芸能

【芸能】加藤貴子 父ががん、総合病院の外科医の対応「ひどい」

1 名前:砂漠のマスカレード ★>:2018/11/14(水) 22:21:58.79 ID:CAP_USER9.net

女優の加藤貴子(48)が13日、ブログを更新し、父親ががんになった時の総合病院の外科医の対応「ひどさ」について記した。
医師は「手の施しようがないステージです。もって3か月です。退院して自宅療養をおすすめします」と「めんどくさそうに」宣告。
セカンドオピニオンを考えて検査結果を渡して欲しいとの要求にも「渡せない」と拒否したという。父は病院を変わり、1年半を生きたとしている。

加藤はある週刊誌の対談企画で大阪を訪れたと記した。対談した医師について「簡潔にわかりやすく、ゆったりお話ししてくださいました。
患者さんにもこのように対応してらっしゃるんだろうな~、と想像できる先生でした」と信頼出来そうな医師だったと記した。

続けて、「ドクターと患者 ストレスなくコミュニケーションが成立する関係が理想的ですが…これがなかなか、難しいんですよね」とこれまでの経験から訴えた。
「私なんかは直ぐにはドクターのお話を理解できません。でも、医師に質問すると、イライラ空気であからさまにーその説明したところで、君にわかるの?みたいな態度をされたり…」とも。

さらに加藤は「亡き父が、癌になったときのこと」をつづった。総合病院の外科医が「手の施しようがないステージです。もって3か月です。
退院して自宅療養をおすすめします」と、「説明もめんどくさそうに言われました。ショックで倒れそうでした」と振り返った。

加藤はセカンド・オピニオンを考え、「検査結果をいただけますか?」と尋ねた。すると医師は「検査結果が欲しいなんて初めてです。それは渡せません。
どこに行かれても同じですよ」と返答。「半分鼻で笑われてるような言い方であしらわれました」と記した。

加藤は「今でも、思い出すと吐き気がするくらい酷い対応でした」とし、しかし、「おかげで家族一丸となって父の闘病生活を共にする覚悟が出来ました。
そして、退院して、患者側に寄り添った治療をしてくれる病院を見つけて、父は1年半延命することが出来ました」とつづった。

以来、加藤は「説明をはしょったり、言葉を濁す医師を信頼できない傾向があります」と当時の外科医によって考え方が決定づけられた様子。
現在は「幸運なことに現在の私は、不妊治療、出産、そして家族でお世話になっている内科や耳鼻咽喉科の主治医や看護師さんたちに、とても恵まれています」と記し、
「あらためて、医師とのコミュニケーションがいかに大事なことかを痛感しています」と、つづった

http://news.livedoor.com/article/detail/15589966/
2018年11月13日 17時55分 デイリースポーツ



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542201718

【芸能】“イジメ”が『乃木坂46』内で横行!1年以上“無視”を「美談にするな」

1 名前:砂漠のマスカレード ★>:2018/11/14(水) 19:25:31.50 ID:CAP_USER9.net

『乃木坂46』の人気メンバー、西野七瀬と秋元真夏の間に発覚した“因縁エピソード”が、ファンの間で物議を醸している。

このエピソードが明かされたのは、11月11日深夜放送のグループ冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)でのこと。
この日の放送では最新シングルのヒット祈願ロケを行い、本作をもってグループを卒業する西野が思い出の地を巡礼していった。

企画で西野と秋元は『横浜アリーナ』に立ち寄り、2人で一緒に写った「忘れられない」という写真を公開。
ここで2人のエピソードトークが展開されることになり、秋元が学業優先のため、1期生ながらシングル4枚目からの活動となった過去を振り返り始めた。

他のメンバーより出遅れたにもかかわらず、同曲ではいきなり選抜の主要ポジションに抜擢された秋元。
しかし、もともと同ポジションにいた西野は“玉突き人事的”にはじき出される格好となり、これをよく思わなかった西野は、秋元と口を利かなくなったという。

美談扱いの演出にファンが発狂
2人の険悪ムードは1年以上にも及んだが、ここ『横浜アリーナ』での結成2周年記念ライブを機に、
わだかまりが解消。西野が「真夏おかえり、一緒にがんばろう」と発したことで、2人は現在まで続く友好関係を築き上げたのだ。

この騒動を、涙ながらの“感動エピソード”として西野は語ったが、ファンからはすぐに「ただのイジメだろ」との批判が噴出。
また、これを美談として扱っている番組の姿勢も疑問視されることになり、ネット上には、

《美談にしているけど、ほんとのイジメだよ》
《嫉妬で無視して、その仲直りを美談扱いって…》
《西野やファンは美談にしてるが、真夏が大人の対応だっただけ。1年も無視されるなんて許せないよ》
《真夏の性格が仏レベルだから許された話。普通なら耐えきれずに辞めてるかブチギレてる》
《そもそも怒りを真夏にぶつけた西野が元凶。運営が悪いだけで、真夏には一切非がない》

などの意見が上がっている。

当人同士にとっては成長と絆のエピソードでも、秋元のオタクにとっては“永遠に許せない”恨みごとになってしまったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1570485/
2018.11.14 19:00 まいじつ



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542191131

【芸能】乙武さん、義足を装着する

1 名前:シャチ ★>:2018/11/13(火) 22:27:46.19 ID:CAP_USER9.net

作家の乙武洋匡氏(42)が13日、自身のインスタグラムで義足姿を初公開した。

 乙武氏は「乙武、再始動」とコメントし、画像を掲載。同時に「義足プロジェクト」「人生初」「仁王立ち」「歩いてみせる」などのハッシュタグを付けている。


 「これはわくわくします」「凄い カッコイイ」などのコメントが寄せられている。


11/13(火) 22:17配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000234-sph-ent
画像 instagramより@ototake_official
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181113-00000234-sph-000-4-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542115666

【芸能】紅白、真の“目玉歌手”が見当たらない…? 出演内定者がまるで“フェス”

1 名前:砂漠のマスカレード ★>:2018/11/13(火) 05:50:17.04 ID:CAP_USER9.net

総合司会と紅組・白組の司会がそれぞれ決定した、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」だが、各スポーツ紙が出場が内定した歌手を報じている。

報道をまとめると、昨年1月から活動を休止し、今月3日から再始動した男女3人組ユニット「いきものがかり」が内定。
同ユニットは、08年から2016年まで9回連続で「紅白」に出場。
2012年には、同局のロンドン五輪・パラリンピックのテーマ曲「風が吹いている」で初の紅組トリを務めるなど、実績も十分だ。

また、ロックバンド「エレファントカシマシ」の宮本浩次(52)が、ソロとして初出場することが確実だとか。

宮本はこれまでバンド活動に集中していたが、今年は椎名林檎とタッグを組んだ配信限定シングル「獣ゆく細道」が、日本テレビ系「news zero」のテーマソングになるなど話題に。

今月28日には、東京スカパラダイスオーケストラにゲストボーカルとして参加した「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」が発表される。
さらに、宮本と連動してか、企画枠で、来年メジャーデビュー30年目となる「東京スカパラダイスオーケストラ」も内定したという。

ほかには、若者に人気の女性歌手・あいみょんや、「U.S.A.」が大ヒット中の「DA PUMP」、
NHK連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌「あなたとトゥラッタッタ♪」を歌うDREAMS COME TRUE、デビュー20周年のaikoらが内定したというのだが…。

「内定していたBTS(防弾少年団)のメンバーの”Tシャツ問題”などで出演者の再考が迫られる中、まだ“真の目玉歌手”が誰になるかが決まっていないようだ。
テレビにほとんど出ない米津玄師はギリギリまで交渉を続けそう。平成最後の紅白とあって、それなりの大物を出場させたいようだが、この段階で話が進まず、
出場歌手発表は昨年は11月16日だったが、今年は今月の最終週にずれ込みそうだ」(レコード会社関係者)

とはいえ、国内の大物歌手たちはすでに紅白に出尽くしたような印象。今年も視聴率獲得に苦戦を強いられそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1568042/
2018.11.12 21:40 リアルライブ



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542055817

【芸能】 BTSがユニセフに「原爆看板を持ち込み」はデマ ネットで拡散

1 名前:アルテミス@ ★>:2018/11/13(火) 02:12:06.18 ID:CAP_USER9.net

メンバーが原爆のキノコ雲がプリントされたTシャツを着ていたことから、音楽番組『ミュージックステーション』の出演がキャンセルとなった韓国の人気アーティスト「防弾少年団」(BTS)をめぐるデマが、ネット上で拡散している。
まとめサイト「Buzz Plus News」が配信したもので、「BTSがユニセフ事務所に原爆看板を持ち込み、問題視されている」という内容だ。

● まず、経緯を振り返る

11月11日に「Buzz Plus News」が配信したのは、【炎上】韓国アイドルBTSがユニセフ事務所に「原爆看板」持ち込み問題視 → 世界的大批判「非常識すぎる異常集団」という記事だ。

メンバーが長崎に投下された原爆のキノコ雲をデザインしたTシャツやブルゾンを着ていたことから、批判を浴びているBTSに言及。

「日本に投下した原爆をモチーフにしたとされる『原爆看板』を持ち込んで記者会見をした」などと指摘している。

・原爆看板を持ち込んで記者会見

なんと、BTSが人道的国際連合児童基金「ユニセフ」(UNICEF)の韓国支部に日本に投下した原爆「ファットマン」「リトルボーイ」をモチーフに作られたとされる原爆看板を持ち込んで記者会見。世界規模で問題視されているのだ。
しかしユニセフ韓国支部のスタッフや韓国人記者はBTSの行為をネガティブに思うことなく、取材を続行。なんともナンセンスな雰囲気なのかで記者会見が展開された。

そのうえで、「多くの人たちが猛烈に『非常識すぎる異常集団』とバッシングしている」「彼らの真意はわからないが、BTSに反日思想が根強くあるのは事実かもしれない」などと論評している。

記事は11月12日夕方現在で、TwitterやFacebookで5千近くシェアされているほか、別のまとめサイト「Share News Japan」「アルファルファモザイク」なども引用している。

●正体は…飛行船

ただ、これはデマだ。持ち込まれている看板は原爆ではなく、飛行船だからだ。

そもそもこの会見は、BTSが韓国ユニセフ協会の実施する青少年、子どもへの暴力をなくすための運動「#ENDviolence」を支援しているキャンペーン「LOVE MYSELF」のパートナーシップ締結を発表したもの。

2017年11月に開かれたもので、メンバーが手に持った「LOVE MYSELF」と記された飛行船は、会見に先立つ同年10月に韓国国内を飛行しており、ネットニュースになるなど話題を呼んでいた。

実際、「BuzzPlus News」でも掲載している会見時のYouTubeでは、司会者が「じゃあ、次はちょっとアングルを変えて撮りましょうか。飛行船を持っていただいて撮影開始いたしましょう」などと話している。

機体には、それぞれのメッセージを記してされており、飛んでいる様子は、キャンペーンの公式インスタグラムにも掲載されている。Twitterなどには、ファンによって撮影されているものも多くアップされている。

● 「Buzz Plus News」は弁明

飛行船ではないか、との指摘に対し、「Buzz Plus News」は記事に以下のように追記。
「原爆と飛行船のダブルミーニングの可能性も」(原文はダブルニーミング)と結んでいる。

《※追記: 原爆ではなく飛行船(飛空艇)との情報もありますが、看板には底部に客席(腹鰭)がないため、原爆に見えるとの声が上がり始めた経緯があります。本体の形状も飛行船ではなく、中ほどから後方にかけて細くなる爆弾型です。また原爆と飛行船のダブルニーミングの可能性もあります》

ただ、そうした「可能性」を示す根拠は一切記されていない。

「BuzzPlus News」は、10月16日にも、「韓国で一度客に出した料理の再利用が合法になった」という記事を配信。
ネット上で大きく拡散されたが、これもミスリードだった。

https://i.imgur.com/9QXon8E.jpg


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00010002-bfj-sci&p=2



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542042726

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ