映画

【映画】人気漫画GANTZ作者・奥浩哉先生が映画銀魂を酷評「苦痛過ぎる2時間強でした」

1 名前:西野亮廣 ★@\(^o^)/>:2017/07/23(日) 02:26:31.60 ID:CAP_USER9.net

2017/7/21(金)18:22

バズプラス Buzz Plus
人気漫画「GANTZ」の作者であり、高評価を得た映画「GANTZ:O」の原作者でもある奥浩哉先生のTwitterコメントが、インターネット上で大きな注目を集めている。

・酷評ともいえる書き込み
週刊少年ジャンプの漫画作品を原作とする実写映画「銀魂」を奥浩哉先生が鑑賞し、その感想をTwitterに書いたのだが、その内容が酷評ともいえるものだったからである。以下は、奥浩哉先生のコメントの引用である。

・奥浩哉先生のコメント
「映画 銀魂、原作未読ですが観て来ました。大変大盛況で、場内ドッカンうけてました。自分的には福田監督作品だから観たのですが、苦痛過ぎる2時間強でした。世間とのズレを感じました」

映画 銀魂、原作未読ですが観て来ました。大変大盛況で、場内ドッカンうけてました。自分的には福田監督作品だから観たのですが、苦痛過ぎる2時間強でした。世間とのズレを感じました。

― 奥 浩哉 (@hiroya_oku) 2017年7月17日

・さすが物語を紡ぐ作家
酷評ともとれる書き込みでありながら、奥浩哉先生を責める怒りの声は限りなく少ない。それは、奥浩哉先生が誠実に「原作を未読であること」と「世間とのズレを感じたということ」を書いており、単なる批判ではなく、あくまで「原作未読の自分が観た感想」として書いているからである。ファンや原作者を責めたり、悲しませる書き方をしていないのだ。さすが物語を紡ぐ作家である。

・かなり苦痛だったようだ
この件に関して、映画評論家として有名な桃色のガンダルフ先生に話を聞いたところ「映画作品の感想として苦痛という言葉を使った時点で酷評しているといえるでしょう。お金を払って苦痛を買ったということになりますから、よほど酷かったのでしょう」と語っていた。

http://buzz-plus.com/article/2017/07/21/gintama-gantz-movie/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500744391

【映画】スタジオジブリ映画を米メディアPaste Magazineがランク付け

1 名前:湛然 ★@\(^o^)/>:2017/07/20(木) 21:17:42.68.net

2017/07/20 15:56

スタジオジブリ映画を米メディアPaste Magazineがランク付け

スタジオジブリ映画を米国のエンタテインメント系メディアPaste Magazineがランク付け。

※『風の谷のナウシカ(英タイトル:Nausicaa of the Valley of the Wind)』はスタジオジブリの前身トップクラフト制作のためリストから除外されています


20. Tales From Earthsea (2006)  ゲド戦記 Director: Goro Miyazaki

19. My Neighbors the Yamadas (1999)  ホーホケキョ となりの山田くん Directed: Isao Takahata

18 The Secret World of Arrietty (2010)  借りぐらしのアリエッティ Director: Hiromasa Yonebayashi

17. The Tale of the Princess Kaguya (2013) かぐや姫の物語 Director: Isao Takahata

16. Only Yesterday (1991)  おもひでぽろぽろ Director: Isao Takahata

15. Pom Poko (1994)  平成狸合戦ぽんぽこ Director: Isao Takahata

14. The Cat Returns (2002)  猫の恩返し Director: Hiroyuki Morita

13. Kiki’s Delivery Service (1989)  魔女の宅急便 Director: Hayao Miyazaki

12. When Marnie Was There (2014)  思い出のマーニー Director: Hiromasa Yonebayashi

11. Whisper of the Heart (1995)  耳をすませば Director: Yoshifumi Kondo

10. My Neighbor Totoro (1988)  となりのトトロ Director: Hayao Miyazaki

9. Castle in the Sky (1986)  天空の城ラピュタ Director: Hayao Miyazaki

8. Grave of the Fireflies (1988)  火垂るの墓 Director: Isao Takahata

7. Porco Rosso (1992)  紅の豚 Director: Hayao Miyazaki

6. Ponyo (2008)  崖の上のポニョ Director Hayao Miyazaki

5. From Up On Poppy Hill (2011)  コクリコ坂から Director Goro Miyazaki

4. Princess Mononoke (1997)  もののけ姫 Director Hayao Miyazaki

3. Howl’s Moving Castle (2004)  ハウルの動く城 Director: Hayao Miyazaki

2. The Wind Rises (2013)  風立ちぬ Director: Hayao Miyazaki

1. Spirited Away (2001)  千と千尋の神隠し Director: Hayao Miyazaki


詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
https://www.pastemagazine.com/articles/2017/07/monumental-miyazaki-the-movies-of-studio-ghibli-ra.html


http://amass.jp/91728/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500553062

【映画】期待が大きすぎ?「ジェネリックジブリ」こと『メアリと魔女の花』、微妙な興行収入に

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/>:2017/07/19(水) 05:34:34.89 ID:CAP_USER9.net

7月10日、興行通信社より同月8、9日分の週末映画興行成績が発表。
『借りぐらしのアリエッティ』(10年)や『思い出のマーニー』(14年)の監督で知られる米林宏昌監督をはじめとする、元スタジオジブリのスタッフが多く集結し制作された『メアリと魔女の花』の初週末映画興行収入は、2日間で動員32万4,000人、興収4億2,800万円。
前週公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に大差をつけられての2位発進という、大ヒットとも大コケともいえない微妙なスタートとなった。

米林監督の過去作品では、『借りぐらしのアリエッティ』は初週末で興収約9億円(最終興収約92.5億円)、『思い出のマーニー』は初週末が約3億7,900万円(最終興収約35.3億円)といった数字を残している。
一部スポーツ紙などで、8日午後時点の数字を取り上げ「興行収入50億円狙える好スタート!」といったニュースを報じたメディアもあったが、過去作品の推移を考えれば50億の大台到達は厳しくはないだろうか。

それでも最終興収約35.3億円だった『思い出のマーニー』の初速は上回っている。
『マーニー』を基準に考えれば40億円ちょっと程度の興収は見込めそうで、本来ならば充分ヒット作といえる。

だが、『メアリと魔女の花』は全国366館458スクリーンで封切と、なかなかの大規模上映。
あわせて日本テレビ系のバラエティー番組へ、主演の杉咲花や神木隆之介が多数出演して作品を宣伝していたこと、さらに特番までもが放送されてたいたことを考えると、やや物足りない数字だ。

「作画や美術、音楽などは非常にクオリティーが高いのですが、“ポスト宮崎駿”“ポストジブリ”という色メガネで見るからでしょうか、過去のジブリ作品の良いトコどりを狙った作品と感じました。
また、物語はきれいにまとまっていますが、その分ワクワクするものがないというか……。
宮崎駿監督の過去ヒット作にはシナリオ上での無理が多少ありましたが、ワクワクするシーンを優先するために、無理を押し通していましたし、スタッフにムチャも要求していました。
そういったアクの強さが、穏やかで優しくて常識人な米林監督には足りないのかもしれないと、個人的には思います」(アニメ誌ライター)

なおSNS上では『メアリと魔女の花』観賞後の感想として、“ジェネリックジブリ”という単語がプチ流行中だ。
「一般的な」「ブランドに囚われない」といった意味の英単語ジェネリック。
「ジェネリック医薬品」(「新薬」の特許が切れた後に販売される、成分・効果は「新薬」同様ながら廉価な医薬品)を連想する向きも多いだろうが、つまり「ジブリらしい要素が多いが、ジブリの看板は掲げていない。
後発でやや安易に感じられる作品」といった意味合いがこもったネットスラング。

こんな感想がファンからもれてしまうのも、それだけ“ポスト宮崎駿”“ポストジブリ”のハードルは高かった、ということだろう。
とはいえ、一本の長編アニメ映画として見れば、『メアリと魔女の花』はクオリティーも興行収入も充分合格点の作品だ。

幅広い層に受けいれられそうな内容で、これから夏休みシーズンに入ることを考えれば、大きな伸びを見せる可能性もあり得る。
7月15、16日の週末興行収入ランキングが気になるところだ。

加えて、8日に行われた初日舞台挨拶では、「宮崎駿監督から学んだことなどが大好きで、それと同時に宮崎監督を超えていかなければならないと思っていた。
スタジオジブリを乗り越えていく気持ちで作った」と、考えてはいても、なかなか口に出せないコメントを米林監督は残している。
未見のファンは、重すぎる看板を背負ったクリエーターの覚悟がこもった一作をチェックしてみてはどうだろうか。

http://biz-journal.jp/2017/07/post_19832.html
http://biz-journal.jp/2017/07/post_19832_2.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500410074

【映画】『マクロス』ハリウッド実写映画化、『MAMA』監督がメガホンか

1 名前:ゴアマガラ ★@\(^o^)/>:2017/07/18(火) 23:13:28.97 ID:CAP_USER9.net

日本のアニメ『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』の3作品を再編して制作した1980年代のアメリカのアニメ『Robotech(原題)』。
米ソニー・ピクチャーズが実写化を進めていたが、映画『MAMA』のアンディ・ムスキエティが監督を務めるとThe Hollywood Reporterが伝えた。

2007年頃から浮上していた『Robotech(原題)』実写企画。米ワーナー・ブラザースからソニー・ピクチャーズに映画化権が移り、
2015年頃からハリウッド実写化に関するニュースが流れていた。一時期はホラー映画『ソウ』や『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン監督がメガホンを取ると伝えられたが、
ワン監督は俳優ジェイソン・モモア主演のDCコミックヒーロー映画『Aquaman(原題)』の撮影に入るため、『Robotech(原題)』企画から手を引いた。

ムスキエティ監督のクリエイティブパートナーで妹のバルバラ・ムスキエティが、映画『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』のジャンニ・ヌナリとマーク・キャントンといった製作陣に加わるとのこと。
以前は『300 <スリーハンドレッド>』のマイケル・B・ゴードンが脚本を執筆すると伝えられたが、現在、ムスキエティ兄妹がスタジオ側と共に脚本家の選定を急いでいるという。

 『Robotech(原題)』は南太平洋の島に墜落した異星人の宇宙船から得た技術を用いて製造した巨大ロボットと人類が、異星人の侵略から地球を守るために戦うさまを描く。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00050736-crankinn-movi



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500387208

【映画】土屋太鳳、「痩せろ」アドリブに「そこそこスリムだろうが!」心からの叫び

1 名前:湛然 ★@\(^o^)/>:2017/07/17(月) 18:00:12.79 ID:CAP_USER9.net

[2017/07/17]

土屋太鳳、「痩せろ」アドリブに「そこそこスリムだろうが!」心からの叫び


テイクオフイベントに、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督とともに登場した。

同作は中村航の小説を実写化し、鳥人間コンテストに挑む人力飛行サークルを舞台にした青春ラブコメ。
土屋演じる鳥山ゆきなが、イケメンの先輩・高橋圭(高杉真宙)に一目惚れし、人力飛行サークルに入会、"狂犬"と呼ばれる先輩・坂場大志(間宮祥太朗)や親友の島村和美(池田エライザ)らと鳥人間コンテストに挑む。

出演者陣のアドリブにより台本のセリフがほぼ変わったという同作だが、間宮は土屋が素で笑ってしまった箇所があると暴露。
2人で睨み合うシーンで、間宮が土屋におでこをつけながら進んだために、土屋が笑いをごまかした場面が、完成した映画にも映っているという。

土屋は「私も真剣勝負だと思ってるんです。気合いを入れて攻めの姿勢で」と心境を語りつつ、「(間宮が)あまりに素晴らしい攻めの姿勢でくるので、もうすごかったですね」と、間宮を称賛。
さらに間宮は「僕が(土屋を)おんぶしたのを落として、『お前ちょっと重いぞ、痩せろ!』と言って、(土屋が)『そこそこスリムだろうが!!』と言うのは、僕と監督の中では土屋太鳳個人的な叫びだろうと」とエピソードを披露した。

間宮のアドリブでの「痩せろ」セリフに、土屋は「ちょっと体重落としたんですよ。それなのにまだ痩せろと。『そこそこスリムになっただろう!』という心の叫びになっちゃったのかな」と苦笑。
間宮が「あれ、俺と監督は好きですよ」と優しく声をかけると、土屋は「ちゃんと考えてアドリブを出したいんですけど、トリガールの場合は考える時間もないので」と撮影現場の様子を振り返った。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


http://n.mynv.jp/news/2017/07/17/096/images/001l.jpg

http://n.mynv.jp/news/2017/07/17/096/images/005l.jpg

https://storage.mantan-web.jp/images/2017/07/17/20170717dog00m200005000c/019_size6.jpg

http://news.mynavi.jp/news/2017/07/17/096/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500282012

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ