海外

【海外】シュワルツェネッガー氏(70)が緊急心臓切開手術  術後第一声は「アイム・バック!」

1 名前:的井 圭一 ★>:2018/03/31(土) 07:26:48.29 ID:CAP_USER9.net BE:511393199-PLT(15100)

http://img.5ch.net/premium/1051729.gif

【3月31日 AFP】俳優で米カリフォルニア州前知事のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)氏(70)の代理人は30日、同氏が緊急心臓切開手術を受けたことを明らかにした。術後の容体は安定しており、意識回復後の最初の言葉は「アイム・バック(戻ったよ)」だったという。

 代理人によると、シュワルツェネッガー氏は29日、ロサンゼルスの病院で経カテーテル肺動脈弁置換術を受けた際、合併症を起こした。米芸能メディアは、同氏は直ちに手術室に移され、数時間に及ぶ緊急開心術を受けたと報じている。

 代理人は、置換手術は成功したと説明。シュワルツェネッガー氏は現在回復中で、意識が戻った後の第一声は、出演した映画『ターミネーター(Terminator)』の名ぜりふ「アイル・ビー・バック(また戻ってくる)」にかけた「アイム・バック」だったことを明らかにした。

 シュワルツェネッガー氏は21年前に心臓弁の置換手術を受けていた。本人の説明によると、置換手術を受けた理由は先天的な疾病で、ステロイド(筋肉増強剤)投与とは関係がないとされる。
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/f/375w/img_af4d95fd0d8580c5ee3a807373923036125670.jpg


2018年3月31日 6:53
http://www.afpbb.com/articles/-/3169478



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522448808

【海外/芸能】『プリズン・ブレイク』のTバッグ役俳優、5人の女性に性的暴行か?

1 名前:どれみ ★>:2017/12/20(水) 22:11:38.31 ID:CAP_USER9.net

最近、ハリウッドで活躍する俳優や製作者のセクハラ問題が後を絶たないが、『プリズン・ブレイク』のティーバッグ役で
知られるロバート・ネッパーもその一人。

しかし、彼のセクハラ疑惑には確証がなかったと判断され、現在出演中のTVシリーズとの契約が継続されることが分かった。

今回、少なくとも5人の女性が過去数十年間の間でロバートから性的暴行を受けたと主張しており、彼が出演している米CWの
『iゾンビ』を製作するワーナー・ブラザース・テレビジョンが事実調査を実施。

その後、声明で「私たちはロバートに対する最近の訴えについて深く心配し、内部調査を行いました。そして、このドラマの
現場では不適切な言動の兆候が見られなかったことを、ここでお伝えします」と発表した。

ロバートにセクハラ疑惑が浮上したのは11月初め。彼と仕事をしたことがある衣装デザイナーの発言をきっかけに、4人の女性が
被害にあっていたことを告発しており、セクハラが行われていたと証言された期間は1983年から2013年までの30年間にも及ぶ。

しかし、ロバート本人が否定しており、調査の結果証拠も見つからなかったことから降板には至らなかったようだ。

ロバートは「告発されただけで苦労して築いたキャリアが失われる時代になってしまった。こういった疑惑に対して正当なプロセス、
証拠を再検証する機会を失い、メディアが裁判官と陪審員になることが許されてしまっている。私は報道機関ではなく、公正な
調停者を挟んで告発者たちとしっかり話しができるまで、この件についてはこれ以上話すことはない」と、自身の無実を訴えている。

ロバートさん
http://dramanavi.net/news/upimg/201712/20171218-00000005-dramanavi-1-00-view.JPG


http://dramanavi.net/news/2017/12/i.php



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513775498

【海外】「ロード・オブ・ザ・リング」がテレビシリーズ化!

1 名前:shake it off ★>:2017/11/07(火) 11:07:20.41 ID:CAP_USER9.net

「ホビットの冒険」「指輪物語」の著者として知られる英作家J・R・R・トールキンの遺産管理団体が、「ロード・オブ・ザ・リング」のテレビシリーズ化権を売りに出していることが、米Deadlineによって明らかになった。

「指輪物語」を原作に、ピーター・ジャクソン監督のメガホンで映画化された「ロード・オブ・ザ・リング」3部作は、全世界で30億ドルにもおよぶ興行収入をあげる大ヒットを記録。
さらに、アカデミー賞では30のノミネート、11のオスカー像を獲得する快挙を達成し、史上最も成功したファンタジー映画シリーズのひとつとして知られている。

同サイトによれば、当初は米アマゾン・スタジオとNetflix、HBOの3社が名乗りをあげていたが、トールキン財団側が提示した権利料が推定2億から2億5000万ドルと巨額であるうえに、「テレビシリーズ化にあたっては特定のキャラクターのみ使用を許可する」という契約内容に不満を持ったHBOが撤退。現在は、アマゾンとNetflixの一騎打ちとなっている模様だ。

しかしながら、SFやホラーといった新ジャンルへの展開を目指すジェフ・ベゾス最高責任者が、「ゲーム・オブ・スローンズ」に匹敵する壮大なスケールのファンタジードラマ制作を指示していることもあり、現段階ではアマゾンが最有力候補と見られている。
テレビシリーズ化が実現すれば、米ワーナー・ブラザース・テレビジョンが共同で制作を手がけるとのことだが、企画そのものが未確定なことから、正式なコメントはなされていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000006-eiga-movi



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510020440

【海外】ダスティン・ホフマンもなのか…17歳へのセクハラ行為を謝罪

1 名前:shake it off ★>:2017/11/03(金) 09:22:50.04 ID:CAP_USER9.net

大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラおよび性的暴行の暴露記事をきっかけに、ハリウッドではさまざまなセクハラや性的虐待が明るみになっているが、今度は名優ダスティン・ホフマンの30年以上前のセクハラ行為が暴露された。

 ホフマンといえば、「クレイマー、クレイマー」(79)と「レインマン」(88)で2度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたハリウッドを代表する名優のひとり。ホフマンが主演した1985年のテレビ映画「セールスマンの死」(フォルカー・シュレンドルフ監督)に、プロダクション・アシスタントとして参加したアナ・グラハム・ハンターさんがこのほど、ホフマンからセクハラを受けたという告発手記を米ハリウッド・レポーターに寄稿した。

 ハンターさんは当時17歳。手記の中で「撮影初日、足のマッサージをして欲しいと言われたので、言われた通りにしました。すると、彼は露骨に誘惑をしてきたんです。わたしのおしりをつかんでは、セックスについて話し続けました」とつづった。皮肉なことに、同作でホフマンはエミー賞主演男優賞を受賞している。

 現在80歳のホフマンは、今回の報道を受け謝罪声明を発表。「私は女性に最大の敬意を抱いており、自分の行動が彼女を不愉快な状況に追い込んだとしたら誠に遺憾です。申し訳ありません。本来の自分を反映した行動ではありません」と述べている。

 その後、脚本家のウェンディ・リスも1991年にホフマンからセクハラを受けたと、米バラエティで告白。ニューヨークのホフマンの製作会社パンチ・プロダクションを訪れた時、近くのホテルに誘われたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000005-eiga-movi



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509668570

【海外】ペプシのCMが大炎上で即日取り下げ、マドンナは「コカ・コーラ」の写真を使い批判

1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/>:2017/04/16(日) 17:26:54.96 ID:CAP_USER9.net

米飲料ブランド、ペプシが公開した人気モデル、ケンダル・ジェンナー(21)を起用したコマーシャル・ビデオが想定外の批判を浴び、わずか1日で取り下げる騒動が起きた。

 「平和」「統合」「愛」「会話」……。こんなボードを掲げてデモを行う人々。黒人やヒスパニック、同性愛者が目立つ。

 その脇で、モデルの仕事で撮影中だったケンダルもウィッグを取り、ペプシの缶を手にデモに参加する。前方で対峙する警官隊の1人にケンダルがペプシを渡すと、警官はそれを一口飲み、笑顔に。緊迫していた場はなごみ、デモ参加者も警官隊もハッピーになった--。

 この内容が「大炎上」してしまった。近年頻発している白人警官による黒人射殺事件に対する抗議活動「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切)」を歪曲し、軽視しているとの批判が渦巻いたのだ。

 批判する側にしてみれば、命がけのデモなのに、ペプシを渡せば、お祭り騒ぎになり、警官と打ち解け合うという短絡的な構図が受け入れがたいようだ。黒人ではないケンダルが、警官との対立を収めることに違和感を覚える人もいる。

 ケンダルが1人で警官隊に立ち向かうシーンは、米ルイジアナ州で昨年7月に行われた大規模抗議デモで、1人で機動隊に楯突いた黒人看護師、レシア・エバンスさんを彷彿させる。エバンスさんは身柄を拘束されたのに、ケンダルは警官との対立を解消させたことも、批判派からすれば、「ハァ?」となる。

 黒人差別の解放に尽力したマーティン・ルーサー・キングJr.の娘、バーニス・キングさんはツイッターで「もし父がペプシの力を知っていたら…」と皮肉ると、約29万件の「いいね」がついた。

 まさかの事態にケンダルは落ち込んでしまったという。ペプシの製造元のペプシコ社は「平和、理解、団結といったグローバルなメッセージを伝えることを目的としていましたが、やり方が間違っていました。謝罪します。この広告を取り下げ、一切使用しないことを決めました。ケンダル・ジェンナーを騒動に巻き込んでしまったことにも謝罪します」と平身低頭だった。

 米歌手、マドンナ(58)は、コマーシャル・ビデオについてインスタグラムで「まったく理解できない」と批判。別の日には、1999年のグラミー賞の際に撮影された、着物をモチーフにした真っ赤なドレスを着て、片手に「コカ・コーラ」の赤い缶を持った自身の写真をアップし、ペプシを当てこすった。

 「冷たいコーラが飲みたくなった」「いつもコーラか、ペプシか迷っていたが、その答えが出た」

 ソーシャル・メディアには、そんな書き込みが増えたという。コカ・コーラ社にとっては棚ぼたの宣伝効果となった。 (産経新聞ロサンゼルス支局長・中村将)

2017.04.16
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170416/enn1704161000003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/images/20170416/enn1704161000003-p1.jpg


CM動画https://youtu.be/73P9STckPLw



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492331214

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ