登山

【登山】9本の指失った登山家・栗城史多さん、エベレスト5度目挑戦も無念

1 名前:あずささん ★@\(^o^)/>:2015/09/27(日) 07:37:55.30 ID:???*.net

世界7大陸最高峰制覇を目指す登山家の栗城史多さん(くりき・のぶかず=33)が27日、
秋季エベレスト(8848メートル)への単独・無酸素登頂を今回は断念したことを明らかにした。
同日、自身の公式ブログを更新し報告した。栗城さんは5度目となる挑戦のため26日に
最終キャンプを出発していた。

更新されたブログで栗城さんは「下山を決断しました」と報告。「全力を尽くしましたが、ラッセル
(深い雪をかきわけて進むこと)で長い時間が掛かり、このまま進むと生きて戻ることができないと
判断して、悔しいですが下山を決めて最終キャンプまで戻ってきました。皆さんからの応援に、
本当に心から感謝です。今後のことはまたお知らせさせてください」としている。

日本時間の25日に標高約7600メートルの最終キャンプに到着。26日夜に最終キャンプを出発し、
27日正午~3時頃の登頂を目指すとしていた。4月に発生したネパール大地震後、エベレストに
挑戦するのは世界初で、挑戦の模様はインターネット中継される予定となっていた。

栗城さんは2012年10月に4度目の挑戦を行ったが、8070メートル地点で強風のため登頂を
断念。下山途中に両手、両足、鼻が重度の凍傷となり、両手の指9本を失った。リハビリと
トレーニングを続け昨年、世界12位高峰ブロード・ピーク(8047メートル)の単独無酸素登頂に
成功し、復帰を果たした。その後も富士山や標高6000メートルに設定した低酸素室でトレーニングを
重ねてきた。

アルピニスト野口健さん(42)は、ベースキャンプを出発したのが16日とあり、栗城さんのフェイ
スブックで「その標高から山頂を狙うにはあまりにも遠過ぎる。そしてBCを出発してから日数が
経ちすぎ。疲労の蓄積がピークのはず」として「本当に余計なお世話かもしれませんが、一度BCに下り
仕切り直しするべきだと。5日ほど体を休めてから再度アタック体制に入るのがベターだと思います」と
呼び掛けていた。

ソース/スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/27/kiji/K20150927011214030.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443307075

【登山】火山学者「正論」ツイートに大反響 被害防ぐには「火山には登らないことですね」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2014/10/02(木) 22:04:31.13 ID:???0.net

火山学者が記者の取材に応じる様子をツイートしたところ、5000回以上リツイート(転送)されるほどの大反響を呼んでいる。
記者が、火山による被害を出さない方法を聞いたのに対して「火山には登らないことですね」と、そっけない答えだったのが話題になったようだ。

その内容については「正論だ」と賛同する声も多い。

 ツイートの主は、2011年1月に爆発的噴火を起こした九州南部、新燃岳(1421メートル)の研究を20年以上にわたって続けている、
鹿児島大学准教授の井村隆介さんだ。話題になったツイートは、10月1日夜に書き込まれた。

■「コメントにならなくてごめんね」

 ツイートによると、取材に来たある記者が

  「二度と被害を出さないようどうすべきでしょうか?」

と聞いたところ、井村さんは

  「火山に登らないことですね」

と答えた。記者が「え?」と面喰らっていると、井村さんは

  「今回のような噴火は防げない。原因は運が悪かったとしか言えないと思う。それを避けるためには、火山には登らないことですね」

と説明。その答えを聞いて記者は言葉を返せず、黙ってしまったようだ。ツイートの中には、井村さんの「コメントにならなくてごめんね」という申し訳なさそうな言葉もあった。

 井村さんは

  「『教訓は?』とか,『今後は?』という話なら,イロイロ答えたよ」

ともツイートしており、記者の質問の仕方に問題があった可能性もありそうだ。さらに、ツイートされたやり取りは取材のごく一部のようで、
噴火予知のあり方について30分程度話した後の出来事だったようだ。

半日後にはNHKに「火山災害ホームドクター」として登場

 偶然にも、ツイートからおよそ半日が経った10月2日朝にNHK Eテレで放送された番組「学ぼうBOSAI」に、井村さんは「火山災害ホームドクター」として登場している。
その中にも、似たようなエピソードが登場している。

 新燃岳が大きな噴火を起こす前の2010年の段階で、地元の宮崎県高原町(たかはるちょう)が子どもに霧島の自然に触れてもらおうと、ツアーを計画していた。
目的地は新燃岳の火口からおよそ2.5キロの場所を想定していた。その時点で小さな噴火は起きていたが、立ち入りは可能な場所だった。
町が井村さんにアドバイスを求めたところ、井村さんは「研究者であっても、噴火は容赦してくれない。僕だって死ぬ可能性がある。そんな場所に、みんなを連れていくわけにはいかない」

などと猛反対し、すぐにコース変更が決まったという。

 井村さんは、記者とのやり取りのツイートが話題になった後にも、真意を改めてツイッターで説明しており、立場は一貫しているといえそうだ。

  「今回の事故から学ばなければいけないことは,『活火山の登山には噴火リスクが伴う』ということだと思います。
そのリスクをどこまで許容するかは個人の判断だと思います。研究者はその判断材料を提供できるだけです」

 気象庁が「噴火警戒レベル」を設定して監視している火山は全国に30あるが、「レベル2(火口周辺規制)」以上なのは、
活発な活動が続く桜島(レベル3)や、阿蘇山(レベル2)など8つのみ。御嶽山も、
今回の惨事が起きるまでは「レベル1(平常)」で山頂付近への登山は規制されていなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00000005-jct-soci



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1412255071

【登山】<御嶽山噴火>山頂付近で三十数人の登山客ら心肺停止確認 長野県警

1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2014/09/28(日) 14:43:49.61 ID:???0.net

長野・岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、
長野県警によると、28日午後2時現在、山頂付近などで心肺停止の登山客ら三十数人を確認した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00000021-mai-soci

【登山】御嶽山が噴火 山頂付近でけが人複数
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1411797442/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411883029

【登山】御嶽山が噴火 山頂付近でけが人複数

1 名前:◆Grampus/xc @しばみみ ★@\(^o^)/>:2014/09/27(土) 14:57:22.33 ID:???0.net BE:123479591-PLT(13001)

御嶽山 山頂付近の山小屋「何人か倒れている人」
9月27日 13時23分

御嶽山の頂上付近にある山小屋の剣ヶ峰山荘にNHKが電話で取材したところ
電話に出た男性は「多くの人が山小屋に避難してきているが、何人かが山小屋の外で倒れている。
しかし、外に助けに行ける状況ではない。屋根には飛んできた噴石で穴が空いているところもある」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140927/k10014923501000.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411797442

【登山】野口健、エベレスト断念イモトに「『死ぬかもしれないけど行きたい』というならいいと思うんですけど、彼女は仕事なのでね」

1 名前:太鼓 ★@\(^o^)/>:2014/08/30(土) 21:36:07.25 ID:???0.net

野口健がイモトアヤコのエベレスト断念に思うこと
女性自身 8月30日(土)16時0分配信

隔週連載“中山秀征の語り合いたい人”、今回は7大陸最高峰の最年少登頂を達成した
アルピニスト・野口健さん(41)の登場だ。イモトアヤコのエベレスト断念について語った。

中山「この間、イモトアヤコがエベレストを断念しましたけど、やはり危険ですか?」

野口「彼女は身体能力がすごいし、トレーニングもしてるし、条件さえよければ僕は登れると
思うんですよ。でも、条件が何か1つでもズレると、本当に死ぬ。今年の春、エベレストで
シェルパ16人が死んだんですけど、そのうち2人は僕の隊を案内してくれていたシェルパだった」

中山「大ベテランのシェルパでも、雪崩が来たら死んでしまうんですね」

野口「イモトさんの場合は、すごいサポートチームを作ってやってるし、超一流のシェルパと
超一流の日本のガイドがついているので、完璧なんです。やれることはすべてやっている。
ただ、雪崩や山頂付近の悪天候となると、どんなに一流でも難しい。彼女が自分の意志で
『死ぬかもしれないけど行きたい』というならいいと思うんですけど、彼女は仕事なのでね」

中山「だから、イモトが自分の命を賭けてやりたいっていうならいいんですね」

野口「まさにそうです。これは不謹慎な言い方かもしれないですけど、遭難した、山頂付近で
悪天候になる、下山もできない、そういうときはシェルパも自分を守らないといけないので、
先に下山してしまいます。8000メートルで吹雪になったら、彼らが先に下りるのは当たり前。
僕もエベレストに行ったときに、実は2回くらいそういった場面がありましたよ。山頂付近で
歩けなくなった人に『先にいけ。すぐ追いつくから』と言われました。僕はなかなか行けない。
でも、彼を下ろすこともできない。見捨てるか、一緒にいて死ぬかの選択肢しかないんですよ。
彼はボンベの酸素がなくなって、そこで亡くなった。僕は彼を残して山を下りるしかなかったんです」

中山「そういうことって起きるんですね」

野口「それはレアなケースではないんです。日本中から『頑張れ』と期待されている。番組からも
『大丈夫です』と言われている。なんとかやってきたし、自分が頑張ればなんとかなるかもしれない。
今まで経験もないのに、あれだけできるのはすごいと思います。彼女の精神的タフさも含めて。
ただ、エベレストは本当に死にます。ほかの山とは違う。もし仮にイモトさんが遭難した、もう誰も
助けてくれないし、助けられない。そうなったときに納得できるかってことですね。自分の思いで
来たんだから、これでよかったんだと思えるか、やっぱりあの仕事受けなきゃよかったって思うのか。
それで彼女が死ぬときに本望だと思わなければ、不幸な死に方ですよね」

中山「『登ってみたい』くらいのレベルだったら、エベレストはやりすぎなんですね」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140830-00010000-jisin-peo



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1409402167

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ