漫画

【漫画】発行部数激減の漫画週刊誌、それでも『少年ジャンプ』は別格の存在

1 名前:juggler ★@\(^o^)/>:2017/03/17(金) 21:22:34.18 ID:CAP_USER9.net

毎年3月17日は『漫画週刊誌の日』です。ご存知でしたか? これは、1959年(昭和34年)のこの日、日本初の少年向け週刊誌『少年マガジン』と『少年サンデー』が発刊されたことを記念に“制定”された日です。

ただし、国や公共団体が正式に制定した記念日ではなく、あくまで業界団体が主導したものであるため、広く知れ渡っているとは言い難いのは事実です。残念ながら今では超マイナーな記念日となっていますが、一昔前には、3月17日にそれなりのイベントが行われていた模様です。
1990年代半ばにかけて黄金時代を迎えた漫画週刊誌

そう言えば最近、電車の中で漫画週刊誌を読んでいる人がめっきり減った印象があります。モバイル文化に精通した若年世代の方々には違和感がないかもしれませんが、40歳代以上の多くの方には頷いていただけるのではないでしょうか。

しかし、今から約20年以上前、具体的には1980年代後半から1990年代半ばにかけて、漫画週刊誌は全盛期を迎えました。

その当時に発売されていた漫画週刊誌は、少女向けや男性向け(注:アダルト雑誌ではない)を含めると、星の数ほどあったと言っても過言ではありません。発売日になると書店の店頭には漫画週刊誌が山積みとなり、すぐに売り切れる状況だったと思われます。

そして、電車の中では、若者に限らずスーツ姿の会社員が漫画週刊誌を読みふけっている光景もめずらしくありませんでした。
空前絶後の発行部数を誇った『少年ジャンプ』、人気4誌の中で際立つ存在に

当時、数多くあった漫画週刊誌の中でも、『少年ジャンプ』(集英社)、『少年マガジン』(講談社)、『少年サンデー』(小学館)、『少年チャンピオン』(秋田書店)の4誌に人気が集まったと筆者は記憶しています(注:雑誌の正式名から「週刊」を省略、以下同)。

その中でも特に、最大の発行部数を記録していたのが『少年ジャンプ』であり、その人気は社会現象になったとも言えるでしょう。その『少年ジャンプ』の発行部数の推移を見てみましょう。
週刊誌の発行部数が653万部、今ではあり得ない数字

『少年ジャンプ』は1968年に創刊されました。その後、当時としてはめずらしかった読者アンケートを重視する編集方針や(評価の低い作品は前倒しで打ち切りなど)、新人作家の積極的起用などにより着実に人気を高めます。

そして、1995年には653万部(3-4合併号)という空前絶後の発行部数を記録しました。念のために言いますが、この653万部は年間の記録ではありません。週刊誌なのでわずか1週間の記録です。この記録はギネスブックにも登録されました(今も記録として残っているかは不明)。
漫画週刊誌の発行部数は壊滅的な激減へ

しかし、“盛者必衰”なのでしょうか、この1995年をピークに発行部数を減らし始めます。2年後の1997年には約400万部(毎週の年間平均、以下同)、2003年には約300万部と減り続け、直近は約200万部に止まっています。ピーク時から20年間で3分の1未満まで減少したことになります。

発行部数が減少したのは他誌も同じです。『少年マガジン』はピーク時の453万部(1995年)が直近は約98万部へ、『少年サンデー』は同じく約228万部(1983年)が約32万部へ、『少年チャンピオン』も250万部(1979年)が21万部へと、各誌とも5分の1から10分の1未満になる壊滅的な激減状態となっています。

特に『少年サンデー』と『少年チャンピオン』の凋落ぶりが著しく、現在では約55万部発行の『ヤングジャンプ』や、約50万部の『ビッグコミックオリジナル』の後塵を拝しているのが現状です。
激減した今でも約200万部を誇る『少年ジャンプ』

こうして見ると、発行部数がピークから3分の1未満に落ち込んだとはいえ、今でも約200万部を誇る『少年ジャンプ』の存在感は圧倒的に大きいようです。“少年ジャンプ、恐るべし”というところでしょうか。

間違いなく、漫画週刊誌の巨人と言えましょう。

漫画週刊誌の発行部数不振の背景には、少子化、ゲーム人気、モバイル普及など、既に言い古された理由が複合的に絡んでいると思われます。もちろん、漫画に飽きたという購読者も少なくないでしょう。しかし、これは時代の流れだから仕方のないことです。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489753354

【アニメ/漫画】思わず鳥肌! トラウマになったアニメ・漫画のワンシーン8選 ネタバレ注意

1 名前:juggler ★@\(^o^)/>:2017/03/15(水) 19:09:31.26 ID:CAP_USER9.net

アニメや漫画を見ていると、時にグロいシーンやショッキングなシーンが出てくることがありますよね。なにげなく見てしまって後悔した経験がある人もいるのではないでしょうか? 今回はアニメ・漫画が好きと答えた大学生のみなさんに、アニメ・漫画でトラウマになっているシーンを聞いてみました。


■トラウマになったアニメ・漫画のワンシーンはどんなものか、その作品名も交えて教えてください。

●鋼の錬金術師のあのシーン


・女の子と犬がキメラにされてしまっていることがわかるシーン。そのシーンを見たときゾッとしたから(女性/22歳/大学4年生)

・母さんを錬成しようとしたシーン。錬成された化け物が怖かったから(男性/22歳/大学4年生)

・ハガレンの人体合体。かわいそうなストーリーと絵で怖かった(女性/22歳/大学4年生)


●名探偵コナンのあのシーン


・死体の目が開いていたりすること。目が開いていると恐怖感が増す(男性/21歳/大学4年生)

・一巻でジェットコースターに乗った人の首が切断されてるシーン。中国のコナンのコミックではモザイク処理されている(女性/22歳/大学4年生)

・メジャーを使って被害者の首を切断する殺害シーン。マンガを読んでから10年以上たった今でも印象に残っているから(女性/23歳/大学4年生)


●ひぐらしのなく頃にのあのシーン


・登場人物の殺害シーン。トラウマレベルでグロくて怖かった(女性/22歳/大学4年生)

・キャラクターがいきなり豹変するシーン。いきなりヒステリックになったり残虐的になったりでびっくりしたから(女性/22歳/大学4年生)

・兄が見ていたのをたまたまワンシーンだけ見てしまい、そのシーンがかなり痛々しかった(女性/22歳/大学4年生)

・ひぐらしのなく頃に全般。不気味で本が置いてあるだけでも怖かった(女性/22歳/大学4年生)



●ジャンプ作品のあのシーン


・進撃の巨人で、エレンの母が食べられたシーン。グロさと残酷さと切なさと、進撃の巨人という作品の恐ろしさを詰めこんだようなシーンだと思う(女性/22歳/大学4年生)

・銀魂のパンデモニウム。人面の虫がエグイ(女性/20歳/短大・専門学校生)

・D.Gray-manの1話、アクマの骨組みを身体にいれるシーン。絵が結構リアルで生々しかったから(女性/21歳/大学4年生)

・ONE PIECEのゼフが足を食べたとき(男性/25歳/大学院生)


●その他


・機動戦士ガンダムSEEDの人間が破裂死するシーン。人間が粉々になるシーンが脳裏に焼き付いて離れないから(男性/20歳/短大・専門学校生)

・もののけ姫の、オッコトヌシ様の体から祟り神が湧き出てくるシーン。小さいときに見てとてもグロテスクで、今見てもゾッとするから(女性/22歳/大学4年生)

・闇金ウシジマくんの女性が借金で風俗店に送られてHIVになるシーン。現実にありそうだから(男性/22歳/大学4年生)

・BLOOD-Cの古きものが人間を惨殺するシーン。人間を殺していく様子がグロテスクすぎて夢に出てきそうだった(女性/22歳/大学4年生)

作品全体がダークでショッキングなシーンの連続のものもあれば、ONE PIECEや銀魂のようにギャグや明るいシーンも多いけれど時折ぎょっとする演出がある作品も。グロテスクな描写にゾクッと来てしまった人が多いようですね。
いかがだったでしょうか? ときにはショッキングなシーンがきっかけで物語にグッと引き込まれるということもありますから、その部分も含めて作品の魅力なのかもしれません。ですが、あまりにグロいとちょっとトラウマになってしまうことも……。観るときには心の準備をしておいたほうがいいでしょう。

http://top.tsite.jp/news/buzz/o/34758132/?sc_int=tcore_news_recent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489572571

【漫画】ジャンプ新連載「Dr.STONE」にファン大興奮

1 名前:サインコサイン ★@\(^o^)/>:2017/03/13(月) 23:07:56.38 ID:CAP_USER9.net

『アイシールド21』の稲垣理一郎が手がける、ジャンプ新連載『Dr.STONE』にファン大興奮「1話目からワクワク感ハンパない!」

2017.3.11

『週刊少年ジャンプ』14号(集英社)
http://ddnavi.com/wp-content/uploads/2017/03/aisi-rudo01.jpg


 2017年3月6日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』14号にて、新連載『Dr.STONE』がスタートしたのだが、原作者が『アイシールド21』で知られる稲垣理一郎とあり、ファンからは「さすが稲垣先生、1話目からワクワク感ハンパない!」と興奮の声が上がっている。

 同作は『ジャンプ』新連載6連弾の第5弾となる作品。作画は『サンケンロック』や『ORIGIN』などの人気作を手がけてきた、Boichi(ボウイチ)が担当。

 『Dr.STONE』は、真っ直ぐで純情、少しバカな男子高校生の大木大樹が好きな女子に告白しようとした瞬間、地球に異変が起こり、人類が石になってしまう。世界中のあらゆる場所のあらゆる立ち場の人間がその瞬間の状態で固まってしまい、飛行機が墜落したり、自動車がぶつかったりして、世界が機能しなくなるのだ。

 この設定には「想像のナナメ上をいく展開に期待感ガンガン高まってる!」「人間皆石になってそっからサバイバルとかそそることこの上ない~」「むっちゃ引き込まれるこのストーリーいいね!」と大好評。またキャラクターにも「キャラの感じが稲垣先生っぽくて好き」「男くさい主人公がたまらん」といった声が。

 空前のSF冒険譚の開幕に胸躍らせたファンは少なくない模様。次回の第2話は25ページあるため、たっぷりと楽しめそうだ。

http://ddnavi.com/news/358296/a/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489414076

【漫画】『ベルセルク』が連載再開 天才編集者の豪腕でついに完結へ向かうのか!?

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/>:2017/03/11(土) 18:34:23.25 ID:CAP_USER9.net

人気漫画「ベルセルク」の連載が再開されることが掲載誌「ヤングアニマル」で発表され、ファンを喜ばせている。

「ベルセルク」は中世ヨーロッパに似た架空の世界を舞台にしたダークファンタジー。
かつての仲間に裏切られた主人公が、復讐のため魔物たちと戦うというストーリー。
1989年からスタートし、現在コミックスは38巻まで発売されている。

「作者の三浦建太郎は緻密な書き込みをする作家で、もともと筆が遅いのに加えてベルセルクのゲーム化に関与したり、他の作品を書き始めるなどしたためベルセルクは頻繁に休載し、連載期間が長い割に物語が進んでいません。
そのため、作者が生きているうちにちゃんと物語が終わるのか心配されています。三浦氏本人ですら心配しているほどです」(青年漫画誌編集者)

そんなベルセルクがやっと再開するということで、ファンは胸をなでおろしている。
月に1度の掲載で少しずつとはいえ、物語が進むからだ。
ところが、いまひとつ安心できないという声が上がっているのも事実だ。

「今回、ベルセルクが再開するのは、2017年4月からアニメの第2期がスタートするからなんです。
つまり半ば無理やり再開しているわけです。これではいつまた休載になるのか‥‥」(漫画誌ライター)

だが連載継続に向けてわずかな希望もあるという。
「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」の鳥山明氏を育てた天才編集者が現在ヤングアニマルを刊行する白泉社の社長になっているからだ。

「社長は『Dr.マシリト』として作中にも登場していた鳥嶋和彦氏です。
鳥嶋氏は漫画家にとても厳しく、あの鳥山氏にさえ一度も休載させませんでした。
ベルセルクの編集に直接携わってはいませんが、彼ならもしかしたら‥‥と淡い期待を抱いてしまいますね。
ぜひ完結まで三浦氏の尻を叩き続けてほしいものです」(前出・漫画誌ライター)

連載継続か、それともすぐに休載か‥‥ベルセルクは物語とは違った所でファンをドキドキさせ続けてくれるだろう。

http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2017/03/20170310_asagei_berserk.jpg

http://www.asagei.com/excerpt/77024



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489224863

【漫画】『浦沢直樹の漫勉』シーズン4が3月放送 ゲストは清水玲子、伊藤潤二、山本直樹、ながやす功

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/>:2017/02/23(木) 22:30:26.82 ID:CAP_USER9.net

Eテレで不定期に放送されている「浦沢直樹の漫勉」のシーズン4が3月2日から全4回で放送されることになりました。
同番組は、「20世紀少年」「MONSTER」などの作品を生み出してきた漫画家の浦沢直樹さんがプレゼンターを務め、漫画家たちの仕事場に密着した映像を見ながら創作の秘密に切り込んでいくドキュメンタリー。

2014年にかわぐちかいじさんと山下和美さんを迎えたパイロット版が好評で2015年にファーストシーズンを放送。
これまでにさいとう・たかをさんや萩尾望都さん、池上遼一さんなどがゲストに登場しました。

シーズン4では、「秘密―トップ・シークレット―」が2016年に実写映画化された清水玲子さんを皮切りに、漫勉初のホラー漫画家として「富江」シリーズの伊藤潤二さん、20年来フルデジタルで描いているという山本直樹さん、デビューから今までアシスタントは一切使わない主義を貫いてきたながやす功さんが登場。
なお、これまでのシーズンで語りを担当していた平愛梨さんに変わり、今シーズンでは木南晴夏さんが起用されています。

写真:「浦沢直樹の漫勉」シーズン4は3月2日から
http://i.imgur.com/8bga2go.jpg


http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170223/Itmedia_nl_20170223101.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487856626

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ