朝日新聞

【朝日新聞】「もっとも信用できない新聞」すべての世代で1位に輝いたのは?…「信頼できる新聞」1位は日経

1 名前:江戸領内小仏蘭西藩 ★>:2018/10/14(日) 17:56:13.33 ID:CAP_USER9.net

最近は紙の新聞を目にする機会も減りつつあるが、その信用度を調査。
2018/10/14 10:30
https://sirabee.com/2018/10/14/20161827239/
https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/GettyImages-72541171-768x512.jpg

(Dave & Les Jacobs/iStock/Getty Images Plus)

紙の新聞をとっていない人は、増え続けている。ウェブに配信された記事は見たことがあっても、紙の新聞を目にしたことがない人さえ、今後は増えていくことだろう。
新聞メディアが担ってきたものは、高い取材力と深い知見からの分析、それらが裏付ける情報の信用度だ。では逆に、今、信用されていないのは、どの新聞なのだろうか。

■「朝日新聞」が4割

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,344名を対象に調査したところ、「もっとも信用できない」と答えた人が一番多かったのは、朝日新聞で男性の44.2%、女性では少し下がって34.7%を占めた。
https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/sirabee20181010newspaper1-768x499.jpg

2位の読売新聞は、男女差が逆で、女性のほうが約5ポイントほど信用していない割合が高い。僅差で産経新聞が続き、もっとも少なかったのは、日経新聞という結果となった。

日経は、「信頼できる新聞」という調査でも1位に輝いていたため、納得できる結果と言える。

■若い男性の朝日不信が目立つ

では、今回1位となった朝日新聞は、実際にどのような人たちに信用されていないのだろうか。男女年代別で見てみると…
https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/sirabee20181010newspaper2-768x475.jpg

どの年代でも、男性の不信感が女性を大きく上回っている。とくに30代男性では5割に及んだ。また、60代では男女とも比較的低いが、すべての世代で1位に選ばれている。

「ネトウヨ」などと呼ばれるような一部の人から批判的に見られているのではなく、かなり多くの人たちが疑いの目を持っているというのは、認識しておいたほうがよさそうだ。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539507373

【朝日新聞】ワールドカップ決勝 VARは最後まで試合に水を差した

1 名前:(^ェ^) ★>:2018/07/17(火) 07:12:27.69 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000088-asahi-spo

(15日、フランス4―2クロアチア ワールドカップ決勝)

 決勝が今大会を象徴していたように思う。

 前半の3ゴールが示したのは、セットプレーの重要性。フランスは勝利には優れた個と整備された組織の両方が必要なこと、クロアチアは攻守で自ら仕掛けることがいかに大切で心を打つか。そして、最後まで試合に水を差したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)である。

 全64試合の平均得点は2・64で、0―0は1試合のみ。1次リーグから見応えある試合が多かった。

 日本以外にアジア、アフリカから16強に残った国はなかったが、かつて強豪がした、1次リーグでエンジンを温めておいて決勝トーナメントにピークを持っていくような余裕はなくなった。前回王者の1次リーグ敗退は3大会連続。4年前に突出していたドイツですら世代交代を含めた進化を怠れば失速した。

 準決勝を終えた翌日に、興味深い言葉を聞いた。大会を分析するテクニカル・スタディー・グループ(TSG)から出てきた「グアルディオラ・エフェクト(効果)」。W杯に参加していない知将の影響が強く出ているという。

 現在、イングランドのマンチェスター・シティーを率いるグアルディオラ監督は、スペインのバルセロナで2008~12年の4季、ドイツのバイエルン・ミュンヘンで13~16年の3季を指揮した。

 それぞれのクラブの所属選手を中心にしたスペインが10年、ドイツが14年にW杯で優勝。グアルディオラ監督の後を追うようにして王者が生まれている。今大会はイングランドが28年ぶりに4強入りした。

 TSGのロクスブラ氏は「ポゼッションはただボールを保持するのが目的ではなく、攻め崩すためのものでなければならない」と警鐘を鳴らした。グアルディオラが広めたポゼッションサッカーに偏ったドイツは、4年前の成功体験に酔っているように見えた。模倣で終わらず、独自の発想で戦術を発展させ続ける必要性を感じる。

 ポゼッションか、縦への速い攻めかといった二者択一の議論は時代遅れだ。ベルギーやクロアチアのように試合や相手に応じて変化できるチームを作ること。それは今大会で日本が学んだことにも通じている。(潮智史)



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531779147

【朝日新聞】 指原の24万票どこへ? AKBオタたちのどぶ板選挙・・・ちゃいさん(56) 「昨年、家を売って資金を捻出した」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★>:2018/06/15(金) 13:36:14.10 ID:CAP_USER9.net

今年で10回目となるAKB48世界選抜総選挙が16日、ナゴヤドームで開票される。

前田敦子さん、大島優子さんなど、かつてセンター(1位)をめぐって注目を集めた1期生の多くは卒業し、
3連覇を達成した指原莉乃さん(さっしー)は、今回不出馬。

ビッグネームが去っていまいち盛り上がりに欠けるように見えるが、気になるのは昨年24万6千票と過去最多だった「指原票」の行方だ。

指原さんの最強の集票組織「指原会(さしはらかい)」のオタたちは、現状をどう見ているのか。得票を支えたお金はどこへ――。
総選挙直前の握手会に潜入した。

晴天の6月某日。握手会の会場であるパシフィコ横浜のホールに入ると、黄色いシャツの集団は、
やはりラウンジスペースの中で最も目立つ最前列にいた。指原会の会員たちだ。

「正直、これで(お金の工面から)楽になれるという気持ちが80%。寂しさが20%です」

そう話すのは、古参会員のマックさん(44)。第1回の総選挙から投票してきた。
これまでは絶対にさっしーを1位にするという義務感と使命感、同時に絶対に負けられないという気負いがあったという。

福井在住のマックさんはこの日、握手券を持っていないのに、名古屋で他の仲間を乗せ、横浜に車で駆けつけた。
指原会の会員はSNS上のコミュニティーで4396人。指原さんの地元大分には大分応援支部があるなど、全国に仲間がいるという。

会員は毎週のようにある全国各地の握手会やコンサートなどのイベントに顔を出す。
集まって飲み会をするのが恒例行事で、「いつも10~20人くらいはいる。表で活動しているのは50人くらいかな」という。

マックさんはほぼ毎週、顔を出す常連会員だ。「たいした額じゃない」と謙遜するが、この10年間で「レクサスが買えるくらい」の資金はつぎ込んだという。
「総選挙の日はもう心臓バクバク。追われるプレッシャーがあって、無事終わると高揚感と達成感があった。さっしーが出ない今年は、それが味わえないと思うと寂しいですね」

だが、投票に参加しないわけではない。マックさんは昨年の半分以下の資金を投じて投票権を複数購入。
2推し(お気に入り2番目)、3推し(同3番目)などに分散して投票するという。

「総選挙は祭り。祭りには参加するけど、今年は担ぎ手というより観客。ゆっくり見ます」

他陣営からは「今年は立候補しないんですよね」と、やんわり支援をお願いされることはある。
だが、指原会としての投票方針はないため、指原票がまとまって他陣営に流れるということはないだろうという。

指原さんは去年、過去最多得票である24万6376票を獲得した。投票にはCDを購入して投票用紙を得る方法(1646円)や、
ファンクラブの会員になる方法(300~400円程度)などがある。

指原会の独自分析によると、平均して1票1千円程度。つまり、指原さんには昨年、2億4千万円超のお金が投入されたことになる。
ちなみに2位の渡辺麻友さん(卒業)は14万9132票。推定1億5千万円。この2人が抜けた約40万票(約4億円)は、いったいどこに向かうのだろうか。

昨年「家を売って資金を捻出した」というちゃいさん(56)は、「今年の投票総数は去年ほど多くないだろう」と推測する。
「去年は、さっしーの有終の美を飾るために、保険を解約したり、家電を売ったりする猛者がけっこういた。
今年はそこまで気合が入った話は他からも聞かない。総数としては低調なのでは」

そんなにお金と時間をつかって、家庭は大丈夫なのだろうか。

マックさんは独身、職業はプログラマー。指原さんに捧げた33~43歳の10年間は、一般的に婚活期でもあった。
「彼女がいた時期もありましたよ。でも、結婚にはご縁がなかった」。独身主義というわけではないそうだ。

では、指原さんは恋愛対象? 「ガチコイ(恋愛対象)は絶対にない。むしろ家族愛に近い」ときっぱりと否定した。

一方、家を売ったちゃいさんはバツイチ。いろいろあって、今はこのコミュニティーが癒やしの場だという。
https://www.asahi.com/articles/ASL6G5HQ6L6GUEHF009.html?iref=comtop_8_08



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529037374

【朝日新聞】麻生財務相、五輪最多メダルに「コーチにカネかけた結果」

1 名前:(^ェ^) ★>:2018/02/27(火) 17:54:41.22 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000012-asahi-pol

■麻生太郎財務相(発言録)

 (平昌五輪で冬季最多の13個のメダルを獲得したことについて)やっぱりきちんとした成果を生むんだったら、資金を集中させる、選択と集中は絶対大事だという話をだいぶ前に、(参院議員で元スピードスケート選手の)橋本聖子先生とさせてもらった。それは着々と進んだんですよ。例えば、日本スキー協会はノルディックに資金を集中させ、(複合の個人ノーマルヒルで渡部暁斗選手が)メダルをとった。そういったのが、成果として出てきている。

 どこにカネをかけているかと言ったら、コーチにカネをかけた。カーリングも外国人。コーチとか、そういうものの大事さっていうのをおよそ理解してないとダメです。(閣議後の記者会見で)



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519721681

【朝日新聞】 テレビ業界、揺らぐ人気指標・・・最近フジテレビは視聴率大苦戦だが、局別録画数ランキングではフジテレビが1位だ

1 名前:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/>:2015/05/07(木) 09:46:20.92 ID:???*.net

数字の大小にテレビ局が一喜一憂する視聴率。本格的な調査が始まった1960年代以降、企業がCMを出す際の「広告指標」として、
そして番組の人気を社会が共有する「文化指標」としての役割も果たしてきた。しかし近年、テレビの見方が多様化するなかで、曲がり角を迎えている。

3月まで続いた冬季の連続ドラマの最終回。放送中に見た割合を示す世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で比べると、
NHKの「マッサン」が23・2%で圧勝。多くの民放ドラマは1桁台に沈んだ。

だが同じビデオ社の調査でも、一般には非公表の1週間以内の録画再生率(タイムシフト視聴率)を見ると、
「マッサン」は6・1%。視聴率11・3%だった「ウロボロス」が録画では9・1%と、「マッサン」を上回る。

「録画してまで見た番組」とモノサシを変えれば、人気の別の側面が浮かび上がってくる。
日本テレビが首位を独走、フジテレビは大苦戦――。世帯視聴率で見た最近の民放各局の状況だ。

だが調査会社データニュースの局別録画数ランキングでは、昨年1位はフジ、日テレは2位。
同社の大石庸平研究員は「フジは録画されやすいドラマを多く放送しているため、上位に入りやすい」と分析する。

世帯視聴率は、家庭のテレビで、放送中に見ることを前提に生まれた指標だ。
戦後、街頭テレビでプロレス中継を見ていた人々は、59年の皇太子ご成婚パレードや64年の東京五輪を機にテレビを買う。
62年、テレビ局や広告会社などがビデオ社を設立。63年のNHK紅白歌合戦は視聴率81・4%、83年11月12日の「おしん」は62・9%を記録した。

高視聴率をメディアが報じ、世間の話題になってさらに視聴率が上がる――そんな好循環の中で、「みんなが見た番組」は国民の関心事となった。
ところがデジタル化の進展で、テレビ番組はいつでもどこでも見られるものになった。2000年代以降、大容量の録画機器や、
携帯電話などで見られるワンセグが普及し、番組のネット配信も拡大。録りためたドラマを週末にまとめ見するスタイルも一般化した。

ビデオ社によると、午前6時~深夜24時の総世帯視聴率(関東地区)は、03年の44・4%から13年の41・7%に落ちている。

たとえば視聴者が「絶対見逃せない」と思う番組を録画し、ブルーレイディスクに大事に保存したとしても、その行為が世帯視聴率に反映されることはない。
リサーチ評論家の藤平芳紀さんは「視聴率調査は半世紀以上大きく変わっておらず、番組の人気を測る尺度とは言えなくなってきている」と指摘する。

90年代には視聴率20%超えが当たり前だった連続ドラマも、最近は1桁台に低迷することが珍しくない。
一方で、「家政婦のミタ」や「半沢直樹」のように、ソーシャルメディアで人気が拡散し、ヒットにつながるケースも生まれている。

NHKは、録画再生やネットも含め、視聴者の番組への接触の全貌(ぜんぼう)を把握するための評価手法「トータルリーチ」の開発を掲げている。
他方、民放各局の中では、従来の視聴率を支持する声が根強い。

「視聴率は『共通の通貨』として機能している」(日テレ・小杉善信専務)。「本当に見たい番組は、家に帰って生で見る」(フジ・大多亮常務)。
「リアルタイムで見てもらうのが第一目標」(TBS・伊佐野英樹編成局長)。

もし録画再生率を視聴率に加算できれば、テレビ局はCM料金の値上げを狙える。しかし、そのためには「CMがどれだけスキップされずに見られたか」というデータの開示が不可欠だ。
民放関係者は「スポンサーは『ではリアルタイムのCMは実際どれだけ見られているのか』と言い出し、
値上げを渋るだろう。ヤブ蛇になるのが怖いから、各局とも録画再生率に慎重にならざるを得ない」と明かす。

コラムニストの小田嶋隆さんは言う。「テレビの観客席として存在してきた『お茶の間』が消え、いまは混沌(こんとん)とした状態。
広告業界が必要とする以上、マーケティング指標としての視聴率がなくなることはない。しかし、人々が横並び意識を脱して流行への追随をやめるなか、文化指標としての価値は失われつつあるのではないか」
http://www.asahi.com/articles/ASH3Z5S6WH3ZUCVL01W.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20150504002177_comm.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430959580

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ