東京五輪

【東京五輪】マスコット3案発表 小学生投票で選考

1 名前:あちゃこ ★>:2017/12/07(木) 11:58:10.17 ID:CAP_USER9.net

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日午前、大会マスコット候補の3案を
発表した。全国約2万校・28万クラスの小学生が1クラス単位で今月11日~来年2月22日の
期間で投票し、1票でも多い得票作品が採用される。組織委以外の一般市民が投票し、マスコットを
決めるのは五輪史上初めて。結果発表は同28日。

 今年8月、一般公募で集まった2042件から絞られたア、イ、ウの3案。五輪とパラリンピックの
マスコットはそれぞれ対になっている。以下は、原作者が応募した際のマスコットプロフィルの要約。

 ◆ア案

 「五輪版」…大会エンブレムでも使われている青い市松模様をあしらった、伝統と近未来性を
併せ持つキャラクター。伝統を大切にし、常に最新情報をキャッチ。瞬間移動ができる。

 「パラリンピック版」…ピンク色の市松模様で、桜の触角があり、超能力を持つ。自然を愛し、
石や風と話せて、見るだけで物が動かせる。

 「共通点」…性格は正反対も、お互いを認め合う大の仲良し。

 ◆イ案

 「五輪版」…福を呼ぶ招き猫や神社のキツネがモデル。日本を暖める炎と大地から生まれた。
お祭りの活気を伝え、炎の尻尾で人々に元気を与える。縁側で昼寝をするのも好き。

 「パラリンピック版」…神社の守り神、こま犬がモデル。雲がモチーフのたてがみなど、
日本に四季を呼ぶ風と空をイメージした。枯れ木に花を咲かせることもできる。

 「共通点」…日本の大地や大空を舞台に競い合っている。

 ◆ウ案

 「五輪版」…日本昔話の世界から飛び出してきたキツネをイメージし、日本古来の勾玉(まがたま)を
眉やほおにあしらった。人懐っこいリーダータイプで、風の精霊と一緒に応援する。

 「パラリンピック版」…日本古来の化けるタヌキがモデルで、頭の上の葉っぱで、自由に変身できる。
おっとりしながらも、ムードメーカーで、森の精霊と一緒にみんなを盛り上げる。

 「共通点」…おめでたい紅白カラーに金の水引を背負っている。

 決定マスコットの名前は来年7~8月に発表予定。一般公募ではなく、専門家に業務委託し、
複数案をマスコット審査会に提示。決定案の作者も入り、数案に絞り込む。その後、国内外の
商標調査にかけ、決定する。

 五輪でマスコットが初登場したのは1968年グルノーブル冬季大会(フランス)。
パラリンピックでは80年アーネム夏季大会(オランダ)。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/sports/news/201712060000794_m.html?mode=all
2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコット候補の最終3案
https://www.nikkansports.com/sports/news/img/201712060000794-w500_0.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512615490

【東京五輪】<久米宏>「五輪開催反対声明」に猛抗議した組織委を「バカ!」の激烈ケンカ応酬!

1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2017/08/17(木) 07:06:06.21 ID:CAP_USER9.net

今、あるキャスターの発言に東京五輪の組織委員会が怒り心頭だという。久米宏による東京五輪開催反対の声だ。そして一介のテレビタレントである彼の意見を受けて、組織委員会が乗り込んできたというからはタダ事ではない。いったいどうしたというのか。

「久米は以前から2020年東京五輪の反対派として『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)でずっと開催中止を訴えていました。理由としては、暑い夏の開催は選手の体を無視していること、日本の全機能が一極集中し、今後大規模な地震も起きかねない東京で開催することの危険性。そして五輪より年金や東日本大震災の復興など解決しなければならない問題が山積しているといったことを主張しています」(芸能ライター)

 そして先日、ある夕刊紙のインタビューで同じような論調で答えたところ、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から一通の手紙が久米のもとに届いたというのだ。

 その内容は、久米の「8月、酷暑の東京での五輪開催は無謀」という主張への反論だったという。

 ここからは久米が、8月12日の同番組内で朗読した、委員会からの手紙の文面を起こしてみたい。

「第32回オリンピック競技大会においては招致の段階で、開催時期は2020年7月15日から8月31日の期間から選択するものと定められていました。この期間外の開催日程を提案した招致都市は、IOC理事会で正式に候補都市としてすら、認められていませんでした」

 つまり2020年の五輪は最初から夏開催を前提に候補都市を募っており、夏以外の開催を申し込んだ都市は候補都市から真っ先に外れたというのだ。これに対して久米は、「いかにバカかわかるでしょう」と斬り捨て、こうまくしたてた。

「日本にオリンピックを招致した人たちは、夏の開催だということを承知して引き受けたんです。つまり、東京オリンピックに世界中から集まるアスリートたちのコンディションを考えてるんじゃない。オリンピックを招致することがいかに大切かを考えたんです。アスリートファーストなんていうのはウソ八百なんです」

 さらに、「期間をIOCが決めてて、それ以外の開催時期が選べなかったんだから、しょうがないじゃないかとすべての責任をIOCに押し付けているんです」とも。痛烈だったのは「彼らはスポーツマンを愛しているわけではない。オリンピックだけを愛している」という言葉だった。

 久米はこの五輪トークの最後に、「組織委員会の広報の方は、今日の放送をどうお聴きになったか、またご感想があったら送ってください。またご紹介したいと思います。よろしくお願いします」と締めくくった。この激烈バトルの行方は果たして──。

(魚住新司)

2017年8月16日 17時59分 アサ芸プラス
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13480800/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/2/c2486_1141_d36f76e9_3af3be46.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502921166

【東京五輪】マクドに代わる軽食店舗の設置を検討 組織委

1 名前:シャチ ★@\(^o^)/>:2017/08/07(月) 19:44:51.03 ID:CAP_USER9.net

8/7(月) 14:45配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-01868504-nksports-soci
画像 ドナルド
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170807-01868504-nksports-000-11-view.jpg

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、都内で飲食戦略検討会議の第5回会合を開き、
米ファストフード大手「マクドナルド」に代わる選手村の軽食店舗の設置を検討することを明かした。
同社は6月、国際オリンピック委員会(IOC)のトップスポンサーから撤退していた。

 パラリンピックの射撃競技に12年ロンドン大会まで3大会連続出場した田口亜希氏は、
聞き取り調査した選手たちの意見として「マクドナルドの代わりに何が入るのかを気にしている」と紹介し、
「マックにはサラダパックのような商品があり、それを食べれば野菜が取れる利点があった」と語った。
組織委担当者は「東京大会では選手村にマクドナルドの出店はないとの前提で対応する」と説明した。

 同社はIOCスポンサーの「食品小売り」というカテゴリーだった。担当者によると、すぐに同カテゴリーの
スポンサーが見つかる状況にはないため、東京大会では代替案を組織委が検討し、対応する。ただし、
「マクドナルドのノウハウはものすごく、ハンバーガーを同じような量と速度で提供するのは難しい」と語った。

 組織委は今後、選手村にマクドナルドの代わりとなる店舗の設置を検討するため、これまで選手たちが
同社に何を求めていたのかを調査する。同会議の座長で日本家政学会食文化研究部会長の大久保洋子氏は
「求めていたのはハンバーガー自体なのか、ポテトなのか、軽食形態なのか。または全世界にあり、
慣れ親しんでいるからなのか。調べる必要がある」と述べた。

 マクドナルドのようなファストフード店舗を設置する場合、選手村や各会場の食事提供を担う業者と同じように、
組織委が業者を選定することとなる。飲食戦略の策定は17年度中に行い、18年度に委託業者の選定、
19年度にはメニューを決め、IOCの承認を得る流れ。

 東京大会の選手村で提供されるファストフードはハンバーガー、ホットドッグ、
はたまた日本らしく「おにぎり」となるか、さまざまな可能性を検討していく。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502102691

【東京五輪】エンブレム浴衣 ドン小西「平凡すぎ!」と斬る

1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/>:2017/08/02(水) 07:09:36.63 ID:CAP_USER9.net

東京2020オリンピックエンブレム浴衣が大会組織委員会の公式オンラインショップなどで販売開始された。7月24日、「東京五輪音頭─2020─」の制作発表会で、元サッカー女子日本代表の澤穂希さんらがお披露目。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックをした。

*  *  *
 この浴衣のニュースで、コメンテーターが言ったんだよ。「浴衣の柄にもなるエンブレムに変えて、よかったですね」って。はあ?だよ。たしかにこの組市松紋、お祭りのはっぴやら浴衣やら、和のグッズに使いやすい。でもそれって、どっかで見た柄ってことだからさ。新しさもなければ、おもしろさもない。あたしがエンブレム選考委員なら、真っ先に落としたね。

 この浴衣だって、オリンピックっていうかスーパーの吊るしの浴衣そのまんま。おまけに半世紀前に作られた東京五輪音頭まで、ゾンビみたいに生き返ったっていうじゃない。国内なら手っ取り早く受け入れられるかもしれないが、世界に未来を語るようなメッセージとは、ほど遠いっつうの。

 こう考えると、今回の五輪絡みのデザインで、一番いいのはザハが設計した新国立競技場だな。当時、森喜朗会長が生牡蠣って酷評してたけど、老人たちが顔をしかめるデザインこそが、先端で、かっこいいってことだわ。ま、こうなったら、この凡庸なエンブレムで最中や饅頭なんかも作って、じゃんじゃん内需で稼いでくださいね。

※週刊朝日  2017年8月11日号

更新 2017/8/2 07:00
https://dot.asahi.com/wa/2017080100059.html
https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2017080100059_1.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501625376

【東京五輪】Dr.マシリトこと鳥嶋氏、東京五輪マスコット審査会員に。「ださいキャラが出迎えるわけには…」

1 名前:渋柿の木 ★@\(^o^)/>:2017/05/22(月) 22:17:03.50 ID:CAP_USER9.net

20年東京五輪・パラリンピックの大会公式マスコット審査会に、主人公のアラレちゃんが人気を博した漫画「Dr.スランプ」に
「Dr.マシリト」というキャラクターで登場したことでも知られる、元週刊少年ジャンプの編集者で、
現白泉社社長の鳥嶋和彦氏が加わったことが22日、明らかになった。

さまざまな漫画、ゲームのキャラクターを扱ってきた鳥嶋氏は
「小学生は大人が嫌いなものが好き。アラレちゃんのうんちが代表的だと思う。子供と大人の感覚の違いをどう埋めていくかが僕の役割だと思う」と、あいさつ。
「リオ(五輪)にマリオが迎えにいった以上、東京でださいキャラクターが出迎えるわけにはいかない」と、
伝説的な大ヒット作「ドラゴンボール」を世に送り出したことでも知られる編集者らしく、力を込めた。

20年東京五輪・パラリンピック組織委員会はこの日、一般公募で決定する大会公式マスコットの応募要項と、スケジュールを発表した。
8月1日から14日まで大会公式サイトで募集し、形式のチェック、マスコット審査会による審査、商標などの調査を経て、
今年12月初旬に最終候補作品(3~4つ)を発表。全国の小学生によるクラス単位の投票により、最終決定する。

デザインは18年3月に決定。ネーミングの選考を経て、18年夏に正式発表となる。

絞り込みはこの日、第1回会合を行ったマスコット審査会(宮田亮平座長、文化庁長官)などが行う。
審査会には“しょこたん”ことタレントの中川翔子さんらが選考要項などをまとめたマスコット検討会議に引き続き参加する。
さらに、鳥嶋氏、ブリキのおもちゃ博物館館長の北原照久氏らが加わった。

デイリースポーツ
Dr.マシリトこと鳥嶋氏、東京五輪マスコット「ださいキャラが出迎えるわけには…」
https://www.daily.co.jp/general/2017/05/22/0010213364.shtml



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495459023

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ