大河ドラマ

【大河ドラマ】大胆な脚色の「西郷どん」 プロデューサー「年表のように再現しても人物の本質描けない」

1 名前:シャチ ★>:2018/09/26(水) 13:20:57.90 ID:CAP_USER9.net

西郷隆盛の生涯を描く大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合)。物語は、幕末の動乱期に突入しており、一段と盛り上がりを見せている。制作統括の櫻井賢チーフプロデューサーに作品への思いや今後の見どころについて聞いた。(杉山みどり)

 薩摩と長州による歴史的な会談が描かれた「薩長同盟」(8月26日放送)の回は、インターネット上でも盛り上がった。西郷(鈴木亮平)、坂本龍馬(小栗旬)、大久保一蔵(瑛太)、桂小五郎(玉山鉄二)らの緊張感のある演技に、「感動した」「すごい迫力」などの声が次々と投稿された。

 公式ホームページで「今まで描かれてきたものとはひと味違う」と紹介されているように、人間ドラマに焦点をあてた「薩長同盟」。薩摩と長州の両藩の意地がぶつかり合い破談になりかけるが、西郷は英国から伊藤俊輔(浜野謙太)の元に届いた1枚の写真を見せることで、状況が変わる。さらに、西郷が頭を下げると薩摩藩士らもそれに続き、最後に西郷と桂がシェイクハンド(握手)するという展開。

 櫻井プロデューサーは「英国留学生のエピソードを盛り込みたい、オリジナリティーをいれたいという(脚本の)中園ミホさんの意向を受け、群像劇として描いた。見応えのある回になった」と自信を持つ。歴史ドラマには、視聴者からの「史実との整合性」に関する問い合わせがつきものだが、「年表のように再現しても、登場人物の本質は描けないし、視聴者も感情移入ができない。史実を踏まえた上で、時には大胆な脚色も必要」と話す。

 そんな撮影現場は、同年代の役者も多く、和気あいあいとした雰囲気だという。だが最近、主演の鈴木亮平のたたずまいが変化してきたと感じている。現在、撮影しているのは明治時代で、「西郷が背負っているものの大きさを受け止め、どう生きていくのかという局面になっていく。彼はそこと向き合っているのだと思います」。鈴木自身も「世の中の上司の方々は大変。責任を担うって、しんどいですね…」とこぼしているそうだ。

 放送では、これから「大政奉還」「王政復古の大号令」「無血開城」など、維新に向けて怒濤(どとう)の展開に。「先日、戊辰戦争の最終局面の編集を見ましたが、泣けて泣けて」と、編集室で涙を流したという櫻井プロデューサー。「さらには西南戦争という大きな悲劇が待ち受けている。相当ドラマチックに展開します。期待してください」と話した。

産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000552-san-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537935657

【大河ドラマ】西郷どん4月1日特番放送 大河初の試み、本編休止し同じ時間帯に放送

1 名前:たんぽぽ ★>:2018/03/25(日) 21:04:34.56 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000145-spnannex-ent
スポニチアネックス

 NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜後8・00)の特別番組が4月1日の同時間帯に放送されることが25日、分かった。特別編の放送は大河ドラマとしては初の試みとなる。25日に第12回を放送。4月1日に特別編、第13回は4月8日に放送する。

 特別編「~西郷どんと斉彬 密着120日~」では主人公・西郷隆盛(吉之助)役を務める鈴木亮平(34)とカリスマ藩主・島津斉彬を演じる渡辺謙(58)のスペシャル対談や舞台裏密着ドキュメントを伝える。

 鈴木は対談後「謙さんには何度か食事に連れて行っていただいているので、そこでいろいろお話することはあるのですが、改めてこういう対談の場でお話させていただくと緊張しました。本当はもっと話したいことがたくさんありましたが…。素敵な時間でした。撮影中はどうしても『殿』として見ていますし、緊張してしまいますので、撮影が全部終わってから、もう一度謙さんと対談したいです」とコメント。

 渡辺は「今回の対談は、普段話していることとあまり変わらなかったのですが、撮影現場ではどうしても目線の位置が上と下で違っていますが、対談では話す目線の高さが一緒なので、不思議な感じがしました。楽しかったです」と語った。

 同作は当初予定の50回から放送回数を全47回に減らし、同時間帯に特別編を3回放送する。選挙速報で放送時間を繰り上げることはあるが、同時間帯に特別編を組み込むのは異例。

 制作統括の櫻井賢チーフプロデューサー(CP)は完成試写会の場で「幕末は政治劇、時代背景、奥行きが難解でもある」とし、「より多くの人に親しんでいただくために、その節目節目で歴史解説、エンターテインメント性のある番組、さらに鈴木亮平さんの密着ドキュメントとか、撮影の裏側、これからの展開などを春、夏、秋と合間に編成する『西郷どんスペシャル』をやろうということになりました」と制作意図を説明。「ドラマを見ていた人がちょっとした裏情報を知ることで奥行きで楽しんでいただくことになる、掛け算になっていく番組を目指したい」とコメントした。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521979474

【大河ドラマ】『西郷どん』に見る「恋愛結婚至上主義」による歴史の書き換え問題

1 名前:木村カエレφ ★>:2018/03/18(日) 22:32:53.62 ID:CAP_USER9.net

現代ビジネス
『西郷どん』に見る「恋愛結婚至上主義」による歴史の書き換え問題

フィクションといっても…

 大河ドラマ『西郷どん』は西郷隆盛の生涯を描いている。

 少年時代から青年時代にかけて細かく描いている。

 激しい政治活動に没入していくまえの、薩摩ひとりの若者としての生活が描かれていた。

 *

 西郷が若年のころ、薩摩藩で〝お由羅騒動〟が起こる。

 薩摩藩主、島津斉興の正室の子・斉彬と、側室の子・久光と、どちらに家督を継がせるかで、揉めた。よくあるお家騒動である。

 島津斉興は、側室のお由羅とその子の久光を溺愛していたので、久光を後継にしようとるすが、英明と噂された斉彬を推す勢力も強く、やがて中央政府まで介入して、斉彬相続と決まった。 

 正妻の子と、妾の子と、同等に扱われている。

 男と女に関して、ここではノンフィクションである。

 やがて西郷たち若者の結婚の話になる。

 西郷とその仲間たちの青春篇である。

 西郷とその仲間というのは、その後、幕末動乱の志士として活躍し、また明治建国の元勲となっていく歴史上の人物たちであり、彼らがただ若者として溌剌と騒いでいるさまを見るのは、何だか心あたたまる(中村半次郎が芋を持ってきたシーンには胸を打たれた)。

 ドラマのヒロインの1人が、隆盛の3人目の妻になるイトで、黒木華が演じている。

 彼女は子供のころから西郷隆盛が好きで、ずっと好きだった、という設定になっている。でも別の男のところに嫁ぐ。

 ちなみに大久保正助(利通)がイトを好きで、イトは西郷が好き、という奇妙な三角関係にも設定されている。

 まあ、そのへんはご愛嬌である。フィクションでかまわない。

 ただこの時代に、「恋愛(好き嫌い)」と結婚を強く結びつけているのは、なかなか斬新だとおもった。

 大久保がイトに、もし好きな人がいるのなら嫁ぐのはやめたほうがいいとアドバイスするし(大久保は彼女が自分と一緒になってくれればと目論んでいたのだが)、西郷は「大久保とイトが一緒になればいい」と願っていた。それを知ったイトは、西郷を諦め、ほかの男に嫁いでいく。

 青春群像篇なのだから、そのへんは事実と則してなくても、べつだん何もかまわない。楽しければいい。

 ただ「好きになった人と一緒になることこそ、幸せな結婚だ」という考えが大前提になっているのは奇妙な感じがする。

 もちろん、作っているほうも、わかっていて、そういう無理設定にしているのだろう。それにしても、なかなか破壊的にすごいなとおもう。

続き
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180311-00054736-gendaibiz-bus_all



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521379973

【大河ドラマ】「西郷どん」ロシアンルーレットが話題に 渡辺謙と鹿賀丈史が迫真演技

1 名前:たんぽぽ ★>:2018/01/28(日) 21:12:35.80 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000141-spnannex-ent
スポニチアネックス

 俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第4話が28日に放送された。

 お由羅騒動、“西郷隆盛の師”赤山靱負無念の最期、島津斉彬の藩主就任など衝撃的な場面が多く、放送後から視聴者の反響を呼んだ。

 第4話の副題は「新しき藩主」。斉彬(渡辺謙)を次期藩主にと尽力する者たちを、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する「お由羅騒動」が起こり、吉之助(鈴木亮平)が先生と慕う赤山(沢村一樹)に切腹の沙汰が下る。さらに、処罰は大久保家にもおよび、大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)は島流しとなり、正助も謹慎処分を受ける。

 赤山の介錯は吉之助の父・吉兵衛(風間杜夫)が行うこととなり、吉之助は、赤山の無念の最期に立ち会うことに。渡辺が演じる斉彬は藩主の座に就くため、父・斉興と対峙し大勝負を挑む。選んだ戦いは、一発だけ弾薬を装填した銃をこめかみに向け互いに引き金を引く“ロシアンルーレット”。

 斉彬の決死の覚悟を知った斉興は藩主の座を渡すことになった。斉彬の“ロシアンルーレット”にインターネットは「まさかのロシアンルーレット!」「渡辺謙と鹿賀丈史の迫真演技が凄かった」「大事なことだからこそ運命に任せるのかな」など痺れる展開を楽しむ声が集まった。

 渡辺はこの日、自身のツイッターを更新。「先の見えない薩摩。いよいよ斉彬が、父斉興との藩主争奪戦に立ち上がります。若者達の前半、江戸の後半と2話分位の厚みがある話です。久しぶりにビンビン痺れるシーンやらせてもらいました」と撮影を振り返っている。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517141555

【大河ドラマ】柴咲コウ主演NHK「直虎」捕らわれの身13・2%

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/>:2017/05/29(月) 10:37:12.10 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-01831452-nksports-ent
日刊スポーツ 5/29(月) 10:30配信

 女優柴咲コウ(35)が主演し、28日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第21話の平均視聴率が、関東地区で13・2%だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は14・5%だった。

 同作は男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とした物語。

 28日の回は、井伊領内で生産した綿布の商い先として、浜名湖に面した港町・気賀(きが)を選んだ井伊直虎(柴咲コウ)と瀬戸方久(ムロツヨシ)。気賀の商人・中村与太夫(本田博太郎)との商談を終え市場に立ち寄った直虎は、店先に並ぶ異国の珍品に目を見張るが、その隙に銭入れを盗まれてしまう。その犯人を町外れまで追いつめる直虎だったが、逆に捕らわれの身に。地下ろうに閉じ込められた直虎のもとに現れたのは盗賊団のかしら(柳楽優弥)とその一味だった。直虎が行方不明になったことで騒然となる井伊谷に、気賀の盗賊団から身代金を要求する書状が届く。一計を案じた井伊家の家臣たちに助け出された直虎だが、「領主は泥棒」という盗賊団のかしらの言葉が頭から離れない。そんななか、方久が材木の商いを直虎に提案。直虎は盗賊団のかしらを呼び出し「奪い合わずとも生きられる世を作り出せばよい」と話す。そして、かつて材木を盗んだ鮮やかな手口を生かして木の切り出しを請け負わないかと持ちかける。かしらは酔狂な申し出に驚くが、「つまりは己のため」と言いきった直虎のすがすがしさに打たれ、手を組むことを決める、という内容だった。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496021832

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ