皇室

【皇室】佳子さま、「富士急行」の御曹司と熱烈交際中か

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/>:2017/05/31(水) 07:43:33.79 ID:CAP_USER9.net

眞子さまが結婚となれば、妹・佳子さま(22)が引くルージュの色に耳目が集まるのは自明のこと。
熱烈交際中の「富士急行」御曹司が狙っていると噂されている。

国際基督教大3年の佳子さまは、今年9月から英中部のリーズ大に留学されることになっている。

宮内庁関係者によると、

「宮邸で時間を過ごすより自由でいたいというお考えがお強い。
お年ごろということなのでしょうけれど、紀子妃への反発というものも少なからずあるようです」

ともあれ、永田町関係者はそんな佳子さまについて、

「富士急の御曹司、堀内基光君と交際されていると聞いています」

と指摘。

基光君の横顔を紹介しておくと、幼稚園から中学まで学習院、高校からは慶応に転じ、慶大法学部を卒業後にメガバンクに入行。
その家系を辿ると(図参照)、父・光一郎氏(56)は富士急の社長。
過去に紀宮さま(現在の黒田清子さん)の花婿候補に擬せられたこともある。

解説図:https://www.dailyshincho.jp/image/log/17/05310558/2.jpg


更に光一郎社長の父・光雄氏は元通産相で、地盤を受け継いだのは自民党の詔子(のりこ)代議士(51)。
基光君の母だ。

「基光君は学習院時代、眞子さまと同級生だったので、紀子さまとは『ママ友』として仲良くされていたようです」(同)

■シンガポールに

堀内家を訪ね、まずは光一郎社長に聞いた。

――ご婚約を知った時は。

「大変すばらしいことだと思います。大変驚きました。同級生も誰も知らなかったんじゃないですかね。
眞子さまとウチの倅(せがれ)とは同級生ですが、みんなLINEなどで喜んでいるようでした」

――ご子息も、眞子さまのご婚約はご存じなかったんですか。

「全く知らなかったようですね」

――佳子さまとご子息が交際されている?

「(笑いながら)してない、全くありません。本人が一番驚いていました。一度も会ったことないんじゃないですかね」

あとから出て来た詔子代議士にも質すと、

「本当におめでたい話で。実は息子は転勤して日本にいないんです。それでなかなか、ね……。
はい、シンガポールに行っています。息子はお目にかかったことがないと思います。本当に恐れ多いお話です」

先の関係者は、

「富士急は県有地を長らく割安で賃借してきたと報じられたことがある。
ある種の既得権を守るため『議席』は譲れないし、皇室という錦の御旗は願ってもないもののはず」

ともに海外生活に入って、ルージュの色に移ろいがあるや否や。

https://www.dailyshincho.jp/image/log/17/05310558/1.jpg

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05310558/?all=1
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05310558/?all=1&page=2



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496184213

【皇室】愛子さまの長期欠席で会見紛糾、「深刻な理由」明かされず

1 名前:( ´∀`) ★@\(^o^)/>:2017/05/20(土) 13:36:51.27 ID:CAP_USER9.net

愛子さまの長期欠席で会見紛糾、「深刻な理由」明かされず
2017.05.20 07:00

GW明けからまた長期欠席が続く愛子さま
【GW明けからまた長期欠席が続く愛子さま】

 朝からどんよりとした重い雲が垂れ込めていた5月16日。その日も、愛子さまが学習院女子高等科に姿を見せられることはなかった。

「GWが明けた8日から、日曜日をはさんで8日連続で学校を欠席されたことになります。11日には筑波山(茨城県)への遠足も予定されていましたが、これも欠席。4月8日の入学式直後にも3日ほどお休みになっており、合計でかなりの日数を欠席されていることになります」(皇室記者)

 5月3日にウィーン少年合唱団の公演を皇太子ご夫妻とご鑑賞。5日にも車椅子バスケの日本選手権決勝をご一家で観戦され、愛子さまはお元気な様子を見せられていた。

 それだけに、お休みが重なっている事実は、宮内庁担当記者にも衝撃を与えた。皇太子ご一家のご様子は、毎週金曜日に行われる定例会見で東宮大夫が宮内記者会に発表することになっている。5月12日、愛子さまの欠席が伝えられた会見は紛糾した。

「どういった症状かもっと詳しく」
「医師はどのように診断しているのか?」
「GWに立て続けにお出ましになったのがご負担だったとか?」
「去年の長期欠席のときのような状態なのか?」
「高等科に入学されてから、半分くらい休んでいるのではないか?」

 昨秋、愛子さまが体調を崩され中等科を約1か月半欠席され、「激やせ」が心配されてから6か月、再びの長期欠席に矢継ぎ早に質問が飛ぶのも無理はない。しかし、宮内庁側は、今回も要領を得ない回答を繰り返すばかり。

「“急に気温が上がるなど不規則な天候が続いたことで体調を崩された”とはじめは説明されました。ただ、欠席中にお住まいでは勉強や読書をされたり、音楽を鑑賞されたりと普通に生活されているし、普段通り食事も取られているという。結局これといった症状も説明されないままで、記者連中もいらだちを隠せませんでした。1週間丸々休まなければならないというのは他に“深刻な理由”があるのではと勘ぐりたくもなります。今までにない不穏な空気が流れましたね」(前出・皇室記者)

 今回の愛子さまの体調不良とご欠席に、ある皇室ジャーナリストはこう本心を漏らす。

「高等科の場合は欠席が続くと留年する可能性があり、たとえそうでなくても勉強についていくのが難しくなる。こうなった以上、環境を変えるのも1つの手ではないでしょうか。留学といった生活の変化によって心機一転をはかるのです。新しい環境への不安はあるでしょうが、このまま手をこまねいていては、事態は繰り返すばかりで、皇室や宮内庁に対する不信の原因にもなりかねない。愛子さまの不調に引っ張られるようにして、雅子さまが公務にお出になれないようなマイナスの『母子シンクロ』を防ぐことにもなるかもしれません」

 宮内庁も積極的な解決法を模索する時期がきている。

https://www.news-postseven.com/archives/20170520_556725.html?PAGE=1#container



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495255011

【皇室】<愛子さま>学習院女子高等科に進学されるも授業初日にいきなりのご欠席...

1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2017/04/19(水) 12:10:54.70 ID:CAP_USER9.net

4月11日、外交関係樹立60年を迎えたマレーシアへの親善訪問に先立つ記者会見でのこと。

 長女の愛子さまの「国際感覚」についての質問に、「今後とも、愛子にはできるだけ若いうちに国際感覚を身につけていってもらいたい」「実際に外国に行ってみるということは極めて大切だと思います」とお答えになった皇太子さま(57)。

 学習院女子高等科での3年間が始まった愛子さまにとっては、そんな外国への訪問や留学が大きなテーマのひとつになるのかもしれない─。

「愛子さまの女子高等科の入学式は、4月8日に行われました。

 昨年の激やせぶりも改善し、直前まで長野で楽しまれていたスキー焼けした顔で、“先生方やお友達と一緒に、充実した高校生活を過ごすことができればと思っています”とおっしゃいました」(宮内庁担当記者)

 翌9日の日曜日には、皇太子ご夫妻に連れられて皇居・御所を訪問し、天皇・皇后両陛下に高校入学の挨拶をして、昼食をともにされた。

「週明けの10日からは、学校ではガイダンスなどが行われました。この日は、両陛下の結婚58年の記念日で夕食会が御所であり、愛子さまも同席されました。両陛下も、愛子さまの成長ぶりに安心されたのではないでしょうか」

 授業開始は、皇太子さまのマレーシア出発の13日からだったが、実はこんな心配もささやかれていた。

「3年前の6月、中学に入学されたばかりの愛子さまは、皇太子さまがスイスを訪問されたころから、ご登校が不規則になりました。お父さま不在の間に、雅子さまの夜型生活に引きずられるかたちで生活リズムを崩したからです。

 今回も、高校入学直後という新しい環境で皇太子さまがお住まいを空けられたので、同様なことにならないか心配はありました」(皇室ジャーナリスト)

 中1の前半は午後2時に登校したり、定期試験を欠席されるなどの不規則な登校が続いた時期があった愛子さま。

「3年生の秋には、胃腸の不調やふらつきで、1か月半ほどご欠席。登校再開後も“激やせ”ぶりから『摂食障害』(拒食症)の疑いも出たほどでした」(宮内庁担当記者)

 そんな心配もあるなか、授業初日だった13日、愛子さまは、桜吹雪が舞う校門に姿をお見せになることはなかった─。“激やせ”の影響がまだ続いているのではという見方もあったが、

「東宮大夫会見では、風邪で欠席されたとの説明がありました」(宮内庁関係者)

 それほど重くはなかったようで、愛子さまは翌14日と15日土曜日の午前授業には、朗らかな表情で元気よく登校された。

 18日までの予定でマレーシアを訪問していた皇太子さまも、励ましの電話などをされていたのかもしれない。

2017/4/19週刊女性2017年5月2日号
http://www.jprime.jp/articles/-/9485?display=b

写真
http://www.jprime.jp/mwimgs/5/8/-/img_58f19f1a81805bd4152984b21ad6d66c235879.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492571454

【皇室】愛子さま激ヤセの原因は何? 専門家が危惧する「拒食症」の兆候

1 名前:木村カエレφ ★@\(^o^)/>:2017/03/10(金) 09:29:23.40 ID:CAP_USER9.net

現代ビジネス 3/9(木) 21:01配信

時折ふらつくお姿が

 「『愛子さまは大丈夫か』ご一家の写真が記者に配られたとき、みんな顔を見合わせました。昨年末よりさらに、頬のあたりが細くなり、手にも骨が浮き出ていました。

 その後の『記者レク』では、記者から愛子さまの体調について質問が出ましたが、東宮職の答えは『まだ回復途上ですが、学校にも普通に行けていますから大丈夫』とそっけない。しかし、率直に言って『異常事態』と感じざるを得ないお姿でした」(宮内庁担当記者)

 2月17日、皇太子の誕生日に先立って、東宮一家の写真が記者に配られたが、そこに写った愛子さまのあまりのやせ方に、驚愕が広がった。

 昨秋以降、1ヵ月以上も学校を欠席、その後も「激ヤセ」が報じられ、体調が心配された愛子さまだが、そこから体重を戻すどころか、さらに減らしている様子がうかがわれたのである。

 皇太子はこれから数年のうちに天皇になる。それとともに、「皇女」となる愛子さまの健康状態は、これまで以上に、国民にとって心配のタネだ。

 愛子さまの周辺は、事態を大袈裟にしたくないという配慮があるのだろう、あくまで「体調は改善している」と主張する。前出の記者によれば、誕生日会見の後のオフレコのお茶会でも、皇太子は愛子さまの体調について質問が出た際、

 「食事もしていますし、雅子もしっかり支えていますから、いまは体調も良くなって普通に通学するようになっています。心配していただいてありがとう。大丈夫です」

 と答えたという。

 しかし実は、学習院女子中等科での生活でも、体重が落ちたことによる体調不良がまだまだ見受けられるという。学習院関係者が証言する。

 「時間通り登校はしているものの、時折、保健室を訪れているといいます。表面上は普通に過ごしていますが、ふらつくことがあるそうなのです。

 学習院側も体調を心配し、昨年来、科長、主管(担任)、キャットルーム(カウンセリングルーム)の先生が話し合いを持ち、愛子さまのケアに心を砕いているようです」

 別の学習院関係者も言う。

 「中等科の後輩たちの中には、愛子さまの『ファン』も多いですが、彼女たちの間でも『愛子さまが見るたびにやせているようで心配だ』という声が出ていると聞きます」

 こうした愛子さまの様子について、精神科医の片田珠美氏が専門的見地から意見を述べる。

 「愛子さまの最近の写真を拝見すると、昨年末に比べてさらにやせているように見える。客観的に見ると拒食症の兆候が出ているように思えます。

 写真で見る限り、愛子さまは平均的な体重をかなり下回っている印象です。普通の女性だと、体重が30㎏を切ると免疫力が低下し、風邪やインフルエンザでも命に関わる事態になってしまう。その意味でこれ以上やせると、体調が一層心配になってきます」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00051112-gendaibiz-bus_all



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489105763

【皇室】激やせ愛子さま 精神科医は「拒食症で危険水域」と指摘

1 名前:三毛猫 φ ★@\(^o^)/>:2017/02/22(水) 16:31:43.10 ID:CAP_USER9.net

NEWS ポストセブン 2/22(水) 16:00配信

「愛子さまはさらにやせられたようだが、お体に異常はないのか」
「一体、どのような対応策が取られているのか」「回復のご様子が
一切見られないではないか」。
.
 皇太子さまの57才の誕生日(2月23日)に先立って、ご一家の写真が
メディアに公開された2月17日、宮内庁幹部に記者から矢継ぎ早に質問が飛んだ。
写真には、「激やせ」といっても過言ではない愛子さまのお姿が写っていたからだった。
.
「ご体調不安により、昨年9月から10月にかけておよそ1か月半、学校を欠席。
その後、ご自身の誕生日(12月1日)や年末年始の行事へお姿を見せられたときの
変貌ぶりは衝撃的でしたが、その時よりさらにおやせになったという印象を
受けた人が多かったようです」(宮内庁関係者)
.
 愛子さまは年明け1月10日に始まった学習院女子中等科の3学期の授業に、
特段のお変わりなく出席されている。2月13日には、学校で行われた
百人一首大会に参加された。
.
「大会は全生徒が体育館に集まり、学年やクラス混合の10人前後のグループに分かれ、
その中で枚数を競い合います。天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻と楽しまれることも
あるという愛子さまは、グループでいちばん多く40枚近い札をとられました」(学習院関係者)
.
 バレンタインデーだった翌14日には、雅子さまとご一緒にチョコレートを手作りされたという。
.
「かなりの出来に愛子さまも満足されたようで、直接皇太子さまにチョコをお渡しに
なったほか、職員を通して陛下にも届けられたといいます」(前出・宮内庁関係者)
.
2月18日には、愛子さまは大きなチェロを背負って登校された。伸ばされていた髪を
バッサリと切り、左右でまとめられ、パッツン前髪はきれいに切りそろえられている。
ほっそりとした白い脚に真っ白なソックスが目立ち、歩を進められるたび、脚の外側には
筋が浮かんでは消えていた。

「女子高等科3年生の送別学芸会で、愛子さまはチェロを演奏されるのではないでしょうか。
その練習のために持参されたのでしょう」(前出・学習院関係者)

◆「長期化」と「再発」
.
 愛子さまの生活ぶりは長期欠席以前と変わらない程度まで戻ってきているように見える一方で、
愛子さまの登校風景からは、むしろさらに体重が落ちているのではないかと感じてしまうほどだ。
これに警鐘を鳴らすのは、精神科医の片田珠美氏だ。
.
「愛子さまのお変わり様は、摂食障害のうち、拒食症といっていい状態だと思われます。
そういった患者の多くは、やせている状態が心地いい、美しいと思い込んでいることが多いんです。
場合によっては命の危険があるにもかかわらず、その危険性を認識することができない」
.
 そもそも、愛子さまのご体調不良は、過剰な「炭水化物抜きダイエット」が引き金だったともいわれている。
.
「客観的に見れば病的な変化でも、本人はそう思っていない。むしろ“私はどんどん美しくなっている”と、
恍惚の快感を覚え、さらにやせようとする。この状態は、体重低下の負のスパイラルといえるでしょう。
愛子さまの拒食は、すでに危険水域といっても過言ではありません」(前出・片田氏)

以下全文
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00000022-pseven-soci&p=2
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170222-00000022-pseven-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487748703

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ