芸能

【芸能】アメフト部出身の乙武氏、日大の悪質タックル批判「スポーツに対する冒涜」

1 名前:豆次郎 ★>:2018/05/17(木) 15:55:26.64 ID:CAP_USER9.net

5/17(木) 15:00配信
アメフト部出身の乙武氏、日大の悪質タックル批判「スポーツに対する冒涜」

 作家の乙武洋匡氏(42)が17日、自身のツイッターを更新。6日のアメリカンフットボール定期戦で、関学大クオーターバック(QB)に対して日大選手が背後から悪質なタックルを仕掛けた問題に言及し「スポーツに対する冒涜」などと私見をつづった。

 「高校時代はアメフト部でした」という乙武氏。「アメフトには体と体のぶつかり合いという側面もありますが、ベンチワークも含めた頭脳戦という側面が大きいのもまた事実です」とした上で、「その結果、『相手のQBを故意に潰す』という戦術に至ったのなら、それはアメリカンフットボールひいてはスポーツに対する冒涜でしかありません」と指摘した。

 悪質なタックルは6日に都内で行われた定期戦で発生。日大選手が、無防備な状態の関学大クオーターバック(QB)に背後からタックルするなど複数回の反則行為を繰り返した。QBは右膝軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間との診断。その後、左足のしびれも訴えたため、西宮市内の病院で精密検査を受け「椎間関節のよじれによるもの」(関学大関係者)と診断された。

 関学大アメフト部の鳥内秀晃監督(59)と小野宏ディレクター(57)はこの日、兵庫県西宮市の同大学で会見し、「非常に悪質なので、責任者が次の日などに直接、謝罪するなりすべき。同じ指導者として到底受け入れられない」などと訴えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000141-sph-ent
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180517-00000141-sph-000-2-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526540126

【芸能】西城秀樹さん死去 “新御三家”郷ひろみが追悼 「長男は五郎、次男は秀樹、末っ子がボク。とても悲しい気持ちでいっぱい」

1 名前:ばーど ★>:2018/05/17(木) 14:47:09.16 ID:CAP_USER9.net

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180517-00000332-oric-000-view.jpg


「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日に死去した。63歳だった。西城さんの訃報を受け、郷ひろみ(62)が17日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷と野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。

郷は「同世代として、とても残念です。ボクの中で長男は五郎、次男は秀樹 末っ子がボクでした。秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです」とつらい胸中吐露。

「デビュー当時、右も左もわからなかったボクに、『ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ』と親身になってくれたこと、一生忘れません。こころからお悔やみ申し上げます」としのんだ。

■以下、コメント全文

同世代として、とても残念です。

ボクの中で長男は五郎、
次男は秀樹
末っ子がボクでした。

秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです。

デビュー当時、右も左もわからなかったボクに「ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ」と親身になってくれたこと、一生忘れません。

こころからお悔やみ申し上げます。

5/17(木) 14:39
オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000332-oric-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526536029

【芸能】西城秀樹さん死去 「大変お世話になりました」ハウス食品グループ本社 カレー「ヒデキ、感激」で国民食に

1 名前:おうか ★>:2018/05/17(木) 16:22:32.62 ID:CAP_USER9.net

西城秀樹さんの死去を受け、西城さんの「ヒデキ、感激!!」というキメぜりふで有名な「バーモントカレー」のCMを放映していたハウス食品グループ本社がコメントを寄せた。以下の通り(原文のまま)。



 突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。西城秀樹さんには、弊社のTVCMに多数ご出演いただき、大変お世話になりました。

 中でも1973年から1985年までご出演をいただいた「バーモントカレー」のTVCMは大変好評をいただき、そのお陰もあって今日カレーライスが国民食とまで言われ、皆様に愛されるようになりましたものと大変深く感謝しております。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000563-san-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526541752

【芸能】<西城秀樹さん死去>63歳…「ヤングマン」「傷だらけのローラ」など大ヒット曲多数

1 名前:Egg ★>:2018/05/17(木) 12:32:28.58 ID:CAP_USER9.net

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹さん(さいじょう・ひでき、本名=木本龍雄、きもと・たつお)さんが死去した。63歳だった。2003年と11年に脳梗塞を発症した西城さんは、後遺症やリハビリと闘いながらステージに立ち続けた。郷ひろみ(62)、野口五郎(62)らと「新・御三家」として70年代に一世風靡(ふうび)した。

 永遠の“ヤングマン”が天国へと旅立った。

 48歳、56歳の時に脳梗塞を2度発症。右半身のまひや言語障害などの後遺症が残ったが、壮絶なリハビリで回復。4月にコンサート出演するなど、最後までステージにこだわった。

 甘いマスクに長髪をなびかせ、エネルギッシュに熱唱するスタイルで女性ファンをとりこにした。1974年には「傷だらけのローラ」で日本レコード大賞歌唱賞を受賞。「薔薇の鎖」では敬愛する英歌手ロッド・スチュワートばりにスタンドマイクを振り回すアクションで人気を集めた。

 79年の「YOUNGMAN」は約140万枚の大ヒットを記録した。自身も考案に携わった「YMCA」の4文字を両手で表現する振り付けも大流行。80年のセンバツ高校野球大会の入場行進曲、近年はCMソングに起用され、世代を超えて愛された。

 音楽を愛し続けた63年間だった。ジャズ好きの父親の影響を受け、小学3年生で地元のジャズスクールに通いドラムを始めた。中学1年生の時は3歳上の兄らとバンドを結成し、ビートルズなどの楽曲を披露。楽器を購入するために新聞配達のアルバイトもこなし、岩国の米軍キャンプでも演奏した。 

 広島・山陽高時代にジャズ喫茶で歌っていた時にスカウトされ、「ワイルドな17歳」をキャッチフレーズにデビュー。郷、野口と“新御三家”としてスターへの階段を駆け上った。私生活では46歳まで独身を貫いたが、2001年に妻・美紀さんと結婚。2男1女と子宝に恵まれた。

 幸せまっただ中の03年、突如病魔に襲われた。ディナーショーで訪れた韓国・済州島で脳梗塞を発症。11年に再発し、右足を引きずるなど後遺症が残ったが、家族に支えられながらリハビリに励んだ。1日3~4箱吸っていたタバコも断った。60歳を迎えた15年4月にライブを開催し、「ヒデキ、還暦!」とさらなる活躍を誓っていた。

 西城さんは09年にスポーツ報知のインタビューで、死ぬ間際まで役者人生を全うした緒形拳さん(08年死去)を理想に挙げた。「緒形さんのように自分の体が滅びていくまで仕事ができるか。僕は弱い人間だから自信がないけど。これからさらに鎧(よろい)がもう一つできて強くなれるかな」。その言葉通り、最後まで歌手人生を全うした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00010000-spht-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526527948

【芸能】三浦翔平&桐谷美玲 6月下旬結婚へ「この人と結婚したいと思っている」

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2018/05/16(水) 03:16:15.21 ID:CAP_USER9.net

三浦翔平&桐谷美玲 6月下旬結婚へ「この人と結婚したいと思っている」
5/16(水) 2:55配信 スポニチ Sponichi Annex 芸能
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000002-spnannex-ent

俳優の三浦翔平(左)と女優の桐谷美玲
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180516-00000002-spnannex-000-view.jpg


俳優の三浦翔平(29)と女優の桐谷美玲(28)が結婚することが15日、分かった。交際約1年。スポニチの取材では、来月下旬に婚姻届を提出する方向で調整を進めている。

2人は16年7月期のフジテレビドラマ「好きな人がいること」で共演。昨年の初め頃から2人きりでデートをする姿が目撃されており、春頃から交際に発展。当初から結婚を意識していた。桐谷は結婚願望が強く、「この人と結婚したいと思っている」と周囲に明かしていた。

関係者によると、三浦が6月3日に30歳になることから、この時期を軸に調整を進めていた。撮影中のドラマがクランクアップ後の6月20日ごろに結婚するもよう。既に両者とも所属事務所に報告していた。

◆三浦 翔平(みうら・しょうへい)1988年(昭63)6月3日生まれ、東京都出身の29歳。07年のジュノンスーパーボーイコンテストで理想の恋人賞などを受賞。08年に日本テレビ「ごくせん」でドラマデビュー。11年に映画「THE LAST MESSAGE 海猿」で日本アカデミー賞新人俳優賞。出演作は「ダメな私に恋してください」「好きな人がいること」など。1メートル81、62キロ。

◆桐谷 美玲(きりたに・みれい)1989年(平元)12月16日生まれ、千葉県出身の28歳。偏差値70の進学校に在学中の06年に映画「春の居場所」でデビュー。同年にティーン誌「セブンティーン」の専属モデルに。10年にテレビ朝日「女帝 薫子」で連ドラ初主演し、「音楽人」で映画初主演を飾る。12年からは日本テレビ「NEWS ZERO」の火曜日キャスターを担当。1メートル63。血液型A。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526408175

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ