F1

【F1】フェラーリ、F1撤退を警告 エンジン新規定に反発

1 名前:みつを ★>:2017/11/04(土) 22:11:17.84 ID:CAP_USER9.net

https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35109855.html

2017.11.04 Sat posted at 15:49 JST

(CNN) 自動車レース、フォーミュラワン(F1)に参戦するイタリアの強豪チーム、フェラーリは4日までに、マシンのエンジン製造をより安価にし、爆音を高めるなどのエンジン規定が導入されるのならF1からの撤退を検討するとの声明を発表した。

フェラーリのセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)が業務関連の電話会議で述べた。コスト削減案は歓迎するが、全ての車を似たものにするエンジンの規格化には同意しないと語った。

また、「市場におけるフェラーリのブランド維持と独自の立場に寄与する条件をF1が提示出来なかったら、戦わない」と述べた。


モータースポーツを統括する国際自動車連盟(FIA)とF1の興行権を握る企業「リバティー・メディア」は先月31日、エンジン性能規定の変更をF1参入の10チームに提案。

現行の1.6リッターV6ターボ・ハイブリッドエンジンは維持しながらも観客らの興奮をより誘うため爆音を高めることを提唱。さらに、資金力が豊富なチームとより小規模なチームの間の格差を埋めるための安価なエンジン製造などを盛り込んでいた。

2021年シーズンからの導入を想定しているがメルセデスやルノーが難色を示し、フェラーリも今回、反対に回ったことになる。

フェラーリは1950年のF1創始からの参戦を続けている。マシンの製造者部門で16回、ドライバーズ部門では15回の年間王者を獲得する名門チームとなっている。

https://www.cnn.co.jp/storage/2017/11/04/84a5e48ded828b8355deebd8f2345308/t/320/180/d/vettel-hamilton-us-gp-f1-story-top.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509801077

【F1】伝説の“マクラーレン・ホンダ”、ついに新車を正式発表!(画像あり)

1 名前:まさと ◆RHASHorGAg ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/>:2015/01/30(金) 01:19:19.61 ID:???*.net

【F1新車】マクラーレン・ホンダMP4-30、正式発表!

オートスポーツweb 1月29日(木)21時13分配信

F1に参戦するイギリスのマクラーレンは29日、2015年のF1世界選手権に投入する新型マシン『マクラーレン・ホンダMP4-30』を正式に発表した。

アイルトン・セナらを擁し、1980年代後半から90年代前半にかけF1界を席巻した伝説の最強チーム、“マクラーレン・ホンダ”。
その最速の遺伝子を受け継ぐ新生マクラーレン・ホンダの2015年型マシン『MP4-30』がついにそのベールを脱いだ。

今年から日本の自動車メーカーであるホンダとワークス契約を結んだ名門マクラーレンは、
これまで数々の最強エンジンを生み出してきたホンダ開発の新しいパワーユニットを搭載。
早期の常勝復活を誓うチームは、現役最高のドライバーと称されるフェルナンド・アロンソをフェラーリから復帰させ、
第3期のホンダF1で勝利を挙げたジェンソン・バトンとのチャンピオンコンビを実現、勝利への条件をすべて整えた。

この日、公開されたニューマシンは、技術責任者が「理にかなった」デザインと語っていたとおり、
ロータス同様に昨年の醜い突起を排したスタンダードなノーズを採用。
モノコック前端から真っ直ぐに垂れ下がるスラントノーズとなった。

また、注目のカラーリングは、長年チームのアイデンティティとなっていたシルバーを継承し、赤のラインを走らせた2012年までのカラーリングがベースとなっている。
一方、昨年から不在の状態が続いているメインスポンサーは今回のマシンでも見られないが、
サイドポンツーン周辺が黒塗りで覆われているなど、今後何らかのカラーリングが施されるようにも見える。

チームは、昨年末の合同テストでホンダのパワーユニットを搭載した先行開発車両を初めて走らせたものの、
電気系をはじめとする数々のトラブルでわずか5周しか走ることができず、タイムを計測することはできなかった。

また、今年に入ってからは、シーズン中のパワーユニットの改良が認められることになったが、新規参入のホンダにはそれが適用されない事態にも陥った。
彼らは、FIAとの交渉でなんとか他の3メーカーの“平均値”内で開発を許されることになったが、昨年ライバルを圧倒したメルセデスや、
すでに1年の経験があるフェラーリやルノーといった既存メーカーと比べれば、信頼性の面で絶対的な経験値が足りないのも事実だ。

しかし、過去2年、勝利から遠ざかっているマクラーレンも、レッドブルの4年連続王座を支えた空力スペシャリストを獲得するなど技術部門を強化、
ホンダF1の総責任者を務める新井康久氏も今月はじめに「全部対策はできた」とのコメントを発表している。

1992年以来となる“マクラーレン・ホンダ”の復活。その戦いには日本のみならず、世界中のファンが熱い視線を注いでいる。
まずは、2月1日から始まる合同テストの走りに注目が集まる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000007-rcg-moto
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150129-00000007-rcg-000-10-view.jpg

http://amd.c.yimg.jp/amd/20150129-00000008-rcg-000-4-view.jpg

http://amd.c.yimg.jp/amd/20150129-00000011-fliv-000-2-view.jpg


>>2以降に続く


2 名前:まさと ◆RHASHorGAg ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/>:2015/01/30(金) 01:19:30.56 ID:???*.net

(つづき)

■エンジンのダウンサイジング化に新たな挑戦を見いだしたホンダ
今年からF1に復帰するホンダは、これまでの単なるエンジンメーカーではなく、新たにパワーユニットサプライヤーという新しいかたちのチャレンジを決めた。
その背景には、環境技術を指向したエンジンのダウンサイジング化がある。
2013年5月にF1参戦を表明したホンダの伊東孝紳代表取締役社長は、今回の参戦の意義を次のように語っている。

「ホンダは、創業期よりレース活動を通じて、技術を研鑽し、人材を育んできました。自動車メーカーとして環境領域をはじめ一層の技術進化が求められる中、
F1という四輪レースの頂点にも環境技術が大幅に導入されることを踏まえ、自らの技術を世界で試し磨くために、この度、参戦を決断しました。
コーポレートスローガンである『The Power of Dreams』を原動力に、世界中のファンの皆様のご期待にかなうよう努めてまいります」

F1は、2014年からそれまでの自然吸気2.4リッターV8エンジンに代えて1.6リッターV6ターボエンジンを採用、
それに2種類のエネルギー回生システムを加えたパワーユニットを導入するなど、エンジンのダウンサイジング化をはじめとした環境技術を導入している。
ホンダは、こうした技術への挑戦が、内燃機関のさらなる効率化やハイブリッドシステムといった先進のエネルギーマネジメント技術を常に追求、
将来技術の開発や技術者の育成などに大きな意義があると捉え、参戦を決意した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000007-rcg-moto
(おわり)



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422548359

【F1】日本GP事故のビアンキ危篤状態 急性硬膜下血腫と父親明かす

1 名前:Egg ★@\(^o^)/>:2014/10/07(火) 09:14:03.62 ID:???0.net

5日のF1日本GP決勝(三重・鈴鹿サーキット)でクラッシュして意識不明の重体となったジュール・ビアンキ(25)=フランス、マルシャ=について、
父親のフィリップ氏が6日、フランスメディアに対し「脳に血腫が認められた」と急性硬膜下血腫で危篤状態であることを明かした。

 ビアンキは、コース外で他車の撤去作業をしていたクレーン車に激突。マシン左後方がクレーン車と地面に挟まれて大破し、頭部に深刻な外傷を負った。

三重・四日市市の県立総合医療センターに搬送され、5日深夜に約4時間の緊急手術を受けた。マルシャは6日に声明を発表し「容体に関する情報提供は、家族の希望を最優先したいので理解して欲しい」と説明した。

フランス・ニースのビアンキの両親は、この日夜にも日本に到着する予定だという。

 ◆可夢偉「祈る」 〇…ビアンキが入院する病院には5日深夜、フェルナンド・アロンソ(スペイン、フェラーリ)、フェリペ・マッサ(ブラジル、ウィリアムズ)ら多くのドライバーが駆けつけた。

アロンソは自身のツイッターのアイコン画像をビアンキとのツーショット写真に変更し、「眠れない…」とツイート。小林可夢偉(ケータハム)も自身の公式動画で「身近なライバルだけにショックを受けている。今は祈るしかない」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00000264-sph-spo



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1412640843

【F1】最高責任者エクレストン「韓国へは戻りたいと思わない」「彼らは自分達が望んでいた全てのものを建設することを忘れていた」

1 名前:れいおφ ★@\(^o^)/>:2014/05/12(月) 19:22:06.69 ID:???0.net

F1最高責任者のバーニー・エクレストンが、新たにF1開催契約を締結したと報道されている
アゼルバイジャンについて、昨年限りでF1カレンダーから姿を消した韓国GPに代わって
今後開催が続けられていくものだと認めた。

旧ソビエト連邦に属していた石油産出国のアゼルバイジャン共和国だが、その首都バクーの
市街地コースにおいて2015年からF1が開催されることが今月下旬に正式に発表されることに
なると考えられている。

エクレストンは今週、アゼルバイジャンでのF1グランプリは、昨年まで韓国の霊岩(ヨンアム)で
開催されていたものの、不人気による財政難で開催継続ができなくなった韓国GPに置き換えら
れるものだと示唆した。

エクレストンは、F1ビジネス記者として知られるクリスチャン・シルトを通じて
『Independent(インデペンデント)』に対し、「あそこ(韓国)へは戻りたいと思わない」と語り、次のように続けた。

「バクーとは契約を済ませている。そのレースは2015年にスタートし、韓国に置き換えられるものだ」

「彼ら(韓国)は、サーキット建設に関してはいい仕事をした。
だが彼らは、自分たちが望んでいたものすべてのものを建設することを忘れていたんだ」

エクレストンはそう語り、湾岸地域に建設されたサーキット周辺の施設が不足していたと指摘した。

シルトは、アゼルバイジャンの契約はフラビオ・ブリアトーレが仲介したものだとしている。
元ベネトンやルノーでチーム代表を務めていたブリアトーレはエクレストンの親しい友人でもある。

ある関係者は、これに関して次のようにコメントしている。
「ブリアトーレがあの国の大統領にそのアイデア(F1開催)を植え付けたんだ。それでこの話が進んだのさ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000006-fliv-moto



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1399890126

【F1】F1カーに火花復活?“華やかなF1”狙いさまざまな提案

1 名前:北村ゆきひろ ★@\(^o^)/>:2014/04/25(金) 13:32:03.39 ID:???0.net

F1チームが、マシンをビジュアル的により華やかに見せるための変更を行うことを目指し
かつてのF1マシンのように火花が出るようにするなど、さまざまな案を検討している。

F1ストラテジーグループに所属するビッグチームは、昔のF1マシンが見せたような
ドラマチックなビジュアルを取り戻す必要があると考え、今後数週間にわたってそのための手段を検討することを決めた。

ビッグチームはF1改善のためのさまざまなプランを準備しており
そのほとんどがコスト削減を狙うものだが、それと同時にF1の見た目の華やかさを向上させるための提案も行っている。
例えば、現在のブレーキダクトは空力面でのメリットを得るため複雑なデザインになっているがこれを廃止し
ブレーキディスクが光るようにして見た目のインパクトを狙うという提案がなされている。

また、アクティブサスペンションを復活させるという議論の中で、それに伴い1990年代初期までのように
マシンが火花を散らすようにすることが可能かどうかについても検討されている。

走行中の火花はチタン板が路面と接触して起こっていたが
1994年にアンダーフロアのプランクが導入されたことで、発生しなくなった。

他にもF1を改善するためのさまざまな提案があり、セーフティカー後にスタンディングスタートを行う案
決勝のレース距離を短くする案などがあると考えられている。

多数の提案が今後数週間にストラテジーグループにおいて検討され、合意に達した案については
F1コミッション、その後FIA世界モータースポーツ評議会の承認を得た上で実現することになる。
http://as-web.jp/photo/pnews/201404/54956/01.jpg

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=56240
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=56240#page2



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1398400323

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ