女優

【女優】矢田亜希子の「20年間」ビフォーアフター写真が衝撃 18歳当時より“カワイイ”が進化

1 名前:ストラト ★@\(^o^)/>:2017/07/22(土) 12:05:13.43 ID:CAP_USER9.net

女優の矢田亜希子さんが7月21日、18歳当時と現在(38歳)の姿を比べた20年間のビフォーアフター写真をブログで公開しました。
あれ、矢田さんだけ時空がゆがんでるのかな?

同日に20年ぶりの続編が放送されるドラマ「ぼくらの勇気 未満都市 2017」に出演する矢田さんは、「20年前の私です! 当時18歳」と1997年の旧ドラマ出演時の初々しい写真を公開。
続けて、新ドラマのオフショットとして38歳となった現在の姿を披露し、20年が経過した結果さらにかわいくなるという魔法レベルのビフォーアフターを実現しています。
あか抜けない雰囲気が残る当時の写真も魅力的ですが、現在は大人っぽさはもちろん“カワイイ”にも磨きがかかっており破壊力抜群。
もうどういうこっちゃ……。

同ドラマは、KinKi Kidsのデビュー20周年記念作品。
旧ドラマは堂本剛さんと堂本光一の共演作として放送され、矢田さんは光一さん演じる新藤大和の恋人役で出演していました。
新ドラマでも現実と同じく20年後の世界が描かれ、矢田さんはシングルマザー役であることが明かされています。
何があったんだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000076-it_nlab-ent

現在38歳の矢田さん
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/21/l_fsfigyadaba01.jpg

すっぴんでも美しすぎる矢田さん
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/21/l_fsfigyadaba03.jpg

18歳当時の矢田さん
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/21/l_fsfigyadaba02.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500692713

【女優】「福岡で一番カワイイ女の子」はボディもスゴかった!注目の新人女優・今田美桜が初グラビアで初水着に挑戦

1 名前:ストラト ★@\(^o^)/>:2017/07/15(土) 09:13:02.33 ID:CAP_USER9.net

4月に「福岡で一番かわいい女の子」として注目を浴び、カンテレ・フジテレビ系『僕たちがやりました』(7月18日21:00)にもレギュラー出演予定の女優・今田美桜が、「週刊プレイボーイ」31号に登場する。

同誌に初めて出演した今田は、今回が初グラビア、初水着。
誌面では、その抜群のボディを披露している。

担当者は、「“福岡で一番カワイイ女の子”こと今田美桜ちゃん。そのキャッチコピーの通り、透明感と大きな瞳、グラビア映えする健康的なカラダがキュートでした!本人は『福岡にはもっとかわいい子、たくさんいたんだけどなあ(笑)』と謙遜していましたが。ただ、彼女“カワイイ“だけではなく、とっても努力家なんです。撮影中はスタッフに、どうすればもっと良く撮れるか?いいページになるか?ということを熱心に聞いている姿が印象的でした」と撮影時の様子を紹介。
カメラマンが、「彼女は、本当にすごい。逸材だ。本当にいろんな表情があるから、底が知れない……」とつぶやいていたことも明かし、「今後大女優になること必至、2017年下半期ブレイク必至の逸材です」と太鼓判を押した。

https://mdpr.jp/news/detail/1700729

「週刊プレイボーイ」31号 “福岡で一番カワイイ女の子”今田美桜
http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2017/07/aecc97e5b7bf476622f0cd88005894c3_a6a7558eb21bc222eba51f305b16bf45-515x727.jpg

http://cdn.mdpr.jp/photo/images/8d/f72/w600c-e_8afbd94a157454be385589f31f0e1565b103e8c3314d06e2.jpg

http://cdn.mdpr.jp/photo/images/50/865/w600c-e_5b62d8bf919959f34e1f3bfb06eb3479f46d64660ef7ea3f.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500077582

【女優】松井玲奈「舞台を観ていないのに書かれた記事は本当に悲しくて憤りを感じます」 的外れな記事に嫌悪感をあらわ

1 名前:ジョーカーマン ★@\(^o^)/>:2017/07/04(火) 12:54:41.33 ID:CAP_USER9.net

元SKE48の松井玲奈(25)が、自身の出演舞台を鑑賞せずに書かれた記事に「悲しくて憤りを感じます」と嫌悪感をあらわにした。

松井は現在、東京・下北沢の本多劇場で上演中の舞台「ベター・ハーフ」に出演中。
鴻上尚史氏の作・演出で、松井は風俗嬢で働きながらアイドルを目指す役を演じている。

松井は4日、ツイッターで「舞台を観ていないのに書かれた記事は本当に悲しくて憤りを感じます」と、的外れな内容の記事があることに触れ、
「伝えるお仕事をするのであれば、きちんと正しい事を伝えて欲しいものです」と苦言を呈した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-01849991-nksports-ent

松井玲奈出演 舞台「ベター・ハーフ」
http://pbs.twimg.com/media/DDOpJbrUQAA_4WM.jpg

http://pbs.twimg.com/media/DDE77tXVYAIRUHt.jpg

http://pbs.twimg.com/media/DDz_tsbV0AARVnJ.jpg

元SKE48 松井玲奈
http://pbs.twimg.com/media/DDEP6XkUAAA-58h.jpg

http://pbs.twimg.com/media/CEuNBw2UkAAnVC8.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499140481

【女優】脱アイドル・前田敦子が世界へ羽ばたく時「何もしないことが出来る役者ー前田敦子」

1 名前:ジョーカーマン ★@\(^o^)/>:2017/05/08(月) 11:33:36.07ID:CAP_USER9.net

東京が56年ぶりの五輪を迎える2020年、政治や経済、国際関係はどう変化しているのか。
スポーツや芸能、メディアや医療の世界には果たしてどんな新潮流が――。
各界の慧眼が見抜いた衝撃の「近未来予想図」。

3年後、日本を代表する女優として世界に羽ばたく女優は誰かーー。
気悦の映画監督・松江哲明氏が挙げたのは、今まさに注目を集め始めた若手女優3名だった。

(出典:文藝春秋2016年7月号)

何もしないことが出来る役者ー前田敦子

一緒に仕事をしたことはないが、作品のすべてを鑑賞し、追いかけているのが前田敦子だ。
正直、AKB48の頃よりも映画に出るようになってからが凄い。

映画『苦役列車』の80年代そのものを体現していたヒロインも素晴らしかったが、なんといっても映画『もらとりあむタマ子』の存在感が最高だった。
大学を卒業して実家に戻った中途半端な女子をただ、食っちゃ寝しながら演じる。
ただぼーっとしてるだけなのに、可笑しくて仕方ないという前田敦子にしか演じられないヒロインだった。
そんな彼女を見て、演技をしていないと言う観客もいるだろう。
だが、そこがいい。

演技ではなく作品の世界の中で生きる、それが出来る役者はそういない。
『苦役列車』『タマ子』の山下敦弘監督は彼女をただ立たせるだけでユーモアを醸し出していたが、『Seventh Code』の黒沢清監督はアクションにも挑戦させていた。
ウラジオストクを舞台にした先が読めない展開と後半のドンデン返しは、前田敦子だからこそ成立したのだろう。
何もしないことが出来る役者は、そこにいるだけでサスペンスになる。

僕は黒沢清監督のかつてのヒロイン、洞口依子のことを思い出さずにいられなかった。
だからこそ彼女に喜怒哀楽が必要とされるような分かりやすい芝居をさせる演出家を見ると「もったいない」と思ってしまう。

今の日本映画はそんな企画ばかりなのが残念だが、AKB48のセンターにいた経験値を持つ彼女が、何色にも染まらない魅力を持っているというギャップが面白いのだ。

前田敦子は4年後もつかみどころのないままスクリーンの中に存在し続けるだろう。
昭和の女優のように一切のプライベートを隠して生きることは不可能な現代だが、私生活がニュースになろうとも世間は彼女を消費できないだろう。
それも現代の女優の条件だと思うのだ。

(全文)
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170508-00002323-bunshun-ent&p=1

元AKB48 前田敦子
http://pbs.twimg.com/media/B5XuBlsCAAExz29.jpg

http://pbs.twimg.com/media/C67YTi1V0AAD8pP.jpg

http://pbs.twimg.com/media/C4TVoL6UoAAxpGO.jpg

http://pbs.twimg.com/media/C5VW147UMAEmTNK.jpg

http://pbs.twimg.com/media/BwmNi4jCYAAcWaB.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494210816

【女優】宮﨑あおい、二階堂ふみは何位?「演技力があると思う女優」ランキング

1 名前:きゅう ★@\(^o^)/>:2017/03/12(日) 06:13:55.08 ID:CAP_USER9.net

ドラマや映画で華々しく咲き誇る女優たち。目を引くのはその美しさだけではありません。さまざまな役を演じる彼女たちの演技に魅せられてしまいます。

 そこで女子SPA!では、今回は30代の女性を対象に、「この人、演技が上手いな~」と思う若手女優を聞いてみました(※)。

===============

演技力があると思う女優ランキング(複数回答)

10位 二階堂ふみ 11.5%

9位 真木よう子 13.0%

8位 黒木華 14.5%

7位 沢尻エリカ 15.0%

6位 多部未華子 15.0%

5位 蒼井優 15.5%

4位 尾野真千子 17.5%

===============

 10位には若手実力派、二階堂ふみがランクイン。映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭新人賞、映画『私の男』でニューヨーク・アジア映画祭ライジングスター・アワードなど数々の賞を受賞しました。彼女はあの若さでとても艶っぽいんですよね。同世代として映画『桐島、部活やめるってよ』などで同じく演技力に定評がある松岡茉優が15位に。

 23歳でベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した8位黒木華は、今最も将来を嘱望される女優の一人。先日発表された日本アカデミー賞では、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』で優秀主演女優賞を受賞しました。映画『小さいおうち』に代表される和装が似合うしっとりとした演技もさることながら、昨年はドラマ初主演を飾った『重版出来!』(TBS系列)の女性編集者役がとても可愛らしかったです。

 なお、昨年日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラは14位。彼女もドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系列)で初めてヒロインを演じ話題になりました。

 さて、黒木華と雰囲気がよく似ていると言われる蒼井優は5位。彼女も日本アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞の常連。映画『フラガール』『ハチミツとクローバー』などの透明感のある女の子役で光っていましたが、近年は映画『るろうに剣心』シリーズや映画『岸辺の旅』などで演じた芯の強い大人の女性役がハマっています。

◆3位 宮﨑あおい 21.5%

 宮﨑あおいも毎年のように日本アカデミー賞にノミネートされる本格派。今年は映画『怒り』で優秀主演女優賞を、映画『バースデーカード』で優秀助演女優賞を受賞しました。

『怒り』では役作りのために7kg増量したとか。訳ありのハスッパな女性も彼女が演じるとなんとも可愛くて魅力的。そして、恋人に対する愛情と疑念の間で激しく葛藤する姿が胸に突き刺さりました。いつまでも変わらないみずみずしさがあり、今の日本映画界になくてならない女優ですよね。

http://news.infoseek.co.jp/article/joshispa_20170310_00670404/
http://news.infoseek.co.jp/article/joshispa_20170310_00670404/?p=2


2 名前:きゅう ★@\(^o^)/>:2017/03/12(日) 06:14:09.63 ID:CAP_USER9.net

◆2位 菅野美穂 27.0%

『イグアナの娘』(テレビ朝日系列)に始まり、『働きマン』(日本テレビ系列)、『曲げられない女』(日本テレビ系列)など数多くの人気ドラマで主演を務めてきた菅野美穂。

 堺雅人との結婚・出産を経て昨年4年ぶりに『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系列)で連続ドラマの主演を務め、二人の子を持つ母親を熱演。そのダメ親っぷりに本気でイライラさせられたり、涙を誘われたり、衰えない迫真の演技で画面に引き付けられました。


3 名前:きゅう ★@\(^o^)/>:2017/03/12(日) 06:14:48.30 ID:CAP_USER9.net

◆1位 満島ひかり 43.5%

 堂々の1位にランクインしたのが、映画『愛のむきだし』で絶賛されて以来こちらもさまざまな賞を総なめにしている満島ひかり。

 昨年放送のドラマ『トットてれび』(NHK総合)では黒柳徹子を演じ、その完璧な役作りが注目されました。見た目はもちろん佇(たたず)まいも話し方もそっくり。アドリブは黒柳徹子本人に「いかにも私が言いそう」と評価され、彼女の演技にすっかりハマってしまった人が多かったよう。

 現在、ドラマ『カルテット』(TBS系列)に出演中。彼女の口から発せられるセリフは、抑揚や表情とともに惹きつけられます。

 優しくもタフな名女優たちの演技は見ていると思わず全神経を注いでしまいます。これからもうっとりしてしまう素敵な演技を期待!

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2017年2月18日~2月19日

有効回答者数:30代女性200名

<TEXT/林らいみ>



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489266835

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ