視聴率

【視聴率】日テレの3冠王陥落 敗因と指摘される2つの番組の名前

1 名前:鉄チーズ烏 ★>:2018/11/07(水) 07:16:32.59 ID:CAP_USER9.net

『行列のできる法律相談所』『世界の果てまでイッテQ!』『ザ!鉄腕!DASH!!』……。錚々たる人気看板番組を持ち、4年連続で年間視聴率3冠王を獲得。民放の雄として君臨してきた日本テレビに異変が起きた。

 実に58か月、足かけ5年にわたる連続記録が、ついに途絶えた──。テレビ業界に激震が走ったのは10月の月間視聴率だった。日テレが「月間3冠王」を逃したのだ。

 3冠王とは、全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7~11時)、ゴールデン(午後7~10時)の全てでトップを取ることを指すが、日テレは「全日」の首位を、テレビ朝日に明け渡した。

 日テレの大久保好男社長(68)は10月29日の定例会見で「平日の午前午後のベルト番組が苦戦している」と言及したが、日テレ内にも緊張が走っている。

「朝・昼の屋台骨が揺らいでいるという危機感が表面化した。さっそく、来年4月にかけて情報番組を中心としてテコ入れすることが決まりました」(日テレ局員)

 元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏も言う。

「ここでガクッと一気に全ての視聴率が落ちるということはないでしょう。ただ、このまま徐々に下がっていき、2年後に“気が付いたら落ちていた”となるようなイメージを抱きます」

◆有働さんの意向は……

 日テレとて対策していないわけではない。

 各局が改編のタイミングで改革に走る中、日テレは昨秋も今春も「ほぼ変更なし」という強気のスタンスだったが、今年の秋改編(10月~)では朝の情報番組『PON!』を廃止し、エンタメ&生活情報番組『バゲット』をスタート。さらに“目玉”として、NHKを退社した有働由美子アナを迎え入れ、『news zero』を一新させる大勝負に出ていた。

「そんな中での『3 冠王陥落』には、新生『zero』の“躓き”のせいにする声が出てきています。『zero』は鳴り物入りで加わった有働アナの現地取材やインタビューの企画を設けるなど、彼女の意向を優先する形で作られています。スタッフにも遠慮があり、様子見をしていたところがあった。しかし、視聴率は期待したほどは上がらず、5%以下を記録する日もあった。今後はスタッフが内容により介入していく方向になるようです」(前出・日テレ局員)

 日テレが「月間3冠王」を逃した敗因を、前出・村上氏は「朝の情報番組『ZIP!』と『スッキリ』でしょう」と指摘する。

「30代、40代女性というメインターゲットを奪い合ってきたフジの『とくダネ!』に負けている点が大きい。『スッキリ』はテリー伊藤氏や勝谷誠彦氏といった曲者がいなくなり、MCの近藤春菜や水卜麻美アナが投入されましたが、視聴者が潜在的に求めている“毒”がなくなってしまった。コメンテーターが“良識派”ばかりで、『とくダネ!』の古市憲寿氏のような“炎上が期待できる”キャラがいません。MCの加藤浩次の個性も際立たなくなり、結果的に視聴者が離れていっているのでしょう」(村上氏)

>>2以降に続きます

2018.11.07 07:00
https://www.news-postseven.com/archives/20181107_795418.html?PAGE=1#container


2 名前:鉄チーズ烏 ★>:2018/11/07(水) 07:16:58.49 ID:CAP_USER9.net

>>1の続き

 日テレの情報番組といえば、『スッキリ』や『ヒルナンデス!』のように芸人からアイドルまで華やかな出演者を揃え、ロケ企画や新コーナーをいくつも登場させる手法で、若者を中心に視聴者を取り込んできた。

 ところが、最近ではテレ朝の『グッド!モーニング』『モーニングショー』が中高年の支持を得て朝のトップに立つ。昼の時間帯はTBSの『ひるおび!』が首位に立ち、さらには『ヒルナンデス!』に惨敗していたフジの『バイキング』が時事ネタ中心のトークバラエティとして急成長。日テレの存在感は薄れてきた。上智大学教授(メディア文化論)の碓井広義氏はこう分析する。

「日テレは90年代、当時トップを走っていたフジから王座を奪いました。その頃の日テレはフジを熱心に研究していましたが、いざトップに立つと、研究してまで乗り越えようとする目標がなくなってしまった。現状維持が求められる中、視聴者も日テレの番組に慣れてしまい、刺激的でなくなってしまったのではないか。そんな中で、他局が日テレの番組作りや編成を研究し、追い付いてきたのでしょう」

◆ガッキーでも救えない?

 綻びが見え始めたのは朝・昼だけではない。盤石のゴールデン枠のバラエティ番組も「ここにきて“勤続疲労”が始まっている」と前出の村上氏は指摘する。

「『イッテQ』や『DASH』のような、他局には真似できない独自カラーの人気番組もある一方、最近は『行列のできる法律相談所』を作ったエース演出家の手法をコピーしたような演出が目立ちます。有名芸人のMCを中心に、スタジオにタレントを並べて、VTRを流し、クイズ形式などでトークを繰り広げる。新番組でも視聴率の安定化を探るうちに中身が似たような番組になってしまう。そうして手堅く番組を作るのが日テレのやり方で安定の秘訣でもありますが、無難な番組ばかりで、尖った企画は実現しにくい環境になっている」

 自ら生み出した“安定の日テレらしさ”が、いつしか足枷になってしまっているようだ。

 鳴り物入りでスタートした新垣結衣主演のドラマ『獣になれない私たち』も視聴率1ケタ台と低調。安定志向を棄てて“獣”になるべき時なのか。

※週刊ポスト2018年11月16日号



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541542592

【視聴率】賀来賢人主演「今日から俺は」第4話は9・1%…前回から0・2ポイント上昇

1 名前:ひかり ★>:2018/11/05(月) 10:59:21.18 ID:CAP_USER9.net

4日放送された俳優の賀来賢人(29)主演の日本テレビ系「今日から俺は!!」連続ドラマ(日曜・後10時半)の第4話の平均視聴率が
9・1%だったことが5日分かった。

 初回は9・8%でスタートし、第2話は8・3%、第3話は8・9%、そして今回は0・2ポイントアップした。

 「少年サンデー」で80年代後半から90年代前半にかけて連載され、累計4000万部超えの大ヒットを記録した西森博之氏による伝説の
不良コミックの実写化。ヤンキー学校である「軟葉(なんぱ)高校」とその周辺地域を舞台に、ツッパリたちがバトルを繰り広げていくコメディーで、
「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」などを手がけた鬼才・福田雄一氏(49)が脚本・監督を務める。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000059-sph-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541383161

【視聴率】織田裕二主演「SUITS/スーツ」第4話は8・9%で初の1ケタ転落

1 名前:ひかり ★>:2018/10/30(火) 09:58:04.21 ID:CAP_USER9.net

29日に放送された俳優の織田裕二(50)主演のフジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」(月曜・後9時)第4話の平均視聴率が
8・9%だったことが30日分かった。

 初回は14・2%をマークし、7月期「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回10・6%から2作連続の2ケタ発進。第2話は11・1%、
第3話は10・3%と推移。今回は1・4ポイントダウンし、初の1ケタ台となった。

 全米で2011年から放送され、シリーズ8まで続く人気ドラマ「SUITS」を日本風にアレンジ。東大出身の敏腕弁護士・甲斐正午(織田)と
目に映ったものを完全に記憶する頭脳の持ち主であるフリーターの鈴木大貴(中島裕翔)が出会い、相棒として難解な訴訟に立ち向かう物語。

 女優の鈴木保奈美(52)が甲斐が所属する弁護士事務所の代表弁護士・幸村チカを演じ、1991年1月期の「月9」ドラマ「東京ラブストーリー」
以来27年ぶりに織田と共演することも話題となっている。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000077-sph-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540861084

【視聴率】ガッキー主演「獣になれない私たち」第2回は8・5% 初回から3ポイント減

1 名前:ストラト ★>:2018/10/18(木) 10:06:31.53 ID:CAP_USER9.net

17日に放送された女優・新垣結衣(30)主演の日本テレビ系ドラマ「獣になれない私たち」(水曜・後10時)第2回の平均視聴率が8・5%だったことが18日分かった。

初回は11・5%でスタートし、今回は3ポイントダウンした。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜希子さんが新垣と再びタッグを組み、松田龍平(35)とのW主演で描かれるオリジナル・ラブストーリー。

一見、理想的過ぎる女・晶(新垣)と男・恒星(松田)だが、2人とも本音が言えない、感情に溺れられないという「心に鎧をまとった」人生を送っていた。
そんな2人が仕事終わりのビアバーで偶然出会い、物語が始まっていくというストーリーだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000038-sph-ent

ドラマ「獣になれない私たち」
http://pbs.twimg.com/media/DprbdnTVsAYM5Bw.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539824791

【視聴率】織田裕二主演“月9”「SUITS」第2話11・1% 2週連続2桁で好調キープ

1 名前:ひかり ★>:2018/10/16(火) 09:36:07.27 ID:CAP_USER9.net

俳優の織田裕二(50)が主演を務めるフジテレビの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(月曜後9・00)の第2話が15日に15分拡大で放送され、
平均視聴率が11・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

 初回を14・2%とし、前期の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回10・6%を大きく上回る好スタートとなった今作。 第2話も2桁をマークし、
好調をキープした。

 同作は11年6月にスタートし、現在シーズン8が放送中の米国の同名人気ドラマが原作。法律事務所を舞台に、傲慢な性格だが仕事はできる
エリート弁護士(織田)と、弁護士資格を持たないが天才的な記憶力を持つその相棒(中島裕翔)がバディを組み、数々の難しい訴訟に挑んでいく姿を
スタイリッシュに描く。

 10年ぶりに月9主演を務める織田と女優の鈴木保奈美(52)が1991年に大ヒットした同局「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演を
果たすことでも大きな話題となった。

 第2話は、甲斐正午(織田)は、クライアントである「いろは銀行」の佐橋哲平(米村亮太朗)から内部告発を受ける。部長の谷川好昭(長谷川公彦)が
預金を不正流用し水商売の女性に貢いでいるという。同じころ、鈴木大輔(中島)は、甲斐に命じられ、プロボノ=無料法律相談会の仕事に取り組んでいた。
そこで大輔は、勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたが、それを断ったせいで解雇されたという看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の相談を
受ける…という展開だった。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000072-spnannex-ent



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539650167

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ