皇室

【皇室】<天皇陛下の譲位>新元号は「安久」!? SNSなどで予想合戦白熱!「M・T・S・H」以外...「安」の文字人気

1 名前:Egg ★>:2018/09/25(火) 19:53:29.71 ID:CAP_USER9.net

天皇陛下の譲位で来年5月1日に元号が「平成」から改元されるのを前に、新元号予想が過熱している。

 早くもSNS(会員制交流サイト)での議論や、予想アンケートを行う民間企業なども相次いでおり、改元が近づくにつれてさらに盛り上がりをみせそうだ。専門家は「生前退位(譲位)によって予想自体がタブー視されにくくなった」と指摘しており、改元に対する国民の意識の変化も背景にあるとみられる。(小松大騎)

タブー視なく

 「明治、大正、昭和、平成の頭文字をアルファベット表記にしたM・T・S・H以外の文字になるのは確定」「Aが頭文字の元号は江戸時代の『安政』以来ない。平和が持続するように『安久(あんきゅう)』がいいのでは」

 昨年12月に開かれた、譲位の日程を決める皇室会議で、陛下が平成31年4月30日に譲位され、皇太子さまが5月1日に即位されることになり、SNSでこんな予想合戦が白熱している。元号は645年の「大化」から「平成」まで247を数えるが、「永」「和」「安」「天」「元」など、繰り返し使われている漢字が多いとの理由から有力候補を絞り込むなど、インターネット上で盛んな議論がなされている。

 「生前退位ならではの現象だ」と分析するのは、元号の成り立ちに詳しい東京大の山本博文教授(歴史学)だ。前回の改元における国民の関心事は「昭和天皇の容体」で、新元号を予想するのは「崩御を見越した不敬な行為」とされ、政府や報道機関が秘密裏に新元号を議論していた程度だった。

 ただ、今回は譲位によって予想自体が「タブー視」されにくくなったという。山本教授は「改元までの日程が明確になり、国民の関心が高まっていることに加え、SNSの普及で誰でも予想を発信できるようになったことが、予想合戦の盛り上がりに一役買っているのだろう」と語る。

天災多く「安」

 そんな中、新元号予想を募る企業も出てきた。「ソニー生命保険」(東京)が今年3月、全国の20~28歳の平成生まれ500人と52~59歳の昭和生まれ500人の計千人に新元号を予想してもらったところ、「平和」(47人)「和平」(19人)「安久」(17人)がベスト3に選ばれた。広報担当者は「想像以上に、多くの人が新元号に関心を寄せていると感じた」と驚きを隠さない。

 また、ビンテージワインなどを販売する「和泉屋」(埼玉)では6月から予想企画をスタート。新元号を当てれば平成元年産の大吟醸酒(日本酒)が贈呈される。すでに全国から400件超が集まっており、「安久」や「安成」など「安」の入った案が多く寄せられているという。

 企画した同社の栗原周平社長(47)は「平成時代は東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨など天災が多く、『次の時代は平穏に』と考える人が増えたのでは。元号は世界でも日本固有の文化。予想を通じて、平成を振り返る良い機会にしてもらえれば」と話している。

2018年9月25日 11時32分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15353328/

アンケートランキング
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/7/27011_368_da17a40d4ad805a3be218f24933a1593.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537872809

【皇室】眞子さまと小室さんの婚約騒動 ついにクライマックスへ! 「彼がわからない…」 秋篠宮殿下がくだした“決断”とは

1 名前:鉄チーズ烏 ★>:2018/08/14(火) 14:07:24.10 ID:CAP_USER9.net

見事なまでに評価が二分している。8月に米・ニューヨークのフォーダム大学に留学する小室圭さん。同大では「プリンセス・マコのフィアンセ」と紹介され、宮内庁が慌てて「正式な婚約者ではない」と抗議したが、当人はそんなことお構いなしとばかりに、学業と交際を両立させようとしている。

そんな2人に対して、「週刊女性」(主婦と生活社)は7月24日発売号で〈眞子さま 小室圭さん、アメリカ留学は結婚への規定路線だった!〉とする記事を掲載。宮内庁や周囲の反対をよそに、2人の愛は燃え盛るばかりであることを伝えている。

対照的にライバル誌の「女性自身」(光文社)は同24日発売号で〈眞子さま孤立! 紀子さま決断「もう圭さんとは会わせない」〉と報道。これに同調したのが、7月31日発売の「週刊朝日」(朝日新聞出版)で〈眞子さま、婚約“破談”へ〉と強気に報じている。小室さんの母・佳代さんの“430万円借金トラブル”など、次から次へと飛び出すスキャンダルに、ついに秋篠宮殿下が三くだり半を突きつけたというのだ。結婚か破談かで、ここまで週刊誌の判断が二分するのも珍しい。

宮内庁担当記者は「結婚したい眞子さまと、それに反対する紀子さまという構図でしたが、最終決定権は父親の秋篠宮殿下にあります。当初は娘と小室さんの自主性に任せていましたが、佳代さんの借金報道が出て状況が一変。今回、秋篠宮殿下が“調整”に入られたのが事実ならば、この問題もいよいよクライマックスに近づいています」と話す。

秋篠宮殿下の不信感は借金をした佳代さんよりも、それを黙っていた小室さんに強く、最近ではその人間性にも大いなる疑念を感じ始めているという。前出記者が続ける。「礼儀正しく、物腰もやわらか。秋篠宮夫婦と会話する際も笑顔で明快に回答する。殿下も最初はそんな小室さんを気に入り、結婚を後押ししてきたわけですが、週刊誌で報じられた生い立ちや、母親の借金問題に対する受け答えを聞いているうちに『彼のことがわからなくなった…』とこぼすようになったそうです。丁寧な言葉遣いで淀みなく話すけど、会話に中身がない。問題の核心部分から話を逸らすといったことが目立つそうです。得体の知れないモンスターを相手にしていると感じているのかもしれません」

マスコミも小室さんの実像を掴みきれないでいる。世間から「税金の無駄遣い」と糾弾されているにも関わらず、SP同伴出勤は継続。最近では炎天下のなか、SPを外に待たせて個室スパで“メンテナンス”する姿も捉えられている。一体何を考えているのか――。表面的な事実関係を並べるのではなく、彼の深層心理を読み込む“小室圭研究“が必要なのかもしれない。


以下ソース
http://tocana.jp/2018/08/post_17677_entry.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534223244

【皇室】紀子さまとほとんど言葉を交わされない 「相手は自分で見つけていい」と育てられた眞子さまの“反発心”

1 名前:鉄チーズ烏 ★>:2018/08/14(火) 14:00:47.71 ID:CAP_USER9.net

https://img2.news-postseven.com/picture/2018/06/makosama_jmpa1.jpg

紀子さまとほとんど言葉を交わされないという(撮影/JMPA)

小室圭さん(26才)とのご結婚が延期となった秋篠宮家の長女・眞子さま(26才)。小室さんは8月7日、留学先のニューヨークへと旅立ったが、その3日前の8月4日、小室さんは赤坂御用地の秋篠宮邸でおよそ150分を過ごした。そこでは、眞子さまとふたりで過ごした時間もあったという──。

今、眞子さまは紀子さまとほとんど言葉を交わさないという。宮邸にいても食事の時間をずらしたり、なるべく顔を合わせないようにし、特に「結婚」についての話題は避けられているそうだ。

「眞子さまが紀子さまに対してそこまで頑ななのは、なぜ小室さんとすぐに結婚してはいけなかったのか、納得できていないからです」(宮内庁関係者)

秋篠宮ご夫妻が、学習院大学在学中に出会い、恋愛結婚されたことを最も意識してきたのは、他ならぬ眞子さまと佳子さまたちだろう。

「両親を敬愛されて育ってきたお2人はこれまで、自分も恋愛結婚をすると信じて疑わずにきたそうです。その中でも、ご両親のように学生時代に自分でお相手を見つけるのが理想だと思われてきたのでしょう。

独身の秋篠宮さまが英国留学中、紀子さまは現地を訪れていましたが、それも眞子さまの英国留学中に、休暇を取って駆けつけた小室さんと重なります。また、婚約する前から紀子さまは頻繁に赤坂御用地を訪れていました。これも、小室さんとまったく同じです。眞子さまとしては、両親のやってきたことをそのまま踏襲しているに過ぎないのです」(前出・宮内庁関係者)

ところが、お手本であったはずの紀子さまが、度重なる小室家に関する報道を見聞きするなかで、眞子さまのご結婚に対して慎重な姿勢に変わっていったという。

「紀子さまとしては、娘の行く末を案じる気持ちと、弟の悠仁さまの将来を気にされるお気持ちがあり、慎重になるのも当然のように思われます。しかし、紀子さま以上にまさかと思っているのは、眞子さまです。“家柄は関係ない”、“相手は自分で見つけて恋愛結婚でいい”と育てられ、そして一度は結婚を認めたはずなのに、なぜ今になって違うことを言い出すのか。眞子さまが反発心を抱くのも、自然なことではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

小室さんを巡ってさまざまな騒動が起きている渦中で、秋篠宮邸に招いたことが知れれば、世間が「秋篠宮ご夫妻は結婚や小室さんに対してどういうスタンスなのか」と関心を強めることは明らかだ。しかし、眞子さまなりの「正論」があり、それゆえに、小室さんと「内密の送別会」を行うことは、紀子さまも認めざるをえなかったのだろう。



続く

以下ソース
https://www.news-postseven.com/archives/20180811_737764.html



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534222847

【皇室】眞子さまが許せない暗黙の破談計画 紀子妃と視線合わせず…「大学に行きたくない」

1 名前:さくや姫 ★>:2018/05/14(月) 13:45:34.48 ID:CAP_USER9.net

週刊新潮 2018年5月3・10日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05140800/?all=1
https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2018/03/1803060801_1-714x476.jpg


 11月の結婚予定が「再来年に延期」された秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と小室圭さん(26)。お二人の前途は、2月6日の「延期」発表から皇室を巻き込んだ懸案となったままである。


 小室さんの母・佳代さん(51)が、元婚約者との間で400万円を超す金銭トラブルを抱えていると報じられたのは昨年末。以降、

「眞子さまと小室さんは外でのデートもままならず、代わりにおよそ3週間に1度のペースで小室さんが秋篠宮邸を訪ねて来ています」

 とは、秋篠宮家の事情を知る関係者。そんな中でも秋篠宮さまは、眞子さまのお考えを尊重しつつ“決断”を待たれているといい、

「対照的に紀子妃殿下には、速やかに事態を解決しようという積極的な姿勢がうかがえます。時に眞子さまに『冷静になりなさい』などと指導なさるため、言い合いになる場面もしばしばありました」(同)

 その一方で、

「妃殿下は周囲に『そろそろ(問題が)うまくいきそうです』とお話しになっている。眞子さまのお気持ちが冷めて“自然消滅”へと向かう目処が立った、という見通しを持っておいでなのです」(同)

 とはいえ、現実は必ずしもこの限りではない。関係者が続けるには、

「ご家庭が立たされているこのたびの窮地について、妃殿下は外部には見せまいと、つとめて気丈に振舞われているのが拝察されます。ですが、当の眞子さまは『燃え盛る思いを引き裂かれた』といった感情を、いまだ根強くお持ちでいらっしゃるのです」

 それは例えば、

「宮中祭祀の折など、今でも妃殿下と眞子さまはお言葉を交わすどころか、視線さえ合わせようとなさらない。その雰囲気を察した殿下が間に入り、眞子さまに話しかけるなどして仲を取り持っていらっしゃるのが現状です」(同)

 さらに眞子さまは、以下のようなお言葉も口にされているというのだ――。

「大学には行きたくない」

 2014年にICUを卒業された眞子さまは、英国レスター大大学院に留学され、文学修士の学位を取得。16年9月からは、ICU大学院の博士後期課程で研究を続けられている。

「比較文化専攻に在籍され、博物館学を研究されています。これまではご公務もあってミーティングなどへのご出席はさほど多くはありませんでしたが、現在はもっぱら、博士論文の執筆作業を進めておられるご様子です」(ICU関係者)

 が、先の事情を知る関係者によれば、

「小室さんとの問題が尾を引いてしまい、近頃では驚くべきことに『もう大学には行きたくない』『研究をやめたい』などとこぼしていらっしゃるのです」

 生涯の伴侶と心に決めた男性と半ば強制的に引き離された挙げ句“無期限凍結”措置がとられてしまったのだから、活力が萎えるのも無理からぬ話であろう。それでも、ことはすでに容易ならざる局面に移行しているかに映るのだ。

特集「ご静養旅行を拒む『眞子さま』の反乱」より



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526273134

【皇室】眞子さま「結婚延期」発表後の異変! 薬指から消えた指輪

1 名前:豆次郎 ★>:2018/02/15(木) 00:28:50.21 ID:CAP_USER9.net

「窓を開けてお顔を見せてくださいました」と、沿道でお迎えしていた女性は、安堵したように話した。予定より少し早く到着した車から、柔らかな笑顔をお見せになった眞子さま。

2月9日、秋篠宮家の長女・眞子さまは、東京都中央区で開催されている「現代女流書100人展」をご覧になった。

「実は直前まで『もしかしたらご欠席になるのでは……』という懸念の声も上がっていました。ですので、会場に姿をお見せになったときは胸をなでおろしました。会場では、ひとつひとつの作品をしっかりとご覧になり、万葉集の防人を送る母の気持ちを歌った作品などに、興味を持たれていたそうです」(皇室担当記者)

この3日前の2月6日、日本中に衝撃を与えた“前代未聞”の発表があった。眞子さまと国際基督教大学(ICU)時代の同級生・小室圭さんとの“ご婚約、ご結婚延期”である。

書道展の案内役を務めた柳澤朱篁さんは、高校生の時までおよそ10年にわたって、眞子さまに書道を教えていた。結婚延期について、柳澤さんが「ご婚約の期間が長ければ長いほど、お幸せがきますよ」と語りかけると、眞子さまは「ありがとうございます」と笑顔を見せたという。

しかし、この日の眞子さまのお振る舞いに「気になる点があった」と語るのは皇室ジャーナリスト。

「展覧会をご覧になっている間ずっと、眞子さまは手を前に組んで、しきりに右手を隠されていました。不思議に思い眞子さまの手元に注目していると、一瞬見えた右手には指輪がありませんでした。1月2日の新年一般祝賀でお手振りなさった眞子さまの右手薬指には、小室さんからのプレゼントと思われる指輪がキラリと光っていたのですが……」

宮内庁は「眞子さまのご結婚の意思に変わりはない」と説明しているが、指輪を外された眞子さまの本心は――。

https://jisin.jp/smart/serial/社会スポーツ/imperial/32812
https://data.jisin.jp/contents_img/140/231/140231.jpeg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518622130

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ