漫画家

【漫画家】ワンピース作者・尾田栄一郎氏の自宅は「この世で1番おもしろい家」 まるで遊園地

1 名前:ストラト ★>:2018/01/04(木) 19:08:53.36 ID:CAP_USER9.net

人気漫画「ワンピース」の編集者・内藤拓真氏(集英社)が4日、日本テレビ系で放送された「一流有名人の側近から学ぶ驚きの処世術!ソッキング」に出演。
「ワンピース」作者の尾田栄一郎氏について、仰天の“素顔”を明かした。

「“世界一”の漫画家の貴重な時間を奪ってはいけない」という思いで、いついかなる時でも携帯電話の電源を切らない、など、担当編集者としての“側近術”を明かした内藤氏。
尾田氏の自宅について「この世で見た家の中で1番おもしろい」と断言した。

番組では自宅の写真も公開。
バルコニーにはデパートの屋上でよく見かける子供向けの小さな電車の乗り物が走っていたり、ワンピースのフィギュアなどが入っているクレーンゲーム(UFOキャッチャー)や、バーコーナー、ポップコーンの機械まであり、さながら小さな遊園地のよう。
作業場のトイレは、映画「ジョーズ」の世界を体現したような空間。
USJにあるようなサメの置物が上部から飛び出し、壁や床も海の中のようなデザインとなっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14114581/

「ワンピース」作者 尾田栄一郎氏の自宅
http://pbs.twimg.com/media/DSr53z9VwAMbTvC.jpg

http://pbs.twimg.com/media/DSr53z9VAAA6pHx.jpg

http://pbs.twimg.com/media/DSr53z-V4AAWmuD.jpg

http://pbs.twimg.com/media/DSr53z9VoAAD-_X.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515060533

【漫画家】『The・かぼちゃワイン』の漫画家・三浦みつるが引退発表 2015年にはクラウドファンディングで新作を制作

1 名前:オムコシ ★>:2017/12/17(日) 16:59:59.43 ID:CAP_USER9.net

2017年12月17日 12時40分 公開
『The・かぼちゃワイン』の漫画家・三浦みつるが引退発表 2015年にはクラウドファンディングで新作を制作
12月17日には書泉グランデでサイン会が行われます。
[宮澤諒,ねとらぼ]



 漫画家・三浦みつるさんが12月12日、新作描き下ろし『バック・トゥ・The・かぼちゃワイン』をもって引退することを自身のTwitterを通して明かしました。


 三浦さんの代表作の1つである『The・かぼちゃワイン』は、背の低い主人公・青葉春助と背が高いためLサイズにちなみ「エル」と呼ばれるヒロイン・朝丘夏美を中心としたラブコメディー。1981年から1984年にかけて『週刊少年マガジン』(講談社)で連載されました。

 本編完結後も、読み切り短編『The・かぼちゃワイン 女子大生編』(1999年、グリーンアロー出版社『コミック・フィギュア王』)、『The かぼちゃワインsequel』(2001年~2002年、実業之日本社『コミック伝説マガジン』)、
『The かぼちゃワイン Another』(2006年~2009年、秋田書店『プレイコミック』)などの続編を発表。2015年6月には、新作スピンオフである
『バック・トゥ・The・かぼちゃワイン』制作のためのクラウドファンディングを実施しており、目標金額(100万円)の254%となる254万4400円を集めていました(関連記事)。

 引退発表に対してネットでは、三浦さんへの感謝の声が続出。「小2の頃、アニメで観てました」「思春期にどれだけ胸を膨らませたかわかりません」
「懐かしのエルちゃん!子どもの頃この子の絵がプリントされたスリップが一番のお気に入りでした」と、昔を思い出しながら感慨にふけるファンの姿も見られました。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513497599

【漫画家】小林よしのり氏、安藤優子に激怒「嘘つきだろう!」「ふざけるな!」

1 名前:ストラト ★>:2017/12/12(火) 12:10:01.97 ID:CAP_USER9.net

漫画家の小林よしのり氏(64)が、安藤優子キャスター(59)を「二枚舌」だと非難した。

小林氏は11日、「『グッディ』安藤優子の二枚舌が酷い」のタイトルでブログを更新。
自身が支持している山尾志桜里衆院議員のダブル不倫疑惑報道をフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」が再び取り上げたことを受け、「まだ不倫『疑惑』バッシングの続報をやろうとしているのだ。レベルが低すぎて恥ずかしいとは思わないのだろうか?」と嫌悪感をあらわにした。

また小林氏は、安藤キャスターが政治家の不倫スキャンダルを執拗(しつよう)に報じるメディアを問題視する発言を雑誌でしていたとし、「真反対の発言をしている!」と指摘。
「自分の番組ではその古い男社会をもっと強固にする山尾バッシングを繰り広げていながら、えらそうにこの発言! 嘘つきだろう! 安藤優子、この人間は信用できない。なにが『グッディ』だ。ふざけるな!」と怒りをぶちまけた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00075542-nksports-ent

小林よしのり氏
http://amd.c.yimg.jp/amd/20171212-00075542-nksports-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513048201

【漫画家】小林よしのり氏、山尾氏会見絶賛「実に見事、モノが違う」「執行部後悔する」

1 名前:ストラト ★@\(^o^)/>:2017/09/08(金) 09:54:39.56 ID:CAP_USER9.net

漫画家の小林よしのり氏(64)が、妻子ある9歳年下の弁護士とのダブル不倫疑惑を週刊文春に報じられ民進党を離党した山尾志桜里衆院議員(43)の会見について「実に見事だ。やはりモノが違う」と称賛した。

山尾氏は7日夜、国会内で会見し、「倉持さんと男女の関係はない」と弁護士との不倫を否定した。

小林氏は山尾氏を支持しており、離党には反対していたが、意に反する結果に。
会見を受けて更新したブログで「裏を勘繰って皮肉に見る奴は多いだろう。だが評価すべきは『公』の場の言葉だ。『私』の部分で何があろうと、『公』の言葉がしっかりしていて、『公』の仕事で実績を出す。それさえ実行できれば、必ず世の評価はひっくり返る。民進党の執行部も後悔するときが来るだろう」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-01884562-nksports-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504832079

【漫画家】やくみつる氏、安倍内閣を「強力消臭内閣」と命名 「悪臭の大元が、真ん中に居座っていては問題の解決にならない」

1 名前:ストラト ★@\(^o^)/>:2017/08/04(金) 09:34:26.26 ID:CAP_USER9.net

◇安倍第3次改造内閣発足

漫画家のやくみつる氏(58)は、今回の内閣を「強力消臭内閣」と名付けた。
閣僚による失言などが相次いだことを「異臭」「悪臭」と表現。
その上で命名理由を「イヤな臭いを大臣の交代で消し、実力者の起用で栓をした格好」と説明した。
ただ「悪臭の大元が、真ん中に居座っていては問題の解決にならない」と、安倍首相にキツーイ一発も。
新入閣6人のうち3人が2世、3世議員であることは「こちらはセシュウ(世襲)が漂っている」と評した。

ジャーナリストの田原総一朗氏(83)は「脱皮ともだち内閣?」と命名。
「最後の“?”を抜いてはいけない」と付け加えた。
理由は“お友達内閣”のイメージ払しょくを狙ったにもかかわらず、加計問題で疑惑を抱える萩生田光一前官房副長官を、党幹事長代行に据えたこと。
「これは意味が分からない。ブチ壊しだ」と納得いかない様子だった。

かつて日本経済新聞で総務省を担当した経験のある、作家で元セクシー女優の鈴木涼美さん(34)は「反省感ちょっとアピール内閣」と命名。
「安倍さんの色が薄い。問題を抱えていた閣僚も一掃したし、“ザ・自民党”の印象」と語った。
「首相は虚勢を張った感じがして保守色も強いから、女性人気はいまいち。その嫌悪感も改造で薄れたのではないか」と分析した。

▼落合恵子氏(作家)安倍晋三首相は「内閣改造で人心一新を目指す」と言っていたが、どこが一新なのか。留任した「お友達」に経験者を加えただけ。一方で、森友・加計学園問題などに関係する閣僚は軒並み退任した。国民の不信感に丁寧に答える誠実さや愚直さが見えないのが残念だ。

《改造アラカルト》

☆女性大臣2人 「女性が輝く社会」を看板政策に掲げてきた現政権。今回は1減の2人で同政策を打ち出し5人登用した第2次内閣改造以降、最低に。

☆初入閣6人 ベテランを多く配した布陣で初入閣は6人。防衛相のみ入れ替えた第3次内閣を除き最低に。

☆岸田派倍増 岸田派からの入閣は2人から4人。7月上旬に第2勢力となった麻生派は1人増の3人。首相の出身派閥で最大の細田派は不祥事議員が続き5人から3人に。

☆参院最多4人 参院からはこれまでの安倍政権で最多の4人が入閣。うち2人は初入閣。細田、岸田両派から2人ずつ。

☆高齢化 平均年齢は61・6歳で、前回の60・8歳からわずかに上がった。最高齢は麻生氏の76歳、最年少は小此木氏の52歳だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000059-spnannex-soci

やくみつる氏
http://amd.c.yimg.jp/amd/20170804-00000059-spnannex-000-0-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501806866

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ