NHK

【NHK】三浦按針(ウィリアム・アダムス)の大河ドラマ化を、小泉進次郎議員や横須賀市長らがNHKに署名提出

1 名前:れいおφ ★>:2018/10/27(土) 00:21:57.63 ID:CAP_USER9.net

三浦按針の大河ドラマ化を要請する神奈川県横須賀市の上地克明市長(右から2人目)、
小泉進次郎衆院議員(同3人目)ら=26日午後、東京・渋谷のNHK放送センター
徳川家康の外交顧問だった英国人ウィリアム・アダムス(日本名・三浦按針)にゆかりがある神奈川県横須賀市の
上地克明市長ら4市の市長が26日、東京・渋谷のNHK放送センターを訪れ、按針の大河ドラマ化を求める2万7878人分の署名を提出した。

4市は、家康が領地を与えた横須賀市のほか、按針を乗せた船が到着した大分県臼杵市、
洋式帆船を建造した静岡県伊東市、海外交易に尽力した長崎県平戸市。横須賀市が地元の小泉進次郎衆院議員も駆け付けた。

署名活動は大河ドラマ化で地域振興を目指すため4市が共同で4月に開始した。2020年までに20万2千人分の署名集めを目指している。

https://this.kiji.is/428471067214808161?c=39546741839462401

三浦按針の大河ドラマ化を要請する神奈川県横須賀市の上地克明市長(右から2人目)、
小泉進次郎衆院議員(同3人目)ら=26日午後、東京・渋谷のNHK放送センター
https://nordot-res.cloudinary.com/t_size_l/ch/images/428473994950444129/origin_1.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540567317

【NHK】安藤サクラの朝ドラ『まんぷく』 ドリカムの主題歌に違和感

1 名前:豆次郎 ★>:2018/10/07(日) 15:05:25.01 ID:CAP_USER9.net

2018.10.06 16:00

 新たな物語の幕が開いた。キャスティングは粒揃い、しかし……。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 いよいよ始まりました。安藤サクラがヒロイン今井福子を演じる新たなNHK朝ドラ『まんぷく』。今回は実在の人物がモデル。インスタントラーメンを生んだ安藤百福と妻・仁子の半生を下敷きにした物語です。

 前作の『半分、青い』は、主人公・鈴愛を演じた永野芽郁さんの18歳(撮影時)とは思えない演技力が印象的でしたが、オリジナル脚本のせいもあったのか、まるで登場人物の一人ように脚本家が前面に出張ってきて「神回予告」をしたりSNSを炎上させたり。ずいぶんと目障りに感じていた人も多かったのではないでしょうか。

 その意味で『まんぷく』がスタートした10月1日の朝は、すっきりとしたリセット感に包まれました。爽やかな朝の時間がとりあえず戻ってきてほっと一息。

 さて、全体を見回してみて、まずキャスティングの見事さに一票を入れたいと思います。主人公・福子を演じる安藤サクラの演技の巧さは折り紙付きですが、福子の夫になる立花萬平に長谷川博己と、こちらも実に的確なキャスティング。

 福子ののびのびとした少女らしさ、天然ぶり、ストレートな明るさに対峙するように、萬平の理系のきっちり感、緻密さとフェミニンな柔らかさ、抑えの効いた静かな人物造形がいい味を出しています。

 そして今井家の配役──長女・咲に内田有紀、次女・香田克子に松下奈緒、母・鈴に松坂慶子とバランス感がある。男性陣もいい。克子の夫に要潤、咲の婚約者に大谷亮平と、ドラマの世界を壊すような、悪目立ちしたり下手くそな役者がいないから安心して見ていられます。

 ナレーションには芦田愛菜を抜擢。「毎朝8時」という時間帯、いったいどう語ればいいのかをよく考えた上での発声。さすが芦田さん、プロフェッショナルぶりが光っています。

 まだ始まったばかりですが、一部には「安藤サクラの演技が過剰すぎ」「ドタバタが似合わない」という声も聞かれます。おそらく少女から大人へ、妻へという変化を「際立たせる」ための戦略として、安藤さんは意図して滑り出しをドタバタ演技にしているのでは、と私は想像していますが。

 時の経緯の中で福子がいったいどんな女性になっていくのか──変化に注目したいと思います。

 筋立てとしては、どん底から立ち上がり失敗したり試行錯誤、最後は成功を掴んでいく「インスタントラーメン」開発物語が時代の変化と共に描き出されていくはず。ある意味わかりやすい。王道。いや、わかりやすすぎる、と言えるのかもしれません。それだけに、制作陣・演出陣がいかに大阪らしい商売という味付けをし、どんな具材を投入して新鮮な展開として見せていくのか。料理の腕の見せ所でしょう。

 ということで、まずは順調に走り出したように見える『まんぷく』。ただし一つ、違和感を感じた点があります。それが、DREAMS COME TRUE の『あなたとトゥラッタッタ♪』という主題歌。トゥラッタッタと「行進」していく元気の良い曲なのですが、なぜか歌詞がほとんど聞き取れません。意味を伝える必要はない、と判断したのでしょうか?

 しかも、「行進」「マーチ」という力強いメロディラインやリズムと、夫を支える主人公・福子というマッチングも今一つ。例えば『あさがきた』のように、主人公の女性が困難な時代の中で実業を女手で切り拓いていく物語なら力強いマーチがぴったりですが、今回は百福を支える妻が主人公ということで、ミスマッチ感も。

 主題歌を背景に流れるタイトルバックの映像はどうでしょうか? たとえば前作の『半分、青い』のタイトルバックは映像に手書きの絵や線が加わっていくユニークな表現でした。

 目に映る一つの風景もどう捉えるか、ちょっと手を加えることによってまったく違った形や色どりになる、という意味深のコンセプトを、説明的でなく一瞬に映像で表現し「なるほど」と唸らされました。星野源の曲ともよく溶け合っていました。

 通常ならばアートディレクターやクリエイターが担当することが多いタイトルバック。しかし今回はドリカムの主題歌を背後に流しつつ、実は安藤さん自身が即興的に身体を動かして表現した映像そのままなのだとか。


続きはこちらで↓
https://www.news-postseven.com/archives/20181006_775846.html
https://img2.news-postseven.com/picture/2018/09/manpuku.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538892325

【NHK】 バナナマンの爆笑ドラゴン、9月24日放送予定の番組は、別番組に変更になりました

1 名前:影のたけし軍団ρ ★>:2018/09/21(金) 13:38:09.97 ID:CAP_USER9.net

9月24日放送予定の番組は、別番組に変更になりました。
放送日時は改めてお知らせします。

再放送予定はありません。
http://www4.nhk.or.jp/P3547/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537504689

【NHK】人気番組「チコちゃんに叱られる!」絶好調に水を差す“中の芸人”キム兄の「鉄拳パワハラ癖」

1 名前:muffin ★>:2018/08/03(金) 23:08:43.13 ID:CAP_USER9.net

https://www.asagei.com/excerpt/109714
2018年8月3日 17:58

 パイロット版の放送を経て、今春からレギュラー化されているNHKの教養バラエティ「チコちゃんに叱られる!」が人気を集めている。

 5歳の女の子という設定の「チコちゃん」が素朴な疑問を投げかけ、岡村隆史ら大人が回答する同番組。

 最近では視聴率13%台を連発し、8月に拡大スペシャルの放送も決定。一躍、人気番組となった。

 そんな同番組で「チコちゃん」の声を担当しているのが“キム兄”こと芸人の木村祐一。セリフのほとんどが木村のアドリブだといい、ボイスチェンジャーで「チコちゃん」っぽく声も変えている。もちろん顔は出さないが、番組に欠かせない存在となっている。もっか絶好調の同番組だが、心配な話が業界内から漏れてきた。

「このところ、ヘタをすると番組の存続に関わる『キム兄の問題』が吉本の内部で取り沙汰されているんです」と証言するのはお笑い関係者だ。

 いったい「チコちゃん」存続を脅かす木村の問題とは何なのか?

「後輩芸人に対するパワハラです。みずから『ものすごく短気』と明かしているように木村の“手が出る癖”は有名で、以前から数えきれないほどの後輩芸人が殴られているのですが、今まではみんな“愛のムチ”として受け止めてきた。それが最近風向きが変わってきたんですよ」(前出・お笑い関係者)

 その理由として、「キム兄のパワハラを見かねた吉本の人間が『いくら親しい相手でも暴力は厳禁だ』とキム兄本人に忠告することがあった。芸人の間でも『問題にならないように静止したほうがいいんじゃないか』との声が上がっているんです」と同関係者。さらにこうも続ける。

「にもかかわらずつい最近もイライラして後輩芸人をグーで殴るなど彼のパワハラ癖は変わっていない。『チコちゃん』が好調なだけに吉本内部の悩みのタネとなっていますよ」

「チコちゃん」の“中の芸人”に対する「パワハラ癖」告発。NHKはどう受け止めるか。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533305323

【NHK】NHKのテレビ番組とインターネットの常時同時配信は妥当 受信料体系も見直し 総務省有識者検討会が報告書案 放送法改正へ

1 名前:サイカイへのショートカット ★>:2018/07/13(金) 18:04:03.68 ID:CAP_USER9.net

NHKネット常時同時配信は妥当
総務省有識者が報告書案
2018/7/13 17:45
©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/390415602181096545

NHK放送センター=東京都渋谷区
https://nordot-res.cloudinary.com/t_size_l/ch/images/390424011122885729/origin_1.jpg


総務省の有識者検討会は13日、NHKがテレビ番組を放送と同時にインターネットで常時配信することに「妥当性がある」とした報告書案をまとめた。
受信料体系の見直しのほか、コンプライアンス(法令順守)強化に向けた経営改革を同時配信の条件とした。

スマートフォンの普及などを受け、番組を視聴する環境を整える。NHKでは受信料着服などの不祥事が相次いでおり、視聴者の信頼を得ることが課題となる。

総務省は8月に報告書案を正式決定し、2019年の通常国会を視野に放送法改正案の提出を目指す。

◆関連スレッド
【NHK】総務省、NHKのテレビ番組とインターネットの同時配信を19年度から容認へ スマートフォンの普及に対応 ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531357542/



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531472643

インフォメーション
このブログについて

相互リンク・RSS募集中です。
気軽にメールして下さい♪
メールフォームへ

はてブ数: はてなブックマーク数

Rss Feed
広告
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
逆アクセスランキング
おすすめリンク
自由空間


アクセスランキング ブログパーツ

  • ライブドアブログ