は「イノベーション」ということになる。

週プレNEWS 4月9日(土)11時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160409-00063435-playboyz-sci

※>>2以降へ続きます。


2 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/>:2016/04/10(日) 08:32:15.23 ID:CAP_USER*.net

※>>1の続きです。

「よくスティーブ・ジョブズとかと比べて『日本人はイノベーションが起こせない』みたいなことを言うでしょ。
でも、彼らのやっていることは地道な作業の積み重ねだったり、力技だったりするわけ。
それをカッコ悪いと思わずに『それでもいいんだ』って割り切って突き進むことが大事なんだと思う。
イノベーターって一歩踏み出すのが得意なわけで、発明をするのはそれほど得意じゃなかったりするからね」(堀江氏)

※以上です。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460244722

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ